ー前回までのあらすじー

二手損地獄落ち










<バナー>
スクリーンショット 2018-11-04 0.57.40(2)









美少女からの贈り物

マジェスティックプリンス
0G〜(宵246G)


お便り頂きました。

ラジオネームは、えーと...「年間出勤日数396日のJK」さんからです。ありがとうございます。


21cf01e9-s

第一ボタンを押した時に「み」
第二ボタン停止時に「く」
第三ボタンプッシュ時に「る」
と呟きながら打って下さい。もれなく貴方は396G以内に必ずボーナスorATに当選します。



ふーむ、なるほどなるほどなるほど〜。

この人は相変わらず頭のおかしいことを言っているなぁ。

うう

でもでも凛ちゃん、ちょっと待ってほしい。

この方は396Gで戦コレをフリーズさせるなど396Gに愛されている微少女。

なれば、この打法が本当である可能性は、みくるさんが美少女である可能性と同様に、微粒子レベルで存在するのでは?

凛「お、そうだにゃ」


えーーーーーっと、


(ベシ)(ベシ)(ベシ)

(ベシ)(ベシ)(ベシ)

(ベシ)(ベシ)(ベシ)

(ベシ)(ベシ)......




20190128_182039
(あれ?何か違和感が...?)

なんとなく打感に違和感を感じ、再度攻略法を読み直すことに。

するととんでもない見落としをしていることが発覚した。




第一ボタンを押した時に「み」
第二ボタン停止時「く」
第三ボタンプッシュ時に「る」







・・・・・・・






20190128_115706
(第二ボタン停止時っていつだ...?)


「ボタンを押した時」を言葉を変えて書いているのだと読み流していましたが、よくよく考えたらボタン停止時もそう捉えて良いのだろうか...?

ボタン停止時.....

ーーーーッ!!??まさか!!!


20190128_182126
第一停止フリーズ!!


つまりこの攻略法は、こうではなくッ!!

第一ボタンを押した時に「み」
第二ボタン停止時に「く」
第三ボタンプッシュ時に「る」



↓こう!!!


第一ボタンを押した時に「み」
第三ボタンプッシュ時に「る」

第一停止フリーズ時に「く」





そしてマジェスティックプリンスに第一停止フリーズは存在しない。










20190202_105523
当然の死(宵越し天井)





・・・みくるさん。








20190120_164021







茶番は終わりだ


おは天を食らったものの、僕には余裕があった。

というのも、僕はすでに攻略法によって勝利が紐付けられている状況。

焦る理由などどこにもありはしない。


きっかけはある専門誌。

そう、みなさんご存知の”過疎店を中心に取り扱っているアメリカのジャーナル”。

Underpopulated Pachinko Parlor, 2019, 52, 5924-5928.

僕が目をつけたのは、中でもパチンコ過疎店専門誌「Underpopulated Pachinko Parlor」に掲載されていた上記URLの記事。

この記事は、「過疎店の閉鎖が加速されている本当の理由」を統計学的観点から述べており、非常に興味深いものであった。

一般的には、「5.9, 6号機へ移行し、魅力がなくなったから」と言われているが、実際のところはそんな訳がない。
そも依存症というものは、レバーとボタンさえあれば満足する脳死人間であるため、そんなことを理由に過疎店が衰退するなんてことはまずあり得ない。

ではなぜなのか。

・・・少しパチ屋の闇に触れよう。


20190119_005613
(アイキャッチ)

パチスロ屋には、そもそも設定1しかない。

でも僕はそれが闇だとは思わない。設定2以上を使う方がどうかしてる。

しかし設定1しかないというのは本当だろうか?

設定1の機械割は98%程度。

つまり夕方まで打ち続けたとして、

(7000回転×3枚)×0.02 = 420枚

つまり、1日平均で8400円しか負けないということになる。


スクリーンショット 2018-12-23 18.46.24
(んなわけねぇだろ)



いや、正確には繁盛店ならやっていけるかもしれないが、過疎店ではどうだろうか?

