ahisats3のブログ

ウオーキング中に見つけた神社、史跡、珍しいもの等を紹介します。

2014年10月

中山修一記念館見学(長岡京の実在を証明した人)

今日は四度目の長岡京市内を探索しました、まず阪急西山
天王山駅にある「秀吉(備中)大返し力水」を見学して、次に
「中山修一記念館」を見学しました、中山修一さん(1915~
1997)は長岡京市生まれで、当時まだ「幻の都」と言われて
いた長岡京を私費で発掘して長岡京の実在を証明した人で
す。
以前に入手した記念館のパンフレットにより場所はすぐに見つけ
る事が出来ました。
記念館はご遺族の好意により寄付された土地と建物を利用し
中山氏の足跡と発掘調査研究の成果を一目で見られる施設
として平成14年の開館しました。
11時過ぎに着いたときちょうどボランテアガイドの方の説明が始ま
る時でタイミングよく説明を聞くことができました。
ガイドの方の説明はわかりやすく私の知らなかったことを沢山
教えて頂きました。

中山修一記念館:長岡京市久貝3丁目3-3   10月31日撮影

時間を充分かけて解りやすく説明してくださるボランテアガイドの方

ガイドの方の説明で特に印象に残っているのは都が移るときには
前の都の建物を分解して運んだという事でした。
長岡京は、大阪「難波の宮」の建物を分解して淀川を利用して運び
ました(奈良の平城京の建物を運ぶより淀川を利用する難波の宮
建物の方が運びやすかったのです)


10月31日:12958歩

「ねむの木の子守歌」皇后陛下作詞の歌

10月26日放送のNHKラジオ深夜便「日本の歌こころの歌」
は「子守唄」の特集でした。
その中に「ねむの木の子守唄」がありました。
歌手は吉永小百合さんで、作曲、作詞の紹介で作詞「皇后
陛下」とアナウンサーが紹介したので、聞き間違いではないかと
あとで、ネットで調べたら、間違いなく皇后陛下美智子様が聖
心女子学院高等科に在学中に作詞された詩でした。
皇后陛下はこのレコード発売に先立って、作詞著作権を社会
福祉法人日本肢体不自由児協会に下賜
されています。

協会はこの作詞著作権料を基金として、昭和42年(1967年)
に医療型障害児入所施設、療養介護事業所、特別支援学校
等において永年にわたる功績を収めた者を表彰する賞を制定
しました、これが「ねむの木賞」です。
ねむの木賞は毎年秋に授与され、昭和42年の第1回から毎年
4名が選ばれています。受賞者は贈呈式と昼食会のあと、皇居
にて皇后陛下に拝謁を賜ります。


下賜(かし):天皇など身分の高い人が身分の低い人にものを
        与えること。



ブログにカテゴリを設定しました

私は2011年3月23日にブログを初めましたが、その後、殆ど
休眠状態で、2012年6月から再度スタートして、今では毎日一件
を目標に頑張って投稿し続けてきました、今日までに投稿した
件数が1795件になりました。

「カテゴリー」という分類の仕方があるということが前から知ってい
ましたが、特に必要を感じていませんでしたが、今までに写した
蝶を探すのには、1795件をすべて見る必要があり、大変時間
がかかり、昨日(10月29日)カテゴリを設定しました、今のところ
は、「蝶」と「野鳥」のみですが、今後増やす予定です。

矢印の野鳥をクリックすれば私が今まで写した野鳥をすべて
見る事ができます。


カテゴリとは:分類、分野、区分、種類、部門、ジャンル、範疇、
       などの意味を持つ英単語。
               物事を一定の基準に基づいて分類した際の、個
               々の区分のこと。

「八つの風」楠公寺10月の聖語

飯盛山の東側中腹に楠公寺(くすのきこうでら)がありますが
、そこの境内に毎月、月初めに「今月の聖語」として、日蓮上
人のありがたいお言葉と解説文が掲示されます。
私は日蓮宗の信者ではありませんが、飯盛山に登る度にその
聖語を丁寧に読みます。

「飯盛山 楠公寺」 2014,10,7 撮影

今月(10月)の聖語「八つの風に侵されぬを賢人と申すなり」


人の心を動揺させるものに(うるおい)・(おとろえ)・(やぶれ)
(ほまれ)・(たたえ)・(そしり)・(くるしみ)・(たのしみ)の
八つがあり、それを風に譬えられています。



日蓮聖人は、歴史的な事例や身近な事柄を示され、たとえ誤解や
、妬みがあろうとも八つの風に惑わされることなく、美しい心を持ち
、正しく祈れば、状況は必ず好転すると諭されています。


