ahisats3のブログ

ウオーキング中に見つけた神社、史跡、珍しいもの等を紹介します。

2019年04月

五藤池跡(寝屋川市立市民会館)

4月26日のウォーキングでLAMU(ラ・ムー)寝屋川店のそばで「元 大杜御祖
神社 表参道燈籠跡」と「元 大杜御祖神社 鳥居跡」の石碑をみつけた
後、寝屋川市立市民会館の前に「寝屋川市歴史と文化のみち」の説明
板がありました。
それにはこの市民会館の場所が五藤池という大きな池であったことが
載っていました。

五藤池(ごとがいけ)跡: 寝屋川市立市民会館 寝屋川市秦町41−1  2019,04,26  10:25 AM







                 五藤池の沿革
かって、この地に「五藤池」と呼ばれる用水池(溜め池)がありました。
五藤池は、旧高宮村の用水池で、その西南一帯の水田約二十町歩
を配置してきました、池は中堤により上池(現、市民会館用地など)
と下池(現、第一中学校・東コミニュテイセンター用地など)に分かれ、総面
積は約五町歩(約49500平方メートル)あったので、「五町池」と称された
のが、訛って五藤池となったと伝えられています。
五藤池の築造時期については、確かな記録はありませんが、伝承に
よりますと、上池(当時は田畑)あたりは秦領でした。高宮領と秦領の
代官が協議して現在の中央小学校南側にあった高宮領の土地と等
価交換をし、上池は高宮領になったとのことです。こうした伝承が事
実であれば、五藤池の築造は江戸時代以降と考えられます。
用水池は、元来、谷間をせきとめて築造しますが五藤池は平地部に
堤を築いて築造されたものです。
そのため、自然湧き水がなく、貯水量を補うために秦領の新宮池の余
水を惣水川を通して譲り受けていました。
高宮村は、昭和30年まで毎年、水勘定(水代金)を納めてきました。
惣水川より取水する樋は近くに大きな栴檀(せんだん)の木があったこ
とから「栴檀の樋」と呼ばれ、現在も第一中学校体育館の西側にありま
す。
五藤池の周辺は、枚方みち(河内街道)が西堤と南堤を走り太秦の村
中を通る山根街道と交わる交通の要所でもありました。
田園風景も里人のこころをなごませました。
春は柳の新緑、夏はヒシの藻と白い花、秋冬には水面にたわむれる「
かいつぶり」、とりわけ名物の「雑魚獲(じゃことり)」は壮大で、大量の
淡水魚が水揚げされ、その年の終りを告げる行事でした。
五藤池は、古くから人々の生活や産業をささえ地域発展の源となって
きたのです。                            寝屋川市

昭和初期の五藤池風景



4月30日:23011歩

大杜御租神社「表参道燈籠跡・鳥居跡」(寝屋川市)

4月26日のウォーキングでは四條畷警察署の発祥の地を見つけた後
LAMU(ラ・ムー)寝屋川店のそば(南側)で「元 大杜御祖神社 表参
道燈籠跡」、北側で「元 大杜御祖神社 鳥居跡」の石碑をみつけま
した。

LAMU(ラ・ムー)
岡山県倉敷市に本社を置く大黒天物産株式会社が経営するスーパー。

LAMU(ラ・ムー)寝屋川店(2018年7月オープン)寝屋川市小路北町1−1   2019,,04,26  09:25 AM


LAMU(ラ・ムー)の南側で「大杜御祖神社表参道燈籠跡」



LAMU(ラ・ムー)の南側で「大杜御祖神社表参道燈籠跡」



燈籠は「現神社の小路参道へ移設」と刻まれています

LAMU(ラ・ムー)の北側で「大杜御祖神社表参道鳥居跡」



こちらには移設と刻まれていないことから鳥居はいまは
どこにもないことが推測されます。

大杜御租神社(おおもりみおやじんじゃ)は2015年1月15日に参拝しました。
大杜御租神社(寝屋川市高宮)




4月29日:23707歩

四條畷警察署発祥の地(中野派出所)

