記事検索
タグ絞り込み検索
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

農業思想

2016年12月26日19:07フーガで語る微生物5
PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


にブログ書き直し


 この地球では、聖書のように大地が整ってから人間が誕生した訳ではないようです。  

腐海、風の谷のナウシカに登場する有名な言葉です。


 さて、私は様々な畑を見学させていただいて

プロから始めたばかりの家庭菜園初心者まで、
多数の方とお会いしてきました。

その栽培方法も、
農協や県の指導員の教えを教科書通り忠実に守る優等生の様な栽培や、

自ら本屋さんで園芸の本を沢山買って知識を詰め込む人。

知り合いから聞いて適当に始める人。

など、色々ですね。

そして、
指定された資材(肥料や農薬)以外に独自に手に入れた資材や堆肥を作る人や、

減農薬を目指す人。

化成肥料を使わず有機栽培を目指している人、
農薬や除草剤を一切使わない人。
そして、堆肥も含めた肥料を使わない人。

千差万別、100人いたら100通りの栽培方法があります。

まあ、とにかく、その畑の栽培の仕方には、
その人の人となり、性格が強く反映していることがわかりました。

家庭菜園をされている方は、出来るだけ農薬を使いたくない云う方が多いですね。

何か問題があっても、気がつかないし、気がついても
どうしたらよいか知りません。

ベテランの家庭菜園栽培者は、こんな虫が出たら
○□☆という農薬を使えばいいという知識を身に着けます。

でも、知識の無い人は、何を使ったら良いかを知らないので、結果、畑は無政府状態になります。

プロは生活の為に野菜を作りますが、家庭菜園の場合、収量は問題外です。

 本来の目的は美味しい野菜を作る事なのですけれど、
自分のやり方が、優先します。

失敗してもいいのです。
自分のやり方で畠を自由に使う事が喜びなのです〜。

見よう見まねで、他人から見たら失敗でも、
茄子の1個、キュウリの1本が採れただけで、
大成功なのです。

そんな野菜は、おそらく極上の味がすることでしょう。

腐海のお話から、脱線してしまいました。

これもフーガかなぁ?



土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。

2016年10月30日08:53政治の中の農業、とっても広い意味で。
PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



書の幅はとても広いかも。

農業関係の本は、新刊が毎日のように出てきます。
そんな世の中で、長く読まれてきた本は古典となります。

タイトルに農場とあったので、手に取ったのがこの本でした。

面白かった。

内容は、下記のコピーにあるので書かないけれど、
農業の古典、かもしれない。
人間の業が描かれているようでした。

農業って、人間の業なんだよ。

ーーーーー以下、コピペ
動物農場 
どうぶつのうじょう
ジョージ・オーウェルによる小説

『動物農場』は、1945年8月17日に刊行されたジョージ・オーウェルの小説。動物たちが飲んだくれの農場主を追い出して理想的な共和国を築こうとするが、指導者の豚が独裁者と化し、恐怖政治へ変貌していく過程を描く。 ウィキペディア

初版発行: 1945年8月17日
著者: ジョージ・オーウェル
受賞歴: プロメテウス賞殿堂賞
ジョージ・オーウェル

映画『動物農場』公式サイト
www.ghibli-museum.jp › animal

伝説のH&Bが半世紀前に描いた、永遠不変の権力の寓話。ジョージ・オーウェル原作『動物農場 』、ついに日本解禁。公式サイトでは作品解説から、最新情報までお届けします。

動物農場 - Wikipedia
動物農場』(どうぶつのうじょう、原題: Animal Farm)は、1945年8月17日に刊行されたジョージ・オーウェルの小説。動物たちが飲んだくれの農場主を追い出して理想的な ...

‎あらすじ ・ ‎登場人物 ・ ‎日本語訳 ・ ‎アニメ

動物農場 (角川文庫) | ジョージ・オーウェル, George Orwell, 高畠 文夫 |本 | 通販 ...
動物農場 ジョージ・オーウェル. 第一章. マナー農場のジョーンズ氏は夜になると鶏小屋に鍵をかけたが少しばかり飲みすぎていたので家畜用の出入り口を閉じるのは忘れて ...

