誤字です。






<バナー>


ブログ村へ









こんにちは、ションコネです。



気付けばブログを開設してから2年が経過したそうで、飽き性にしては随分続いてるなというのが率直な感想。


期待値を書くわけでもなく、かといって台の情報や解析、マニアックな打ち方などに触れるわけでもないというこのブログ。


読んでくださる方がいるということ自体が奇跡なわけで、大変感謝しております(賢者モード)。


たまに、ポチしてほしくて「ブログってこんなに大変なんですよ!!」とか書いたことが何度かありましたが、


ぶっちゃけてしまえば、それは気を引くための嘘でして、ブログを大変だと思ったことは一度もありません()


どちらかと言えば、「好き過ぎて依存性が高い」という感じ。記事を書くのも楽しいし、コメントをもらうのも楽しい。


で、まぁ、ここまでは割とブロガーならみなさん当てはまることかと思いますが、ここからが闇でして、



自分の記事を読み返すのが一番楽しい()



自分のブログを何回1回目から通しで読んだか分かりません。自分が一番自分の記事を楽しみにしている自信があります。


なので、まぁ今後も辞めることはない(バーストもあまりに不評なのでもうしません)と思いますので、適当にお付き合いいただけたらと思います。






さて、今日の雑談テーマは「2年間で成長したこと」




二年もブログを続けているとですね、リアルの性格にもかなり影響を及ぼしまして、





結論から言いますと、





27(2)

「友達の友達」という存在が許せるようになった









二年前の私は、いつもこのように考えてました。


01(2)

「友達の友達」は滅べ



友達の友達って他人じゃないですか?一回も喋ったことのない人間にも関わらず、さも知り合いかのように話しかけてくる非常に鬱陶しい存在。それこそが「友達の友達」、別名害悪。



特に高校・大学の頃はよくいじられていたものです。「お前、一人増えただけで黙るよなw」と。でも黙らない方がおかしい、おかしくない?どこに地雷があるかも分からない人間と話すなんて無理に決まっているし、どうせ私みたいな人間を見下しているだろうし(強烈な偏見)、グループLINEか何かで私の悪口書きまくるんだろうし()


飲み会などでも、知らない人と席が近くなると、「酔ったふりをして寝る」という奥義を使っていたので輪も広がることなくという、これぞコミュ障という典型例でした。



Screenshot_20170301-035616

でも今は改善の兆しアリ!(ドヤ




ブロガー同士や読者さんとのやりとりってかなり不透明で、相手がどんな人かも分からないままなんとなく想像を膨らませて返信したりしているわけでして、


それと同時に、「相手が自分にどういう返信を求めているのかなぁ、どんなことを返したらもう一度コメントしたいと思ってもらえるかなぁ」なんていうことをつらつらと考えて返信させて頂いているわけです。


この未知の人とのやり取りというのが、現実では完全に「友達の友達」や「知り合いの知り合い」に当てはまり(その友達から私の話だけ伝わっているという面では、ブログを読まれているのとほぼ同等)、結果としてそれが苦手じゃなくなりました(上手く出来ているかは別にして)



あとはオフ会が大きいですね。


(昔の記事を読んだ方は分かると思いますが)初めての時は道に迷ったふりをして引き返そうとしましたし、実際ホールから逃げ出しました(懐かし)


ですが、オフ会を重ねまくることで、初対面の方とお話しすることに正直抵抗がゼロになりましたね。



この成長は正直大きい。懇親会や飲み会などで死ぬほど役に立ってますし、コミュ障を治したいというのがずっと夢ではあったので、一歩近づけたのではないかと思ってます。これだけでブログをやっていた意味を実感できますね、はい。



ブログを辞める時は、リア充になったときです。よろしくドウゾ。


_20170806_020830

(アイキャッチ。-26k





あ、そういえば二周年ということで、なにかしようかなぁとか思ったんですが、何がいいですかね?


最初は定番の「ツッパ」でもしようかなぁとか思ったんですけど、


期待値大好きマンがツッパして死ぬのが面白いだけで、私がツッパしても別に面白くもなんにもないですからねぇ。「IS」や「なのは」みたいな強烈な問題作も今年は不作ですし。



まぁ、とりあえず二周年という話は一旦置いといて、





明日は朝一で池袋にいって喰霊を打つつもりです(起きれたら)






<バナー>



ブログ村へ

どこかで見たような....