一昨日(4月26日)のウォーキングは四條畷市内から寝屋川市内を歩きま
した。
中野派出所のそばにあった四條畷市内の歴史を書いた掲示板をよく
見ると四條畷警察署の発祥の地が中野派出所であることが載ってい
ました。 説明板によると、四條畷警察署は現在大東市にありますが、
その発祥の地はここだったのです。

四條畷警察署の歴史
 ①明治7年(1974)現在の中野派出所の場所に中野屯所が設置され
  る。

 ②明治10年(1977)10月 - 讃良郡甲可郷中野村字三坪無番地(現在
  の四條畷市中野周辺)に庁舎を新築し、枚方警察署中野分署と改
  称される。

 ③明治33年(1900)9月 - 北河内郡甲可村大字南野868番地(現在の
  四條畷市南野周辺)に庁舎を移転し、枚方警察署四條畷分署と改称
  する。

 ④昭和元年(1926)7月1日 四條畷警察署に昇格。

 ⑤昭和29年(1954)7月1日  警察法の改正により大阪府四條畷警察署
  となり現在に至る。

  ⑥昭和54年(1978)1月9日 現在地に庁舎を新築移転。これにより、100
  年あまり庁舎が置かれていた四條畷市から離れ、大東市(大東市深
  野3丁目28番1号)に移った。 



四條畷警察署発祥の地(中野派出所) :四條畷市中野三丁目5番41号  西から東を撮影

中野派出所(正式名 中野交番) 東から西を撮影           2019,04,26  09:14 AM

四條畷警察署の発祥の地が載っていた「四條畷市歴史散策道」



             「清滝街道の今昔」の一部抜粋
③雁塔・西征戦死招魂碑の前を過ぎ、JR片町線の踏切を過ぎると④中野
派出所前、ここは明治7年中野屯所が設置された場所。この広場は旧役場
跡地で、このあたり100mは東高野街道と重なる。




4月28日:41565歩

マイマイカブリ 名前の由来(寝屋川市)

4月23日のウォーキングで星のブランコに行った帰り道の寝屋川市で昆虫が同じ
場所を約10cmの円を描いてぐるぐる何度も廻っているのを見つけました。
この昆虫は過去に見たことがあるのですが、名前を知りたくて写しました。

マイマイカブリ
    マイマイカブリというのは、オサムシ科の大型甲虫で、幼虫と成虫はカ
  タツムリを餌としています。
  日本固有のマイマイカブリは体が大きいので日本以外では手に入りに
  くくオサムシとしてはかなりの大型種なため、海外のオサムシ収集家の
  憧れの対象であるそうです。


名前の由来:
    マイマイ(カタツムリ)の殻に頭をつっこみ、口から出す消化液で、肉を
   とかして食べることからこの名がついた。カタツムリに入りやすいように
   、頭と胸が細くなっている。ミミズなどカタツムリ以外の虫も食べるが、
   カタツムリを食べないと産卵することができない。


マイマイカブリ(寝屋川市)                                                                    2019,04,23  10:17 AM





マイマイカブリを見つけた場所


4月27日:16405歩

琴清地蔵尊(交野市星田)

4月23日のウォーキングは自宅から全て歩きで星野ブランコへ行きました。
片道約1時間30分意外と近いのに驚きました。
電車で行くより早いと思われます。
帰り道のハイキング道で木の間に鳥居が見えたので行って見ると「琴清
地蔵尊」でした。
調べても地蔵尊の由緒等は分かりませんでしたが、グーグルの地図に
は琴清地蔵尊の名前が載っていました。


吊橋(星のブランコ)に着いたのが8時03分、吊り橋の利用時間は9時15分~16時30分





琴清地蔵尊:交野市星田9丁目72                          2019,04,23  09:23 AM















4月26日:26424歩

女山(星田60名山)

4月16日のウォーキングは星田60名山の女山に登りました。
これで星田60名山の51座を登った事になり、残りは9座となりました。
場所は交野市星田西体育館の西にありました。
自宅から徒歩30分以内で行ける星田60名山で最も近い山です。