動物農場 第三章 - Open Shelf
open-shelf.appspot.com › chapter3

夏の間中、農場の仕事は時計のように正確におこなわれた。動物たちは考えられないほど幸福で食事の一口一口が大きな喜びを与えてくれた。それは自分たちの、自分たち ...

動画

1:49
映画「動物農場」予告編

動物農場(1/3)【アニメ】 by にゃんまげ 政治/動画
ニコニコ動画 - 2009/09/11
動物農場(3/3)【アニメ】 by にゃんまげ 政治/動画
動物農場(2/3)【アニメ】 by にゃんまげ 政治/動画

ジョージ・オーウェル 20世紀のイソップ寓話 1/3
オーウェルを、開高健の名訳で『動物農場』: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる

2013/09/26 - オーウェルを、開高健の名訳で『動物農場』. 動物農場 夜更けに、大人が、暗澹として読む寓話。 人間の搾取に叛乱を起こした家畜たちが、理想の ...
blog.goo.ne.jp › slcxt1192
2014/01/05 - 動物農場─おとぎばなし』 (Animal Farm─A Fairy Story)は、 1943-44年に執筆され、45年8月17日にイギリスの出版社から初めて刊行された(英語版)。
ーーーーーーーーーコピペ終わり

映画にもなってたんですね。
必ず見たい映画の仲間入りです。

私が読んだのは岩波文庫のものです。
本文の後に附録があります。

こちらも知らない事だらけで、面白かったです。

ソ連という国は、奥深い国のようです。
オーウェルはイギリスの人ですが、
イギリスの国内では、ソ連を批判的に報道する事がタブーであることを紹介しています。

最近、江崎道朗さんがアメリカの政治の歴史の本を書かれて(実はまだ読んでいません 検索してお求めくださいませ。)、
第二次世界大戦の時のアメリカ国内に潜入したソ連の密使の暗躍がアメリカの世界戦略に与えた影響をレポートしています。

この本を読むと、イギリスでもソ連の密使の暗躍があったようです。
江崎さんには、イギリスの政治にソ連の密使の暗躍を暴露するレポートを期待してしまいます。

007よりも面白いかも?

うーむ?✌

我が国、日本でも、当然のようにソ連の密使の暗躍があったはずです。

誰か暴露してくださいませ✨

ソ連の研究もして見たくなります。
人間の行った事です。
微生物が作った人間という生き物の行動をレポートするのも微生物探求家として興味は尽きません。

農業は世界中のそれぞれの国にとって基幹産業ですから政治とは切っても切り離せない❗
これはやむを得ない事実❗

なぜ、私が政治の話をしなきゃいけないんだろう⁉
純粋に農業や微生物の事だけに専念できる世の中になって欲しいです。

やや支離滅裂な今日のブログ。ソ連の事を過去の事の様に書きましたけど、いまだに信奉している人がいるようです。これも人間。土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。

2016年06月18日09:46農業は自由だ
PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



農業は自由だ
 100人いれば100種類の農法があると書いた。
 自分の思うように畑を耕し、土づくりをして、種を選び、植えつける。後は、自然任せにするのか、程よく管理するのか、何をするのも自由である。
 当然、失敗もしよう。カラスに播いたばかりの豆をほじられて食べられてしまう事もある。
 種をまいたとたんに日照りにおそわれたり、
 長雨にたたられたり、
発芽してくれない事だって自然のうちだとあきらめる。

 収穫間際のトウモロコシをハクビシンが食べつくす。
田んぼでイノシシが遊びまわる。
 自然は、台風やヒョウ、大風や大雪、洪水、思いがけない災害がやってくる事もある。
 
だから、野菜が大きく実った時、嬉しさに溢れる。
こんな自分にも野菜が育った。
という、喜びに満ちる。

心境の変化があった 土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