ahisats3のブログ

ウオーキング中に見つけた神社、史跡、珍しいもの等を紹介します。

2016年11月

真田幸村 出丸城跡(心願寺)

2016年2月26日に「真田丸の場所」を探して見つけ、2016年3月3日の
ブログに取り上げましたが、後で調べたら、その近くの心願寺という寺院
にも「真田丸出城跡」の石碑があることが分り、2016年11月23日に大阪
市内ウォーキングの時、探して見つけました。
真田丸の場所(大阪明星学園グランド)

真田幸村 出丸城跡(心願寺):大阪市天王寺区餌差2丁目22

2016,11,23  07:40 AM




1614年、慶長19年、真田信繁(幸村)は真田山に出城「真田丸」をつくり
、ここで徳川の大軍を相手に勝利をおさめた。翌年、「大坂夏の陣」で幸村
は討ち死にして、豊臣家は滅亡しました。

 元和8年(1622)4月、白牟(はくむ)和尚が、「真田丸」があった場所に
幸村・大助父子の冥福を祈るために堂舎を創建。それが心眼寺(しんがん
じ)です、寺の定紋は真田家の六文銭と定められ、山号は真田山としまし
た。 しかし当時、大坂は江戸幕府の直轄地であったため、豊臣方の武将
であった幸村の墓をつくることは許されませんでした。
しかし、ようやく400年目の2014年10月に真田左衛門佐信繁之墓として建
立されたそうです。
私が訪問したのは午前7時40分、心願寺の門は閉まっており、中に入る事
は出来ませんでした。
開門は午前8時ということが後で分り真田幸村の墓を拝むことは出来ません
でした。
機会があれば近いうちに行きたいと思っています。


駅逓司大阪郵便役所跡(日銀大阪支店前)

11月20日大阪市内ウォーキングを終えてJR北新地駅に戻る途中に「駅逓
司大阪郵便役所跡」の記念碑を日銀大阪支店の前で見つけました。
この場所に今の大阪中央郵便局に当る「駅逓司大阪郵便役所」が建設
され、ポストも設置されましたが、当時は東京まで75時間かかったそうで
す。


駅逓司(えきていし)大阪郵便役所跡:日銀大阪支店の前
                         大阪市北区中之島2丁目

記念碑の場所

2016,11,20  04:13 PM



わが国最初の郵便制度が設けられたのは、明治4年(1871)3月のことであ
る。まず大阪-京都・東京間の開設があり、ここにその郵便役所がおかれた
(元島原藩蔵屋敷)。さしずめ今日の中央郵便局にあたるものであった。ポス
トも設置されたが、最初の3日間で53通が投かんされ、東京までの所要時間
は約75時間であった。


11月29日:17561歩

近代製紙業発祥の地

「近代製紙業発祥の地」は大阪国際会議場の中で見つけました、予めネット
で「大阪市顕彰史跡」で検索して大阪国際会議場の中にあるのが分ってい
たので会議場の中に入って探して見つけましたが、普通にウォーキングしてい
たのでは絶対に見つからなかったと思います。
説明板によると、明治4年に、大阪の商人がイギリスから洋紙をつくる機械を
買ったのを高知出身の政治家が、その機械を譲り受け、この地で初めて
明治8年に洋紙をつくったのが始りでした。


近代製紙業発祥の地(大阪市北区中之島5丁目 大阪国際会議場の中)








近代製紙業発祥の地
 この地は,明治八年(1875)に日本ではじめて洋紙がつくられた場所
です。明治四年(1871),大阪の商人平野屋五兵衛(ひらのやごへえ)
がイギリスから洋紙をつくる機械を買ったことがきっかけとなりました。
 その機械を,高知出身の政治家,後藤象二郎(ごとうしょうじろう)が大
阪の商人たちとつくった,蓬莱社という会社が譲りうけました。もとは熊
本藩の蔵屋敷(くらやしき)であったこの土地に,製紙工場を建てて洋紙
をはじめてつくったのです。
 その後,何回か会社の名前がかわりましたが,第二次世界大戦のころ
まで,この地に工場がありました。   大阪市教育委員会

