仕事の話


血の入れ替えという名の「死のロシアンルーレット」。

それが先週行われたわけです。

・・・まぁメインの担当は変わらないんですけど、0.2工数くらいの片手間案件をシャッフルすることで、なるべく多くの仕事に触れましょうという、余計なお世話の極み。上司の道楽。

でですね、0.2工数くらいの案件なら別にいいじゃんと思うでしょうけど、ところがどっこい、これが死に直結する地獄シャッフルなのです。


というのも、「なぜ0.2工数なのか」。


①微妙な案件だから


これなら良い。僕の0.2工数はまさにこれ。別に誰がやっても問題ないし、ミスってもテヘペロで済むお仕事です。



②後回しにした案件だから




Screenshot_20170301-035636
これが地獄




工数シャッフルの一覧を見た瞬間に絶句しました。なんと僕ともう1人以外のシャッフル案件がこれだったのです。

微妙だから後回しにしているならまだしも、重要だけど腰が重くて後回しにしている案件がチラホラ....というか半分以上。もうこの会社潰れろ。
















ああ
一番重い案件を盛大にツモってジ・エンドです。








w




最初の仕事は謝罪。なんと案件シャッフルを見越して、謝罪を先延ばしにしていたという最悪のトラップ。

全て僕のミスだと言わされたのですがそれは。まぁいいけどね。ちょっと疲れた。







パチスロの話





打 っ て な い



今週は土曜日の朝だけ上司とゴルフでしたが、それ以外は予定ゼロ。

そんな中、すでに飽きつつあるスマホゲームを無限にやり続け、パチ屋へは一切行かず。

打ちたくないわけではないんですけどねー。前はもっと依存症が強かったというか、打たないともったいないくらいに思ってましたが、最近はそこまでですね。

パチンコとか結構打ちたい台は多いんですけど。パチンコだけっていうのも、なんか打った気がしないんですよね。


ということで、そろそろスロットとパチンコを同時に打てるようにして欲しいなーと。


パチ屋って法律上、二台同時に打ったらNGでしたっけ。ウエイトとか打ち出し速度は決まっているイメージですが、一度に複数台はどうなんだろうか。

スロットは通常時がくっそ長く、ATが短い台が多いですので、時間を持て余すのですよね。

僕は大体、ラノベ を読みながら打っていますが、ついでにパチンコも打ちながらできたら良いなーと。

パチンコの打ち出し角度と速度はデジタル入力はNGですかね。それも立派な遊戯な気がしますけど。スロットのレバーを捻れるようにすればいけるのでは?

こう、イメージはフェアリーテールのスロットみたいな筐体で、上がパチンコで下がパチスロみたいな感じ。

で、別筐体として検定通して、「たまたま上下ににあります」的な。三店方式っぽい感じ。





Screenshot_20170301-035822
(なに書いてんだこれ)



まぁ何が言いたいかというと、来週こそはパチンコ......来週はゴルフだから、再来週こそはパチンコ.......再来週は初めての雀荘凸だから.....再々来週こそはパチンコ打ちます本当です。はい。平日はパチ屋が空いてる時間には帰れないので無理。




スクリーンショット 2020-04-04 19.44.28
読者「ブログやめたら?」

ショ「これを見て落ち着いて↓↓」








今年もいためさんが12/1〜12/25にアドベントカレンダーを実施しています!!!

僕も打つ予定があったら参加したかったんですけど、パチ屋に行かない可能性もあったので、今回も外から楽しむ形です。めちゃ楽しみ。

ブログ超絶衰退期に25日連続でブログが更新されるのは、ココしかないですので、ぜひタイムリーで見てみてください〜。





あとあとあとあと!!!





イノセントグレイが誇る傑作シリーズの完結作「天ノ少女」が12/25に発売!!!!!うぇーい!

殻ノ少女、虚ノ少女と天才的な描写と適度なグロを織り交ぜた神ゲーがついに完結を迎えるとなると、さすがにエロゲ愛好家としては買わざるを得ません。

PVを見る限りはあまり....グロくなさそうな?「虚ノ少女」のような、女の子同士のエッチ(なお片方は死体、切り落とされた手のみ)のような衝撃は無さそう......うーーん。







スクリーンショット 2020-11-15 23.08.39

一応、作品の概要を見ると、殻ノ少女の時のような芸術作品模倣の偏執殺人っぽいけど、やはりイノセントグレイの良さは「狂気」のラインを明確化していることですね。

「罪と罰」や「魍魎の匣」と同じで、「人がどうなったとき、日常から非日常に移行するか」を鮮明に描いていて、かつそれをエロゲへ落とし込む所業。天才としか言いようがありません。

「魍魎の匣」は、「完璧だと思っていた子にニキビができた」。完璧だと思っていた子に自己を重ね合わせていたため、理想が汚された気持ちになり、非日常へ移行しました。

殻ノ少女は魍魎の匣のパクリだと言われていますが、殺人の背景、人間模様、殺された人への感情移入は圧倒的に殻ノ少女ですので、僕はこの作品を現代文学の最高峰だと思っています。

ということで、騙されて買ってみてください。そして天ノ少女での完結を一緒に分かち合いましょう。






<バナー>
にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村

3つ積みゲーしてる。。