記事検索
タグ絞り込み検索
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メロン

2017年10月26日20:50農業クラブ岡山大会開催されました。
PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
晴天に
恵まれた
岡山の大会でした。

 祝 ! 千葉県立大網高校、日本学校農業クラブ全国大会 出場決定 !!!
となり、岡山まで応援に来てます。
 昨日行われたプロジェクト発表会の成績発表は本日開催されました。

■日本学校農業クラブ全国大会【岡山大会】 http://www.ffj68.org/

20171025_152314

20171025_165306


大変レベルの高い大会で、さすが農業高校の甲子園大会と言われるだけのことはあります😁✌️

20171026_093606


プロジェクト発表会の各類の最優秀賞は、次の高校でした。
20171026_112428

〜☆〜☆〜☆〜

☆砧 生産・流通・経営

リン酸 減肥の可能性を探る研究

北海道
南北海道岩見沢農業高等学校


☆粁 開発・保全・創造

 継続は力なり 廃棄果皮ゼロ宣言!
丸ごと生かそう「金沢ゆず」

北信越
石川県  翠星高等学校

☆稽 ヒューマンサービス

 Dear Deer
~鹿が結んだ地域の輪~

北信越
長野県上伊那農業高等学校


日本の将来の農業を担うであろう高校生たちの活躍に目を見張るばかりでした。
今回の体験を日本の、ひいては世界のために生かしてほしいと願わざるを負えません。


〜〜〜(´- ̯-`)

大網高校、惜しくも最優秀賞は逃しましたが、大変良い発表内容でありました、お疲れ様でした。

(๑ت๑)♡〜〜〜

準備をされた岡山県の農協関係者の皆様も、お疲れ様でございました。

小泉進次郎氏も来賓としてあいさつ意外と農業高校の実情に詳しくてびっくりしました。
20171026_102314


大会の後、足守メロン農家さんなどを訪問。
明日はぶどう農家の訪問、それから愛媛に渡り、ミカン農家さんなどを訪ねます。
千葉に帰るのは来月になっちゃいます(・ω<)

◇土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

◇モンパの被害が多発しています。
ナルナルで被害を最小限に食い止めましょう。
モンパ対策のページ
http://www.narunaru.info/monpa-1.html

◆ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

◆FB土耕菌ナルナル【公式】
やや難しいことがリンクされてます。
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

◆ナルナル畑・農業交流会
https://www.facebook.com/groups/335378240237666/
全国多くのナルナルご利用者ファンのみなさま方をを繋ぐホームページができました。
 消費者と生産者が直接コンタクトを取る交流のページです。基本ルールはナルナルを使って栽培された果樹や野菜であることです。
 全国のナルナルご利用者の皆様、どうぞ宣伝、農産物の拡販ににお使いください。

◆ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

◆現代農業2016年10月号にナルナルボカシや樹木への効果等の記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。
☆植物全般、松枯れモンパなどの樹木、野菜の病気やウイルス対策、お花の無農薬栽培など、あらゆる場面で活躍しています。果菜の糖度アップ、収量増にもどうぞ。

2017年06月02日20:00なぜかデカクなるナルナル
PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ナルナル

使うと

野菜でも、果物でもデカクなる
傾向があります。

土壌の中の、病気を呼ぶメタボ成分を

植物が有効利用できるように

微生物たちが、トランスフォーメーションしてくれるからだけど、

でも、1番の理由はストレスからの解消:解放ではないかと思います。

素直に養分を吸って、すくすくと育つんですね。

 春先に東北地方からご注文いただくと、タケノコを同送することがあります。千葉では捨てるほどあっても東北では貴重な春の味覚。

宅急便の料金内で送るので、1石2丁なのです。

そして、最近同送しているのが、酒巻農園の玉ねぎ❗

まだまだ大きくなるらしくて、間もなく1キロ超えそう‼FB_IMG_1496317545078


878グラム?❗

糖度も14度?‼

もはやフルーツです。

フルーツといえば、メロンをご紹介したばかりですが、

ブルーベリーの出来が気になって山武市の西川さんを訪問。

イロイロな種類のワセのブルーベリーをお味見。
来週から開園とのこと。

広い園内は清々しいです。
写真はありません。

20170602_093822


会社のバラも終盤20170602_093855

20170602_093921

20170602_093751


西川さんにいただいた、スイカ🍉
玉ねぎの酢漬、
母が自家栽培したキュウリ、
スズヤスさんのお米🍚、

などをいただいた、昨夜の夕餉(ゆうげ)でした。
20170601_181126


ご紹介した野菜果物のお求めは、

リンク先名簿をご覧下さい。
http://www.narunaru.info/narunaru-chiba29-05.pdf



ご馳走様でした。


間もなく、今日の夕餉が始まります。


 土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業2016、10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。


