03(2)

ねだリノ、勝ち取れ













<バナー>


ブログ村へ














1/293.8





これはいわゆるRenoのトマト出現率と呼ばれる値である。

知らない人にも分かるように説明すると、Renoと呼ばれる「スロットルマシーン」があり、その機械は”トマト”の図柄で表示されたフラグを引くことで、俗に言う”射精”と呼ばれる事象を引き起こす射幸精マシーンである。


その”トマト”と呼ばれるフラグの出現率が、1/293.8







37(2)

そう囁かれていた時期もありましたねぇ、ぇえ。



今となっては、Renoのトマト出現率にはさまざまな説がある。


というのもあまりにもRenoは人を選ぶ。


負ける養分、勝つ養分が完全に分断され、その断崖はもはや確率というものの議論では収まらない。


では、一体そこにどのような違いがあるというのだろうか。本当にトマト出現を支配している法則はなんなのだろうか。


著者は半生をこの研究に魂を注ぎ、そしてついに確信に至った。


それではトマト出現率の謎を紐解いていくことにしよう。





58(2)

著者がヒントを得たのは3択トマトという認識。


これはRenoが導入してから幾ばくかしてから公表されたものであり、Renoの人気を爆発的に上昇させた天才的仕様である。


公表されるまでは完全に受動的であったRenoの稼働であったが、トマトがテンパイし、最後に狙う三択トマトによって能動性が生まれ、まるで自分でつかみ取ったかのような感覚へ落とし込むそれは依存症製造機の名にふさわしいものであった。


この仕様。どう考えても人気に直結することは明らかであり、全面的に押し出すべき仕様であろうことは誰にでもわかることであろう。



28(2)

ではなぜ最初からそれを広めなかったのか?



Renoの仕様が他のメーカーに広まることを恐れたから?

もちろんそれもありうることではあるだろう。積極的に公表しない限りは、あのような仕様分かるはずもない。

だが、山佐があの台の魅力に気付かず、広めるべき仕様の公開を遅らせるなどということはまず有り得ない。



では、なぜか。




Screenshot_20170301-035616

では逆に考えてみよう。




三択トマトにすると、一体なにが変わるのか?




想像してほしい。目押し不要機と呼ばれるリノ。それを青七もしくは赤七狙い逆押しでぬるぬると消化するあなたの姿を。


リズムよく逆押しで消化していくあなた。


レバーを叩く。


第三リールを止める。


上段にトマトが止まる。


第二リールを止める。


トマトは当然、テンパイする。


そして第一リールを止め........ない。




29(2)

そう、異なるのはリズム



もし仮に三択トマトと知らなかった場合、もちろん第一リールに力こそ入るであろうが、リズムが崩れることはそうないであろう。


しかし、これが三択トマトとなった場合、トマトがテンパイした時点で考える。「はて、どのトマトを狙おうか」と。




37(2)

つまり、三択トマトというフラグを提唱することによって、「打ち手のリズムをワンテンポ遅らせる」必要があったと考えるのが最も直線的な結論となります。


この結論を得れば、あとは簡単な考察によって、トマト確率の真実に辿り着くことは容易。


要するに、テンポ良く打たれると何か不都合なことが生じるということが示唆されている。


不都合.....メーカーやホールに.......



そう、もうお分かりであろう。





54(2)

機械割が上がるのである



すなわちトマト確率が上がる。それがテンパイ率なのかトマト三連率が上昇するのかは定かではないが、恐らくは後者であろう。

なぜなら、テンパイ率であればレバオン抽選であるべきである一方で、トマト三連率は必ずしもそうではない。

テンポというものが、確率変数に含まれるとすれば、おそらくは


「第二リールを止めた際の第三リールの位置」


が「トマト揃い」もしくは「一枚役」の抽選に対する確率変数に盛り込まれているということは言うまでもないことであろう。


そして通常であれば、そのようなものがあっても基本的には偏らないような確率分布にしなくてはいけないはずであるが、”たまたま”テンポ良く押してしまうと、確率分布に偏りが生じたと考えるのが非常にシンプルな結論である。



すなわち、Renoは



05(2)

「第二リールで止まることなく第一リールを押す」ことこそ攻略法なのである。




エピローグ


のちに、隣で延々とトマトを揃えることなく死んでいったにゃの氏は、こう問うた。





「ションコネさんってなんでトマトを揃える時、第二リールで止まらないんですか?」

と。





そしてこれに対し、ションコネは悠然と振り返ってこう答えた。






















56(2)

指が止まらないからです











DSC_1384
DSC_1402


投資2k 回収28k







DSC_1405

最後にピースのタイミングが全く合わないにゃのさんと飲んでジ・エンド。にゃのさんから初めて誘ってもらった気がする。正直かまってちゃん記事で気を遣わせちゃったかな~申し訳ないな~なんて思ったりしましたが、にゃのさんだから別にいいやと思いました まる






<バナー>
ブログ村へ

ポチして応援お願いします

Renoたのちぃ~↑↑