九条島と朝鮮通信使の碑(松島公園)

御霊神社堀江行宮を参拝後、松島公園で「九条島と朝鮮通信使」の
碑を見つけました。
淀川河口に土砂が堆積してできた多くの島のひとつが九条島です。
朝鮮通信使は朝鮮からの友好使節で、徳川将軍の代替わりのとき
に日本にやってきました。
500名以上の大集団になることがあり、計12回来日しています。
一行は釜山を出て、対馬、壱岐から瀬戸内海を通り、九条島から川
口で上陸し、船を乗り換えて淀川を上りました。
京都からは陸路で江戸に行きました。
物めずらしさから大勢の見物客が発生しました。接待費用は幕府や
諸藩が負担し、莫大な費用になったことからやがて中止されました。


「九条島と朝鮮通信使」の碑  松島公園:大阪市西区千代崎1丁目

2016,11,20  01:32 PM



この九条の地は江戸時代の寛永年間、水理の才のあった幕府の役人、
香西晢雲が土地の有力者、池山新兵衛の協力を得て開発したものです
、それまでこの土地は南浦と呼ばれ「海辺より怒涛逆流する」砂洲でした
、この近くの本田一丁目にある竹林寺は二人の菩提寺で江戸時代、我
が国との善隣友好に尽くした朝鮮通信使ゆかりの寺院です。

江戸時代朝鮮通信使は江戸の行き帰りに大坂で多くの学者文人
と交歓しました、正使らの江戸参向中、水夫らは大坂の川口で船
泊まりし、竹林寺で旅情を癒しました、また、明和元年(1764)の
使節団とともに来日、不幸に大坂の地で事件に巻き込まれた通訳
の崔天宋、発病して帰らぬ人となった、随員の金漢重の二人も同
寺で手厚く供養されました。



11月28日:22879歩

御霊神社 堀江行宮

御霊神社堀江行宮は11月20日の探索予定に入っていませんでしたが
偶然見つけたのです。
京セラドーム大阪からJR大阪駅に戻る途中に木津川の左岸に赤い鳥居
が見えたので行ってみたら神社だったのです。
行宮(あんぐう)の意味を調べたら天皇が外出された時の仮の御所の事
ですが、ここでは神社の仮の宮(御旅所)の意味です。
本社の御霊神社は中央区淡路町にあります。
拝むと肌に良い木(大阪御霊神社)


御霊神社 堀江行宮(ごりょうじんじゃ ほりえあんぐう):
大阪市中央区南堀江4-28-29





京セラドーム大阪から見えた赤い鳥居



大阪ガス発祥の地

難波神社御旅所を参拝後、西区千代崎の京セラドーム大阪まで歩き
「大阪ガス発祥の地」の記念碑を探して見つけました。
この地は大阪市内3200戸に初めてガスが供給された岩崎町工場が
あった地です。

大阪ガス発祥の地:大阪市西区千代崎3丁目

2016,11,20  00:40 PM





明治38年(1905年)10月19日 この地 に建設された「岩崎町工場」から大阪
市内 の3200戸余のお客さまに初めてガスの供給が開始された。
この当社発祥の地が今や大阪の文化情報の発信拠点として大きく生まれ
変わる ことを記念し この石碑を建立する。
      平成9年3月 大阪ガス株式会社

11月27日:26446歩

難波神社御旅所(南堀江)

毛馬城跡を見学後、南堀江の「大阪電気(株)西道頓堀電燈発電所跡地」
を探しに行きましたが、見つける事が
出来ず、その代り「難波神社御旅所」
を見つけて参拝しました。