2017年05月30日11:40メロン順調に育っていました。
PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
毎年、ご好評を頂いているメロンてすが、
順調に生育しています。
大変、大きな 3L、4Lクラスのメロンです。

20170529_121822


20170529_121826


葉も大きくて、病気も少ないそうです。
葉の色もいいですね。

石油臭くないスッキリとした自然本来の味が楽しめます。

購入ご希望の方はメッセージをください。
連絡先をご案内いたします。

組合の縛りとかがあって直接掲載しない事にしましたのでご了承ください。

全国発送可能です。
第1回目の収穫は、6月25日すぎ、それから順次発送するそうです。

お楽しみにどうぞ。

一度食べたら離れられません。

土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

ナルナルを購入する。
http://narunaru.shop-pro.jp/

フェースブック土耕菌ナルナル
https://www.facebook.com/%E5%9C%9F%E8%80%95%E8%8F%8C%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB-104645306300090/

ツイッター #agurikin 石井一行
https://twitter.com/agrikin

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

現代農業昨年10月号にナルナルの記事が多数掲載されています。是非お読み下さい。

2016年07月12日23:52ナルナル栽培のメロン、最優秀賞受賞!
PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote





詳細は新聞記事をお読み頂きたいのですが、
千葉県長生郡のメロン品評会記事です。
20160712_193604

新聞記事はクリックすると拡大します。


さて、今回の受賞は昨年に続いて2回目の受賞になりました。
中村農園さん、おめでとうございます。

コンテストの最終審査員はデパートにたまたま来店された一般の方だそうです。
生産者の名前を伏せた覆面テストでもっとも美味しいと評価され最優秀賞に耀きました。

こういうコンテストはコンテストの開催日に合わせて果菜をベストに育て上げる技量が必要なのです、

土作りと栽培技量の2つがマッチして栄誉に輝く事になったと言えましょう。


各地で賞を総なめ♪❓ ナルナルでの栽培はとっても簡単なんです。だってフリカケみたいに畑に振り撒くだけ。究極の最高の農法は、限りなく単純だったのです。
 土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝      

2015年07月04日11:29ご予約頂いたメロン
PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


取りに行って来ました。大きくてビックリ。
image

2.15キロでした。
image



 美味しいブルーベリー園があります。当然ナルナルを全面使用です。メッセージ頂いた方のみに場所を教えています。この前案内した、女性は毎週買いに行っているそうです。山武市の山の中にあります。 土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝


2014年12月27日11:45農業高校物語という新作アニメ動画公開
PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
 

今年10月、幕張メッセで行われた農業資材展で公開したアニメをユーチューブにアップしました。
炭素循環農法を基軸に土づくりを行い、ナルナルで達成を早める方式を採用し、おおむね成功しています。学校なので様々な、研究実験も行われています。

どこの高校の事か、わかる人にはわかると思います。

農業高校物語 とある県立高校で実際に起きたお話 約7分


私もこの農場へよく見学に行っていますが、生徒さんが楽しそうでうれしいです。

 大久保イチゴ園のイチゴを知人などに食べさせて、その時の美味しいうれしい笑顔を見るのが楽しいです。みなさん、幸せそうな表情をするからです。

農業の世界の常識を信じられないほど覆している、 土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝



2014年12月23日10:52ナルナルでは試供品の提供はおこなっておりません。
PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


各位様

申し訳有りませんが、
試供品の提供は現在行っておりません。

ナルナルを使う時の条件として、薬剤による土壌殺菌は禁止です。
ナルナルも菌なので死んでしまいます。

使い方は簡単で、苗の茎の元に小匙一杯のナルナルを接菌させて水で濡らすだけです。
一作、一回です。

40リットル袋で6000株に施用出来ます。

どうぞ宜しくお願いいたします。

以上の使い方は全ての作物に共通です。

太い樹木の場合は幹周り全てに接菌させるので。使用量はもっと増えます。
20年目の梨の木の場合、1リットル位接近させれば良いです。

モンパなど、土壌改善を兼ねるときは4リットル位を幹を中心とした円内にまきます。
詳しくはホームページをご覧いただくか、直接お問い合わせ下さい。

喉に来るメロンのイガイガ感が一切無いメロンが作れてしまいます。農法は問いませんが、上記の条件が必要となります。注意事項も多々ありますが、要するに土壌微生物の繁殖を妨げる物を畑に入れないということです。