女山(おんなやま) 110.3m 交野市星田西                                    2019,04,16  09:11 AM





女山のピーク



足利義晴公の墓(義晴地蔵寺の由来)

4月15日のウォーキングで鴻ノ巣山に登った帰り道の妙見東3丁目の
バス停付近で足利義晴公の墓(義晴地蔵寺)を見つけました。

足利義晴公の墓(義晴地蔵寺);交野市妙見東3丁目                          2019,04,15  07:24 AM









              義晴地蔵寺の由来
        (室町時代第十二代将軍足利義晴の墓)
当地に二百体に及ぶお地蔵様が埋もれておられましたが錫半
の先々代の志により掘り起し、ひな壇に整列されその名を延命地蔵(平家子孫の墓)と名付けられ、中西とし氏が二代にわたって59年間の永き歳月を多くの志あつき方々と共におまつりされて
今日に至っておりましたところ、このたび縁あって隣接する土地を不肖戸田隆秀が入手いたしますことに相成りました。
つきましてはこのお地蔵様が風雨にさらされておられるお姿をおがむにつれてあまりにも勿体なく思い御屋根の建立を志し錫半
社長中村泰造氏にお願い出ましたところ心良き承諾を得て竣工させていただくことが出来ました。
この間お地蔵様について種々調査した結果今から約455年程前の室町時代第12代将軍足利義晴の墓と判明いたしました。
この善晴の奥方が墓と共に敵味方の区別なく、その菩提をねんごろに弔うために篤く信仰されたお地蔵様がおられることがわかり中村社長と相談の上その名もゆかり深い善晴地蔵寺と改めて末永くおまつりさせていただくことになりました。
                        施主 戸田隆秀
                        施主 中村泰造
               昭和58年2月9日


上記の由来が書かれたのは昭和58年(1983)、錫半は平成8年
(1996)に廃業しました。

錫半(すずはん):
大阪における錫器造りの起源は、延宝7年(1679年)『難波雀』に「錫引き、堺い筋」とその記録があり、江戸中期には、心斎橋・天神橋・天王寺など流通の良い上方(大阪)で生産され、やがて産地から産業へと拡大されました。

錫屋の老舗〝錫半〟(1996年閉店)が正徳4年(1714年)に心斎橋で開業。その後多くの大阪の錫器製造業者が集合し、特産品としての地位を確立しました。

最盛期の昭和前半には大阪全体で300名を超える職人が競うようにその腕を振るったといわれています。



4月24日:23718歩






 
 

鴻ノ巣山(星田60名山)

4月15日のウォーキングは星田60名山でまだ登っていなかった山の一つ
鴻ノ巣山に登りました。
これで星田60名山の50座を登った事になり、残りは10座となりました。
場所は前日に登った奄山の北、徒歩約5分の所にありました。
頂上付近には滑るのでロープを設けてあったので登れましたが、少しだ
け危険なところでした。

鴻ノ巣山(こうのすやま):交野市妙見東4丁目                          2019,04,15  07:05 AM






頂上


頂上に登るためのロープ










4月23日:27699歩

電閃丘(星田の山)

4月14日のウォーキングで星田60名山の一つ奄山に登った後、帰りに
カブトムシの巨大な幼虫を見つけた場所から少し登った所の頂上で
電閃丘のプレートを見つけました。
星田60名山に入っていませんが、見晴らしの良い所でした。

電閃丘(でんせんおか) 179.8m  星田の山







4月22日:20669歩

初めて見たカブトムシの幼虫

4月14日星田60名山の奄山に登った後、帰りは南星台4丁目のバス
停付近に登山口の様な道があったので往路と違う道順で帰りたかっ
たので、そこから山の中に入り星田新池に出るルートで帰路につきまし
た。
登山口に入ってすぐの所で、大きな芋虫を見つけました、調べたらカブ
トムシの幼虫でした。
今まで多くの芋虫を見ましたが、このような大きい芋虫を見たのは初
めてです。

カブトムシの幼虫                                                                          2019,04,14  07:15 AM




携帯と比較しても伸ばせば同じくらいの長さです。





4月21日:26773歩
記事検索
プロフィール

ahisats3

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