ahisats3のブログ

ウオーキング中に見つけた神社、史跡、珍しいもの等を紹介します。

2013年07月

シャワーのあるコンビニ(関空ウオッチ1)

私が行ったのではありません、テレビの番組で普通は
観光客の入れない
ところまでカメラがはいり見せてく
れるので興味がありました、

関西国際空港の国際貨物地区というエリア内にあるコン
ビニの中にシャワールームがあります、

長距離を走ってきたトラックの運転手等が利用している
そうです。

コンビニは国際貨物地区の中にあります




玉葱が葉っぱとは知らなかった

見山の郷に玉葱は根、茎、葉っぱの内どれでしょうと、
クイズのように書いてあり、答えは葉っぱですと書いて
いました。
茎あるいは根と思われている人が多いかもしれませんが
、たまねぎはじつは葉の部分なのです。茎はどこにある
の?といわれるかもしれませんが、たまねぎを縦に二つ
に切ってみると、一番下の部分に短い茎を見ることがで
きます。
ちなみに、さつまいもは根の部分が肥大したものですか
らわかりやすいのですが、じゃがいもは茎の部分が肥大
したものです。




タマネギについて少し調べました
大きく分けて春まき栽培と秋まき栽培がある。致命的な病気や害虫は
少なく栽培の容易な野菜である。
タマネギは収穫後、表皮を乾燥させ
ておけば長期保存が可能であり、常温でも数ヶ月は保存が可能な食材
とされる。
タマネギを切ると涙が出るのは、タマネギにアリルプ゚ロピオンが含まれ
ているからである。タマネギを切った時に硫黄化合物(硫化アリル)が
気化し、目・鼻の粘膜を刺激し涙が出る。これを防ぐにはゴーグル
等で目を覆ったり鼻をつまむ。ほとんどにおいては鼻から侵入して
くるため、目を洗い流すだけでは痛みを緩和することは難しい

アリルプロピオンを弱める方法

 換気扇を回した状態でコンロの火を着け、そのすぐ横で調理す
ると刺激成分が上昇気流に乗って換気扇から排出される。

  水につけながら切ると硫化アリルが水に溶けて気化しなくなる。
あらかじめ冷蔵庫で数時間冷やしておくのも良い。

  反対に、電子レンジで加熱することでも硫化アリルの効果を弱め
られる。ただし、この方法でアリルプロピオンの効果を弱めた場
合、多少味が落ちてしまう。

 
7月24日:22574歩

人間をガードマンにする 「ツバメ」

見山の郷に行った時、店の入口にツバメが巣をつく
っていました
親が何度も餌を運んでいるのでよく見
ると、餌をもらっているのは
親と同じくらいの大き
さの子ツバメでした、おそらく近いうちに巣立ち

ることでしょう。
 

冬の間暖かい東南アジアの島々、オーストラリア北部で
過ごしたツバメは
春に
海を何千キロも超えて生まれ故
郷の日本に帰ってきます
飛行速度は普段は時速50
ロくらいですが、
最高200キロくらい出せます。特急ツバ
メなど早い乗り物の代名詞になっています。.

と枯草を唾液で固めて巣を造り、ほとんど人工物に造
巣し
民家の軒先など人が住む環境と同じ場所で繁殖す
る傾向があり、天敵
であるカラスなどが近寄りにくいから
だと考えられており、まるで
人間をガードマンにしているか
のようです。
ツバメは害虫を食べるため昔から大事にされてきました。







7月23日:23723歩

抜谷嶺と石橋山

星田60名山の内、7月20日に見つけたのは見つけたのは、
抜谷嶺と石橋山でした、7月14日に宗円山を見つけた後、
南星台方面に進まず、折り返したため、20日は南星台に
出る道を進むと二つの山を見つけました、抜谷山を見つけ
石橋山に向かう間に山の中から野球の練習と思われるノック
をしている音が聞こえてきました、木と木の間から遠くにグラ
ンドが見えました。

星田で38番目に見つけた「抜谷嶺」

39番目に見つけた「石橋山」

木と木の隙間から見えたグランド

山から降りて出た所です、右のアンテナはKDDIのものでした

アンテナの配電盤に貼ってあったプレート

山から見えたグランドは大阪電気通信大学のグランドでした


7月22日:24868歩

清滝第二トンネル完成しました

四條畷市の「広報 しじょうなわて」7月号に「清滝第二トンネル貫
通記念イベント」の記事が載っていました、8月25日に貫通した
ばかりのトンネルを歩いたり、貫通石の採取をしたりいろんな体
験が出来るイベントの募集をしていました、という事は8月25日に
は完成していることであり、翌日からでも使用できるはずです。
しかし以前に工事現場には完成予定は12月10日と書いていた
ので正確な使用開始日は未定です




