来仰寺は守口市佐太中町7丁目-11-17にあり、大阪府指定の有
形文化財の石造十三重塔などがあります。

他にこの寺には拝観はできませんが幽霊の足跡と伝わるものがあ
ります、その言い伝えは下記です
  享保3年(1743年)、35世慈天の下に女の幽霊(江戸小網町の大
工の妻、「お石」と言う)が現れ、慈天の回向を受けて成仏したとの
伝説があり、その時に「お石」が残した幽霊の足跡とされるものが
現在も伝わっている。


回向(えこう):死者の成仏を願って仏事供養をすること。







石造十三重塔 嘉元2年(1304年)の銘があります