現在、ホームセンターなどで売っている安い堆肥は、完熟堆肥と袋に書いてあっても完熟していないものが多いです。このような未熟の堆肥は畑を壊す元になり、また、残留抗菌剤の混入の可能性が大きいです。

買ってきた堆肥を濡らして暖かい所に放置し、匂いを嗅いで下さい。臭かったら完熟していません。
完熟しているものは土の匂いがします。

これまでにない作物が作れる、土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

2014年09月21日12:56新しい農法が始まっている
PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 
千葉県一宮町のNさんは春から初夏にかけてはメロンを、秋はトマトを栽培する農家である。
一宮町はメロンとトマトのの栽培が盛んで地域の一大産業となっている。
7月の中旬、Nさんの家を訪問した。ナルナルで栽培したメロンの結果を聞くためである。ご主人は不在で奥さんからお話を伺うことが出来た。
実は、ナルナルを使うきっかけは奥さんにあったのである。
奥さんもご主人も50代後半の年齢。30年近くメロンを栽培してきた専業農家で、子供も後継車として家業を手伝っている。しかし、奥さんは最近、農薬アレルギーになってしまって農薬を散布したハウスの中に入るとアレルギー反応が出て、体中に痒みや湿疹が出来てしまうようになったのである。
 今の農業では、栽培の前に土壌消毒を行うのは当たり前になっている。土壌殺菌しないとも悪い菌が繁殖して植物が枯れる。土壌の中に根を食い荒らす悪い虫(センチュウなど)が繁殖すると信じられているからである。そのために作付け前に土壌殺菌剤を散布する。その薬の成分が気化して奥さんの肌に付着して、アレルギー反応を起こしてしまうのである。

 千葉県立大網高校(旧名・山武農業高校)でナルナルを使った栽培に切り替えたのはやはり訳があった。土壌殺菌剤でセンチュウを殺すのだが、どんな殺菌剤でも死なないセンチュウが大量発生して作物が何も育たない土になってしまったからである。そして土壌微生物を最大権に活用するナルナルを使った農業に変換したのである。

 Nさんは大網高校の栽培担当の教員と友人であったことから、話を聞いて高校の農場を見学して土壌菌を活かす農法に切り替えようと思い立った。奥さんのためである。昨年の秋作のトマトで試験を行い、トマトの生育の良さを実感する。
 そしてこの春、とりあえず300坪(一反分)のハウスでメロンの無殺菌栽培に入るのだけれど、不安が襲う。なにしろこの30年間、土壌殺菌してから苗を植え付けていたからである。周りの農家で土壌殺菌しない農家はいない。もし、土壌殺菌しないで苗を植えて病害虫に襲われてメロンが全滅したらどうしよう、という不安で夜も眠れなくなる。
奥さんによると、植え付けてから1ヶ月は毎日夫婦喧嘩をしていたそうである。
そう、この栽培方法の特徴として最初に地下の根張が強化されるので植物の地上部の生育がやや遅くなるのである。そのためにわり一層不安が強化されしまうのだ。
 
 しかし、幸いにも高校の先生を始め、成功を収めている三宅さん、桑山さんなどベテランの農家が近くにいてアドバイスを聞くことができる。

 困った事があるとそれらの仲間たちにすぐ電話していたさうである。当然私も、幾度と無く足を運んだが夫婦喧嘩の事は知らなかった。

 6月下旬もいよいよ収穫となった。私も事前に予約して購入。もちろん美味しいメロンが出来た。

 ところで、Nさんには嫁に行った娘さんがいて、実はメロンを食べると喉がチクチクなるのが嫌でメロンが嫌いであった。メロン農家の娘なのに父の作ったメロンを食べなかったのである。それが、ナルナルを使ったメロンを食べさせた所、「うまい!」を連発したそうである。

 おいしいメロンが収穫できたことは嬉しい事だけれど、実の娘から褒められるメロンが出来たことが何よりも嬉しい事だったに違いない。この話を聞いた時、私も目頭が熱くなった。