7月21日:27372歩

葉、花、香りの3拍子が揃った植物 「フウラン(風蘭)」

昨年11月に蘭を育てている友人に、蘭を見せてもらいました
がまだ花は咲いていませんでした、今、花が咲いていることを
教えて頂きさっそく見せてもらいました、全ての花に名前を付
けてあり、主なものを写させてもらったので紹介します。
フウラン(風蘭)という種類で最近では野生のものは少なく絶滅が
危ぶまれています、小型で美しいな花が、3から6個咲き、殆ん
どの花が同じ方を向いて咲いているのが印象的でした。
色は白が多く、赤みを帯びているものもありました。
初夏の7月中頃が一番見ごろだそうです。
夕方に花が良い香りを出すそうなので、一度匂いを嗅ぎたいと
思っています。

日置緑(鹿児島の日置にちなんだ名前と思われます)

赤松豊桜

翡翠(ヒスイ):ヒスイの色にちなんだ名前でしょう

紅コウセン赤花

これはほんの一部でこの10倍くらい育てておられます


フウランについて調べました
 日本、中国、朝鮮半島に1種類が分布する常緑性のランの仲間です。
日本では関東南部より西の地方に自生します。地面などに生えている
のではなく、樹木の太い幹や高いこずえにくっついて生活する、
着生植
物です、葉、花、香りの3拍子が揃った鑑賞価値の高い植物で、古く
は江戸時代から栽培されています。フウランの中でも奄美産のものを奄
美フウランと呼びます。奄美フウランも普通のフウランと基本的には同じ
ものなのですが比較すると全体的に大型です。

解ったRIMDの建物(阪大 微研)

昨日、吹田市藤白台に用事があって出かけた時、近辺をウオ
ーキングしました、約5分程歩くと池があり、その向こうにローマ字
でRIMDと大きい字で書いたビルがあり、その意味も知りたく
なり、近くに行って確認しました、そこは国立大阪大学でRIMD
の意味は、微生物病研究所のことで、Research Institute
for Microbial Diseases の略称でした。
場所は吹田市山田丘1番1号で阪大の本部及び吹田キャンパス
でした、中には入りませんでしたが、大変広大な敷地でした。




ビルにRIMDの文字





RIMDと書いたビルは、「現在地」赤い文字のすぐ上「微研南館」でした


7月20日:44585歩

神様トンボの由来

昨日は朝早くから、車であちこちに行きました、午前中は「見
山の郷」、帰り道に枚方により、帰宅、午後は大阪市淀川区
の十三、その後吹田市の藤代台に行き帰ったのは午後7時
を回っていました。

見山の郷でイトトンボを見つけ、写そうとじっと見ていると羽を広
げると、又閉じて、それを何度も繰り返していました、面白い
ので、閉じてから開くまでを写しました、後で調べると正式な名
前は「ハグロトンボ」ですが多数の別名があることが分かりました
極楽トンボ、神様トンボ、仏トンボ等、その他沢山有りました。
この行為「羽を合わせてから、ゆっくり開き、又閉じて開く」が
人間が「手を合わせて祈る」行為に似ているので「神様トン
ボ」
等と呼ばれたそうです、そのうえに黑い羽をもち暗い所を
好んで飛ぶので「仏トンボ」や「精霊(しょうろう)トンボ」とも呼ばれ
るようになりました。

私の薄い記憶の中に「神様トンボ」という名前を小学生のころ聞
いたような気がします。





トンボを写した場所です

飯館村の今(原発事故その後①)

NHK特集「全村避難から2年・飯館村は今」を見て、私達は
もっと知ってあげなければいけないと思いました、福島原発
から30キロの飯館村は約6000人が住んでいました、飯館村
は今、三つの区域に分けられています。

飯館村の位置、福島原発の北東30キロです

三つの区域に分けられています


赤色の区域;5年間は帰宅が無理な区域
黄色の区域:数年以内の帰宅を目指す区域
緑色の区域:早期の帰宅を目指す区域

以上のようになっていますが、緑色の区域も今現在、帰宅のめどは
全くは立っていません。

放射線量を図って定期的に避難先の住民に報告しています

家族はやむを得ずばらばらに避難しています

300人、24時間体制で空き巣等に合わないように見張っています


7月20日:18556歩

星田の山の中に寺院の跡

7月14日、星田の山を探しに行った時、山の中に寺院の遺跡
跡と書いたプレートがありました、交野市等が書いたのでは無く
私が今さがしている星田60名山の名前や道案内の書いてくれ
ている人の筆跡と同じ文字で書かれてありました、ネットなどで
調べると、昔、この山の中に小松寺という、大きい寺院があっ
た事が分かりました、僧侶120人、小僧38人もいた大規模な寺
であったようです、平安時代(西暦845年)から江戸元禄時代(
西暦1703年)まで星田の小松山にあった、真言宗東寺派のお
寺でした。







同じ名前の小松寺が交野市内にあり、区別するために
こちらを廃小松寺と呼んでいるようです



北の小門付近の拡大図





7月18日:22590歩

記事検索
プロフィール

ahisats3

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