難波神社御旅所:大阪市中央区南堀江1丁目26-26



2016,11,20  11:43 AM



         難波神社御旅所
 御祭神 仁徳天皇 彦狭知命 博労稲荷
 例祭   6月3日
 本社は大阪市中央区博労町4丁目11ノ3にある。
 明治40年8月西道頓堀にあった堀江神社(元、由加神社と称し
 御祭神は彦狭知命)を合祀した。
 結婚式・初宮・七五三その他 地鎮祭等の出張祭は本社にて
 受け付けております。 電話06-6251-8000

毛馬城跡(大阪市都島区毛馬町)

浪速鉄道片町駅跡を見学後、大川沿いに歩いて毛馬町の善福寺にある
毛馬城跡の顕彰史跡の説明板を探して見つけました。
毛馬城は下記説明板によると、僧侶、顕如が信長に対抗して作った51箇
所の出城の一つです。

毛馬城跡:(善福寺の塀に説明板) 大阪市都島区毛馬町4丁目7-26 

2016,11,20  8:18 AM





毛馬城跡(都島区毛馬町)    「大阪市顕彰史跡第210号」
織田信長は、永禄11(1568)年に足利義昭を奉じて上洛を果たしたが、
畿内には三好三人衆らが反信長勢力が残っていた。
元亀元(1570)年、本願寺はそうした勢力とともに信長に敵対する道を
選び、10年に及ぶ石山合戦が始まった。
天正4(1576)年、信長は宿将佐久間信盛を本願寺攻めの主将として天
王寺城に置くとともに、本願寺の周囲10箇所に付城を築き本願寺包囲
網を固めていった。それに対抗して本願寺第11世・顕如は、周囲の防
衛線として高津・鴫野・野江・楼岸・木津・難波などに51箇所にも上がる
出城を設けた。その中に「飯満(けま)」があり、これが毛馬城と考えられ
ている。 西流してきた淀川が大坂本願寺のある上町台地北端部に向
けて南流する要所に築かれた城であったと思われる。

顕如(けんにょ):織田信長の宿敵であり、武力によって天下統一を狙う
           信長を仏敵とし、全国の本願寺門徒に信長打倒を呼び
                         かけ、決戦を挑む。軍事的、経済的にも圧倒的に有利な
                         織田軍相手に調略によって信長包囲網を結成し、10年
                         以上にわたって信長と激しい攻防を繰り広げた。


楼岸(ろうのきし):現在の大阪市中央区石町2丁目付近。


11月26日:18703歩

遠藤萌実さん「OBCラジオまつり」(大阪城公園)

私は毎日ラジオ大阪の午後9時からの番組「News Tonaight いいおとな」
(ニュースの解説をする番組、月曜から金曜日、産経新聞の論説委員や編集
委員がニュースの解説を分りやすく説明する番組で、その司会役が遠藤萌実
さん)を聞いていますが、司会の遠藤萌実さん(小川真由さんの後任)が11
月23日の「ラジオ大阪まつり」に出られると分り、朝早く家をでて、大阪市内を
歩き、OBC祭の始まるのは9時ですが、11時30分から出演されるので、11
時頃大阪城にもどりました。

OBCラジオまつり(大阪城公園) 主催者発表13万の人でした。





2016,11,23  11:53 PM

遠藤萌実さん

人に馴れたヌートリア(桜ノ宮公園)

11月20日、大阪市内ウォーキングで「浪速鉄道片町駅跡」を見つけた後
次の探索予定地、毛馬城跡に向かう途中の桜ノ宮公園で大川の川岸
でヌートリアが歩いているのを見つけ、そちらへ行くと、若い男性二人が
ヌートリアに餌をやっていました、その男性の話では、「このヌートリアは他
の人が餌付けをしたので餌を貰おうと寄ってきます」と言っていました。
私は過去に三度ヌートリアを見ましたが、人に馴れたヌートリアを見たのは
初めてです。


2016,11,20  07:19 AM




ヌートリアを見つけた桜ノ宮公園、中央の鉄橋はJR桜ノ宮駅と天満駅の
間の鉄橋。


大東市にもヌートリア
淀川にビーバー? と思ったがヌートリアでした
記事検索
プロフィール

ahisats3

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