 さて、メロンの美味しさは近所や顧客の間で大層評判となった。形の悪いメロンは家族や親戚で毎日食べていたそうである。今年のメロンは庭先販売で1500円であったが、来年は、幾らで売るのか、うれしい胸算用が始まっている。

 センチュウの事だが、高校で栽培の後、土壌センチュウの数を調査したところ、土壌殺菌剤を撒いた時の半数しかいなったそうである。

慣行栽培こそ迷信の塊だったのである。

活菌する農業はたいへん楽ちんです。 土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝

2014年09月02日10:51本の紹介から、命の継続と共生について
PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


こんな科学の雑誌がありました。生命とはなんだろう? という福岡伸一先生の監修した特集です。


最近の生命科学の現場をよく取材されていて、生命現象の不思議さ深さを実感できる雑誌です。
どの科学者も生命と物との境界について明確な答えを持っていません。
まだまだ底知れない生命の不可思議が解明されることは数百年後かもしれないというのが、科学者の意見の様です。専門用語が出てきますが、しーベル賞受賞者のインタビューなど大変示唆に富んでいますので、ご一読していただきたいと思います。

 微生物の働く土壌環境を作るのがナルナル菌の仕事ですが、それを伝えるのが私の仕事です。
地球や植物、動物、菌類、細菌と、この世界は多様な生物で構成されています。

 多くの人は、生命とは何か、自分とは何かという問いを持っています。その中で様々な疑問や悩みも生まれてきます。これが人間の特徴であり、他の動物と異なるところです。ですので人間は特別な存在だと思われています。しかし、動物にも感情があります。燕は仲間が死んだ時、死んだ仲間の周りに集まって弔いのようにじっと動きません。犬は飼い主に可愛がられて忠誠を尽くすことを無常の喜びとし、悲しみの感情も持っています。(フォークで刺されても泣かない盲導犬という悲しいニュースも最近ありました。)
 植物にも意識があって、「綺麗だね、沢山花を咲かせてね」などと声を掛けたり思ったりして、愛情を注ぐと元気になるそうです。この植物と人間の意識の交流は学者によって研究がされています。

 さて、タイトルの命の継続と共生についてです。
 地球の一員として、物が循環するような仕組みで生活するエコなスタイルが好まれています。地球環境を守るために地球に負荷をかけない優して生活として、ロハスなとども呼ばれています。

人間生活から排泄される生ごみを大地に返す事は物質の循環の一つです。
物質の循環のお手本は日本の江戸時代の生活で、完全リサイクルな世界が出来上がっていました。

 一度手に入れた資源を手放さずトコトン使い倒すというのは実は大変、生物的な仕組みです。細胞が古くなり死ぬと細胞は廃棄処分されるのではなく、効率よく分解されて使える部品は再利用されます。ほとんどの物質がリサイクルされます。

 植物も同じです。葉っぱが部分的に枯れて落ちます。枯れる前に植物は葉っぱの中の栄養素を幹の中に吸収して貯蔵して再利用します。
 秋に葉が色づく紅葉のシーズンまでは、まだ間がありますが、葉が紅葉する時、栄養分は植物本体に吸収されるのです。
 一度手に入れた養分を無闇矢鱈と捨てたりはしません。そんなムダなことはしないのが生命の仕組みで環境を生き残る知恵でもありました。

 ここで、聞いていただきたい事があります。地球の生命達は継続と循環で成り立っています。
継続と循環を区別として考える視点を持つと地球全体の共生がよりよく見えてきます。

まず、私達、地球に存在する生命の起源はたった一つの細胞から増殖したものです。下記の画像を参照して下さい。
生物の進化系統樹

これが、最新のDNAの分析から得られた進化の系統樹です。
系統樹の一番下に最初の起源となる細胞が一個だけあります。
最初の細胞が出来たのが、約40億年前の出来事と研究されています。

 地球上で生物と云われるものの先祖が、このたった一個の細胞でこの細胞が増えて変化し様々な生物のカタチを作っていったわけですが、生物はお互いに獲得した泳ぐ機能とか、膜を作る機能とか、光のエネルギーを物質に変換する方法(光合成)とかを互いを捕食する内に吸収して、より高度な機能を持つ生物になります。

 そして、6〜5億年前ころ(年代に関しては諸説あり。)、上記リンクの系統樹の右上の方にあるような、菌類(キノコ)、植物、動物といった大型の生物がようやく登場します。