10月30日:11036歩

明石海峡大橋建設に活躍した「潜水艇」

ミステリーツアーに参加し、最後の観光地、明石海峡大橋で見つ
けたのが、大橋の建設に活躍した、潜水艇を公園に展示して
ありました。
説明版によると、人間が潜るスキューバ潜水では、最大35m、
30分と限界があるため、潜水支援船「海竜」で現場まで行き
そこから潜水艇を沈め、深度35m、時間30分の限界をクリアー
しました。

明石海峡大橋建設に活躍した「潜水艇」

2014,9,18 撮影





10月29日:6981歩

大門橋の由来(長岡京市勝竜寺)

10月12日、長岡京市内の探索をしたとき、最初に見つけた
のが「大門橋」でした。
勝竜寺城は城の外堀として小畑川を利用していましたが、
そこにかかる橋のところに大手門があったので、橋の名前を
「大門橋」と呼ぶようになりました。

大門橋のシンボル「結界門」 2014,10,12 撮影 

結界門とは、「これより先立ち入り禁止」目印の木製の門

現在の大門橋


10月28日:5159歩

新たに分かった事(河内キリシタン 野崎八幡山)

以前  私は大東市の歴史を調べているとき、野崎キリスト協会の牧
師神田宏大さんの書いた著書「野崎観音の謎」を購入して読んだ
り、講演会に参加して、河内キリシタンのことを、研究しましたが、
にも書かれていなかったことを
、10月25日大東市の北条人権文
化センターの料理教室に参加したとき帰り道にあった寺に興味を持
ち、寺を外から眺めていたら、同じ料理教室に参加した人が通り
かかり、挨拶して、少し話をすると、その方は八代続く家系の地元
の旧家の人で、昔の話を沢山してくださいました、その方の先祖は
キリシタンではありませんが、先祖から伝わっている話をしてください
ました
、特に印象に残っていることを下記に記載しますが、その他
の話は、はっきり記憶に残っていないので、メモを取って話を聞け
ばよかったと後悔しています。

「新たに分かった事は下記です」
徳川幕府はキリスト教を排除する方針を決めてキリシタンを処刑しました
、その処刑場が野崎観音の北側に八幡山処刑場がありました、そ
こで処刑するときに「処刑者の悲鳴(叫び声)」が村中に聞こえない
ように、太鼓を大きい音で鳴らした
そうです。

八幡山処刑場の場所(「野崎観音の謎」よりコピー)

私のブログ2013年5月5日、キリシタン処刑場跡(野崎 八幡山)
を参照ください。

10月27日:12390歩

シールドマシンの歴史(深北緑地)

深北緑地公園を歩いているとき、地下に排水等を流すトンネル
を掘る工事をしていました。
その工事に使うシールドマシン(トンネルを掘る機械)の歴史と実際に
今使っているシールドマシンの写真が説明文付きで工事中の仕切
り版に大きく載っていたので写しました。

工事中の壁にシールドマシンの歴史の写真と説明文。 2014,10,24撮影

世界最初のシールドマシン

日本最初にシールドマシンが使用されたのは大正8年で手掘り式でした。

手掘り式シールドマシン、水が噴き出したり土が崩れたり危険な作業でした。

少し進歩して半機械式になりましたが危険性は高いままです。

回転しながら土砂を削り採る面板と、その後ろに隔壁を設けたので
危険性がなくなりました。

深北緑地公園内の工事に使用されているシールドマシン

子守勝手神社(長岡京市)

10月12日、長岡京市長法寺に行ったとき、西山公園のそば
に、子守勝手神社を案内する道しるべがあったので、そこか
ら約5分歩くと神社と寺がありました。

子守勝手神社:長岡京市粟生(あお)清水谷27

2014,10,12 撮影




10月26日:76851歩

料理教室に初めて参加(北条人権センター)

先日、飯盛山で出会った人に料理教室に誘って頂き、今日
は料理教室に初めて参加しました。
私は今まで簡単な料理はしたことがありましたが、本格的な
料理は初めてで、全て鍋に入れて煮るだけと思っていました
が、その前に、フライパンでタマネギを炒めたり、別の鍋でニンニクや
ショウガをミジン切りにしたものを肉と炒めたり、料理を美味しく
するには、下準備が必要なことが、よくわかりました。
また講師の人の説明はわかりやすく、料理の苦手な私でも、
また参加したくなり、次回も計画してくださるように、お願い
しました。
私が感心したのは、食べ終わった後、参加した皆様が自主的
に食器を洗い、後片付けをしたことです、私は料理教室に参加
したのは初めてでしたが、料理教室とは、準備と後片付け全て
が含まれているようです。

大東市立北条人権文化センターの2階で料理教室がありました。

2014,10,25 撮影


教えて頂いた料理はカレーライスとサラダでした。





10月25日:8266歩
記事検索
プロフィール

ahisats3

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