こんにちは。ションコネです。今日は元パチスロ養分であるガブリスク(仮名)さんにいらしていただきました。今日はよろしくお願いします。


89246de2-s
ガブリスクさん(以下ガブ)「いやぁ、もうパチスロ養分なんて言い方やめてくださいよ。本当に昔の自分を思い出すと、天善背景でBT単発だった時並みに恥ずかしいですよ~」


なるほど。ではさっそく本題に入っていきたいのですが、ガブさんはいつ頃この情報商材を買われたのですか?



ガブ「なるほど...って。まぁいいよ。えぇと、あ、そう、あれはひどく雨の降っていた日でした。私は普段そんな天候の日は外に出ないのですが、その日はどうしてもDVDを返しにいかないといけない状況だったので、ため息まじりに外に出ました」


なるほど。


ガブ「無事DVDを返し、猛スピードで帰路を急いでいたのですが、目の端に違和感を感じ、ふと目を向けるとそこにはなんと財布が落ちていました」


それはそれは。持ち主さんもさぞ心配していたことでしょう。


ガブ「そこで私はそれを持ち去った際のリスクとリターンを計算し、持ち去ることと放置することのどちらが得かを算出することにしました」


交番に届けましょう。


ガブ「このようなリスクとリターンの算出は、俗に言う『期待値』と言われるもので、スロットでもよくやられることです。まぁ私も情報商材を買ってから知ったのですが笑...あ、すみません。まだ情報商材の話じゃないですね笑」


なるほど。交番に届けましょう。


ガブ「まぁ今ちょっと話しちゃいましたが、そのリスクとリターンについてスマホでポチポチ調べているときに、突然ポップアップが開いて、『あなたの携帯を元の状態に戻して欲しければ、この情報商材を買ってどうぞ』って出てきたんですよ。もうページは閉じれないしビービーうるさいしでパニックになって買ってしまったんですよ。」


なるほど。自業自得な気もしますが、ちなみにいくらくらいしたのですか?


ガブ「大きい声では言いたくありませんが、108万円(税込)です。」


あー、なるほど。なかなかに値が張りますね。相場が分かりませんが。


ガブ「はい、相場は大体10~20万程度なので、これはあまりにも高額で、実際その時は手が震えました。前日にバジリスクで万枚を出していなかったらと思うと恐ろしいですね。」


しかしよくそれを使おうと思いましたね。私なら怖くて絶対に使えないです。


ガブ「私も最初は怖かったのですが、時間が経つにつれてムカムカしてきて、こうなったらぼろ雑巾になるまで使ってやろうと。こっちは108万払っているのですからね。」


実際、情報商材というのはどのようなものなのですか?


ガブ「たぶん、いろいろ種類があるのだと思うのですが、私が買った情報商材は、一冊の参考書といった感じでしたね。」


なるほど。とすると随分とお高いのですね。


ガブ「いやそれがそうでもないのですよ。これまでのパチスロ系の情報商材は、なんともエリート臭の漂う意識高い系のものが大半で、根っからの養分に実践できるようなものではなかったのですよ。」


なるほど。


ガブ「まず、この本の序章が凄いんです。えっと...あ、あった。ここ、ここのところなんですけど、『君たちは飼い慣らされた家畜である。君たちのような家畜どもは期待値等といったものに背伸びして手を出してはならない。』」


・・・ちょっとひどい言い方ですね。


ガブ「私も最初はそう思ったんですよ。でもこの商材では、『養分が無理して正の期待値を追うと、負の期待値を負う』ことをデータを用いて示していて、一般的な期待値は追わないように警告しています」




1
引用:「養分式脱養分のススメ」5章 p.652



これは...凄いですね...。


ガブ「この辺りはさすがに私も大枚叩いて手に入れた情報なので詳しくは話したくないですが、私のような『元養分』さんは、莫大なマイナスをそこそこ大きなマイナスに抑えるだけで、結果的に大きなプラスになるんですよ。」


なるほど、ちなみにどの程度までをプラスと捉えているのですか?


ガブ「とてもいい質問ですね。あなたも養分を抜け出す才能がありますよ。一度108万円を支払ってみたらいかがですか。」


・・考えておきます。


ガブ「さて、先ほどの質問への回答ですが、『0Gから天井まで直通した際の投資額までをプラマイゼロのラインとする』ことを推奨しています」


ガブ「例えば、天井ゲーム数が1500G、25G/1kの場合、マイナス6万円までがプラスでそれ以上負けると、マイナスになってしまいます。」


なぜそのような設定なのでしょうか。


ガブ「まず、そうすることでどのような台でも期待値がプラスとして打つことが出来ます。養分は打ちに行って打たずに帰ることは出来ませんから、このような設定する必要があります。」


ガブ「ここからは実際の稼働を見ないと分からないでしょうから、さっそく打ちに行きましょうか。」


宜しくお願いします。







DSC_0778

High School Of The Dead  44G~



ガブ「さて、今日はこの台を打つわけですが、この時点で既に1500円近く勝っていることになります」


えっと、44G分ということですね。



ガブ「そういうことです。ではさっそく打っていくことにします」





DSC_0782
(61G REG)


ガブ「さて、投資1kでREGが当選したわけですが、REGの払い出しを考えると0Gから打ち直してもまだ期待値はプラスです。前の引用したグラフで示したように、『養分はチビチビした稼働に弱い』。すなわちこのような局地的な勝利は後々の大きな敗北につながる可能性があります。しかしここで思い出してください。BONUSを含めてプラスの状態になっていれば、0Gから天井まで打ち続けても収支はプラスになるのです。」


どういうことでしょう?


ガブ「つまり、今現在+0.5kの状態になっていますが、一方で、0Gから打った時の最低収支はプラスマイナス0であるため、0Gから打っても最悪でも+0.5kと勝ちが確定した状態になっているのです。」


なるほど。


ガブ「このように100%勝てる状態のままであれば、そのまま打ち続けて良いというのがこの情報商材の良いところです。なぜなら私たちにとって即当たり即やめはどうしても物足りなさを感じてしまいますから」





DSC_0805

551G BB



ガブ「はい、ここで終わりです。総投資19k、回収4k、この台の天井は1280Gなので、」








a586dcd5-s
「+45kです」




「ありがとうございました。養分の方が私のように脱養分出来ることへの一助になれれば幸いです」、そう言い残し、彼女はニコニコしながらパチ屋を後にした。大勝ちしたから、今日は焼き肉を食べに行くらしい。私は彼女の嬉しそうな背中を眺めながら涙を流した。



fin.




<バナー>
にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

明日からあなたも脱養分