 植物と動物の進化は密接な関係を持っています。特に昆虫は地上で最も多い種です。ミツバチの減少が問題となっていますが、ミツバチが絶滅すると植物も全滅すると云われています。

 継続について、人間を参考にしてみましょう。人間の命の元も40億年前の一個の細胞ですが、人間と昆虫は全く違う生き物です。進化の系統樹ではつい最近枝分かれして、違うとは、生命の起源は一緒だけれども生殖の仕方も、エサも形態も異なります。

 人間が人間であるためには人間の種(タネ)を残して種(シュ)を残すことです。人間は誕生してからこの継続の営みによって子孫を作り繁栄した社会を築いています。
 一個の人間も心臓が途絶えることなく動き続ける事によって生をまっとうする事ができて、子孫を残し育てるという行為を継続してきました。
 先祖代々、生活のレベルは異なりますが、営々と何百、何千世代と繰り返されてきた継続です。
 私達は、今、この継続のまっただ中にいます。

 私達が継続をやめた時に人間という種(シュ)は滅びます。

 人間は植物を食べます。そして、植物を栽培する事を覚えました。この地球上で人間は植物の最大の拡大者になっていると思われます。人間の意志で、不要な植物は伐採され、人間に必要な植物に置き換えられています。誤った開墾によって環境を悪化させている例も多いのですが、今や地球最大の植物の栽培者に人間はなったのです。
 
 人間に人気のある植物の側からみたら、たとえばメロンで考えると、ほんの地球の一部でしか自生していなかったメロンが今や世界中で栽培されるようになっています。メロンという種(シュ)から見たら人間とは自分たちメロンを増やして繁栄させてくれるありがたい存在に見えるはずです。それまでは昆虫や鳥達がタネの伝搬者でしたが、今や人間がタネの最大の伝搬者です。

 人間は美味しいメロンを求めて、それによってメロンの種(シュ)はより繁栄する。
 これも生物の共生の一形態であるということです。

当然メロンに共生する土壌根菌がよりメロンを美味しくしてくれているのですが、今回は触れないことにします。

が、メロンも土壌菌との共生なくして、生存は出来ない存在である事を知って下さい。

思い切って、土壌菌を増やす栽培を決意してみませんか。土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝
 



2013年06月22日19:37布施農園のメロンは最高
PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ナルナルを使って3年目のメロン農家さん。
布施農園さんです。主に、メロンとトマトを栽培しています。トマトは今年はミニトマトで息子さんが担当です。
南郷メロンとして地域ブランドにしていて、全国から注文が来るそうです。

image

住所 千葉県山武市上横地3224
電話とFAX 0475-82-6328

この時期、奥さんが、電話番をして受注に対応しています。
ナルナルで栽培されたメロンの味を知りたい方はご注文下さい。
収穫されたメロンは食べごろ時期を書いてくれるので、ご自身で、硬めのメロンが好きなら、到着直後に食べて味を見て、完熟した頃のメロンを食べて味を見て、、というように調整出来ます。

大体、収穫発送後、1週間で完熟です。

image

ある会合で試食に私が持っていったメロンです。若干堅めでしたが、試食が始まると、上品なご婦人もスプーンではなく直接、かじりついておりました。(笑) 皮までしゃぶる(笑) 
食べ飽きないメロンに仕上がっています。

ハウスの様子
image


image


メロンは小玉から大玉まであります。電話で値段等ご確認下さい。時期による変動があります。
大きいものだとこの箱に4個の物もあります。大体、一箱3000円前後でしょうか。
巨大なのもあるようです。
品種は、キスミかタカミになります。希望があればお伝え下さい。
image

奥さんは、大変気さくな方、栽培しているご主人はどちらかと言うと寡黙な方です。
実は、大久保いちご園さんの親戚です。
image


このメロンを京成ホテルのレストランの料理長に試食して頂いた所、即時採用になりました。
ありがたい限りです。

ブドウの布施八郎さんとは関係有りません。お間違えなく。
ちなみに、布施八郎さんのぶどうは今年、全面パワーアップしています。お楽しみに。

味で勝負出来るのがナルナルです。土耕菌ナルナルの詳細はホームページへ
http://www.narunaru.info/index.html
土壌菌についての解説しています。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 花・園芸用品へ
にほんブログ村
ぽちッと押してください。感謝