記事検索
タグ絞り込み検索
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

2011年12月11日14:53殺菌から活菌に農業を転換しよう
Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 病気 農薬 | ナルナルで栽培
今月は多くの方との出会いがありました。
寺田本家の寺田啓佐社長を初め、発酵や微生物に関係に関わる方と多く知り合いました。
先日も国産杉を使って家を建てている三旺コーポレーションの小松社長とお話ししました。小松社長は微生物にとって居心地がいい環境が人間にとって住みやすい環境であるという考えで建築を行います。

土耕菌ナルナルを通じで微生物の世界が農業以外にもどんどん広がっていってます。
最高の微生物集団であるナルナルと出会い、微生物の事はナルナルを通じて勉強させて頂きました。

ナルナルのお客様には自然農法の方から、慣行農法の方まで色々な方がいます。
どんな方にもお使いいただけますが、ナルナルにも弱点があります。
 それは殺菌剤です。土壌に残留した殺菌剤によってナルナルの菌達が死んでしまうのです。
畑に農薬が残留しているかいないかは、ナルナルを散布して観察するとすぐに解ります。普通の畑ですと3ヶ月くらいでナルナルは分解消滅して土に潜ります。しかし、殺菌剤の残留した畑では、いつまでたってもナルナルが分解せず、そのまま残るのです。一年経っても分解しません。菌が死滅しているのです。

現在の農業は、病原菌とそれに対抗する農薬のイタチごっこが続いています。
いつまでもこんなことをしていたら、いずれ農地に作物は実らなくなります。
 現在の農薬は安全だといいますが、子供は正直です。メロンが嫌な味がするといって食べない子供がいるのです。確かに、メロンは高級ですが、その味は変な化学化合物のような石油っぽい匂いがするのです。

これは農薬ばかりではなく、化成肥料の問題もあります。微生物を絶やして化成肥料で育てた野菜や果物はまずくなります。何を食べても美味しいという健康な人にはわからないかもしれませんが、アトピー等で敏感な舌や肌を持つ方には、僅かな化成肥料や農薬の味がわかるのです。そして、体が拒否します。口に入れたとたん吐き出したくなるような野菜や果物が普通に売られているのです。

今の消費者も生産者も目覚めなければいけません。
このままでは、農地は壊滅し、日本人の健康が蝕まれて行きます。

先の例にあげたメロンを栽培する時にナルナルを使用すると、大変すっきりしたメロン本来の味を引き出すことができます。化成肥料の方でも、ナルナル菌が一旦咀嚼して植物に与える様になります。

通常の微生物資材では、こんな芸当はできません。貧栄養状態の土の中でタフに生き残るよう鍛えられたナルナル菌群だからこそ土の中で増えて植物と共生し、植物を元気にするのです。

ですから、ナルナル菌はよほどひどい畑で無い限り1回の投与で済むのです。

どんな農法をしていても構いませんが、殺菌から活菌に農業を転換して下さい。
少なくとも、土壌の殺菌だけはしないようにお願いします。
微生物が土の中で多種多様に増えれば、自然と病気は収まり、農薬を散布する必要がなくなります。
それが本来の日本の畑の姿です。

ナルナルは、土の中の栄養分や空気中の窒素を咀嚼して植物に与えますので、微生物が増えてくればいずれ肥料も少なくて済みます。全く必要なくなるかもしれません。

日本中の人が健康になって欲しいと思います。そのためには皆様一人一人の意識の変革が必要なのです。
生きてる野菜や果物を食べたいと思いませんか。
食べるだけで元気に、健康になれる野菜や果物を食べたいと思いませんか。
活力がみなぎるような野菜や果物を作る事ができるのです。
おいしい野菜や果物は微生物が作ってくれるのです。微生物の多様性が作物に単純で奥深い地味を与えてくれます。作物は肥料で育てるのではなく、微生物でこそ育つものなのです。
色々な微生物が多種多様な味を創作してくれているのです。
だから、人間の体が素直に反応するのです。
命が命をいただくのですから。

心ある生産者の皆さんには、これまで以上にサポートしてゆきます。
ナルナルで日本を建て直しましょう。
消費者の皆様も応援して下さい。

土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/
土壌菌についての解説しています。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加       Clip to Evernote  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字