愛用のポメラDM20がプラの劣化でベタベタになってしまってから早一年。
ほぼあきらめてDM200の購入資金捻出を考え始めていた今朝のこと、、、
なんとなく検索をしてみたところ、あるじゃないですかケアの方法!
無水エタノールやらなんやらと薬剤を使えばなんとかなりそうですが、その薬剤が手元に無い!

………となおも検索を続けていると、あるぞ、あった!!
手元にある薬剤だけでなんとかなる方法を発見しました。
その名も「Mr.カラーうすめ液」と「重曹」です。

Mr.カラーうすめ液というのは、プラモデルを塗装するための塗料に混ぜて適切な濃さに調整するために使います。
油絵の具で言うところのテレピン・ペトロールやリンシード・ポピーオイルのようなものと思っていただければOKです。
このMr.カラーうすめ液を布にたっぷりと浸してベトベトになった面をズイズイっと拭いてみます。
すると、みるみるうちにベトベトした部分がこそげ落ちて行きました。
これは行ける!

早朝から昔懐かしいプラカラーの香りに癒されながら、ひたすらポメラの表面をグイグイと磨くこと約20分、自分でも信じられないくらいにツルツルの状態になりました。
そこに重曹(アルカリウォッシュ)溶液を布に浸して、表面をさらに磨いてゆきます。

本当に驚きました。
もうダメだと思っていた愛機が蘇ったのです。
これならリールのグリップも、登山靴の縁も、ヤバイと思ったものはこの方法でケアできます。
ベトベト恐れるに足りず!
と言えましょう。