7人稼働していたとして、約6万円。

それに対して従業員の給料。電気代。土地代。

それでやっていける訳がないことは確定的に明らか。つまりそこには必ず仕掛けがある。

・・・もうお分かりであろう。

そう、その仕掛けとは



スクリーンショット 2018-12-23 1.01.51(2)
設定の下限を落とす


というもの。


アメリカのジャーナル上の言葉を借りて、ここでは「Hellish level」と呼んでおこう。

昔は設定1が元々地獄であったため、このような操作が必要なかったというが、最近は特に下が甘くなり、介入が必要となってきているとのことである。

しかし実際にこの介入が頻繁に行われていたかというと、実はそうでもないらしい。毎日行うのは過疎店の、特に極悪店に限られており、大半の過疎店はゾロ目や7のつく日に限定的に行なっているのみであったそうだ。

というのも、この介入操作は作業が煩雑極まる上、1日に3回の介入をしない限り反動で設定が跳ね上がってしまうという欠点があり、営業時間内に介入することは困難であったことから、高い技術が必要とされていたためだ。

それでも「Hellish Level Time」による恩恵は凄まじく、特定日のみでも十分であったのだが、

人の欲とはどこまでも深いもので、

「もっと搾り取りたい」

「毎日、Hellish levelにしたい」

彼らがそう思うのもまた当然であった。


スクリーンショット 2018-12-09 19.26.42(2)

そ し て 遂 に 開 発 さ れ た 。




その技術の名は曾府流坐ゾフルーザ

これまで1日に3回介入しなくてはHellish Levelを保てなかったものが、なんと1回の介入で済むというのだっ!!!

つまり、開店前に介入したら、あとは閉店まで放置。

これはあまりにも革命的であり、数多くの過疎店がこぞって曾府流坐を取り入れた。


そして









スクリーンショット 2018-11-16 21.05.37(2)
潰れたのだ



この理由は諸説あるが、最も有力と考えられている説は、「抗体が出来やすい」というもの。

曾府流坐はプレイヤー本人から発生する静電気を利用した所謂いわゆる逆ゴト。台の乱数を乱し、初当たりを遅らせることに定評のある技術である。

しかし、人間を媒体とする技術であるため、抗体が出来るのは至極当然のこと。

抗体形成後は、静電気が逆ゴトではなく正ゴトとして作用し、機械割を跳ね上げてしまうという結果を招いた。

推理すればこれほど単純なことはないが、当然のことながらこのような情報はなかなか出回らないため、過疎店では未だに曾府流坐を導入する店が後を絶たない。









ここで重要となるのが、「抗体が出来る条件」

抗体が出来る条件は約10%と推定されており、その確率はランダムと噂されているが、それは推理の壁を作っているだけであり、そこには明確な条件がある。

各過疎店で急に勝ち始めた人間に出口調査を行なった結果、浮かび上がってきた条件。

それは、



スクリーンショット 2018-11-16 21.04.01(2)
曾府流坐指定の台で50,000円/1日以上負けること


過剰な乱数調整によって抗体が出来るということであろうが、なるほど理屈は通っている。

そして僕は前回58,000円負けた。


そう、わざと、だ。


2手損などくれてやる。

だがな店長、お前はすでに飛車角金銀桂香落ちだ。





松戸の財政滅ぼすマン


突然ですが、マジェスティックプリンスの中段チェリーの説明です。


20190202_101044

マジェスティックプリンスは約1/800で下段チェリー(通常は上段チェリー)が成立します。

この下段チェリーは、通常時に引いても大した恩恵がありませんが、「CZ」および「Julia system」中に引くと、リールが実質一段上がるため中段チェリーへ昇格します。

CZ中に引くと、問答無用でAT確定

これでも悪くはないけど、これをJulia system中に引くと↓

【Julia system中の中段チェリー恩恵】
50G・・・92%
100G・・6.2%
200G・・1.6%

これが弱いと思うなかれ。Julia systemはアサルトリンケージへ入れば倍倍で上乗せされるため、中段チェリーとアサルトリンケージが絡めば3桁は当然、4桁まで見えてくる強烈なフラグなのである。












う
中段チェリー降臨!!



耐性のついた身で中段チェリーを引くなど朝飯前。攻略法など生ぬるい。僕は自然の摂理として勝利を手にする。


じゃあな店長。


最後は一方的になってしまったけど、


お前との勝負、


嫌いじゃなかったぜ。














ああああ
(天井前中段チェリー、恩恵:AT当選のみ)









20190202_151636

−61,000円






「な、なぜ....」

失意に打ち拉がれゲロを吐きながら退店しようとする僕。

そこへたまたま通りかかった店長が一言。

「さて、2回目の調整を行いますか。」

その瞬間、目の前が真っ白になった。










<バナー>
スクリーンショット 2018-11-04 14.49.38

死ね(死ぬ)