「果物の女王キウイは皮ごと食べるのが正解らしい」

キウイ(正式名:キウイフルーツ)は、日本では皮をむくか、半分に割
ってスプーンで食べる人が多いそうですが、本場のニュージーランド
では皮ごと食べるのが常識らしいです。
実は皮には果肉の3倍のポリフェノールが含まれています。

ビタミンCとビタミンEの両方をたくさん含むキウイは、身
体をさびさせないための理想的な果物と言えるでしょう

果物の中で100gあたりのビタミンCの量が1番です。
1個で1日の必要量のほとんどが補えます。

ビタミンCの効用として、
 美肌効果(コラーゲンの生成を助ける)
 生活習慣病の予防(抗酸化作用)
 感染症の予防(免疫力の増強)
 貧血の予防(鉄分の吸収を促進)
 ストレス軽減・・・などが挙げられます

ビタミンE"若返りのビタミン"とも言われています。
ビタミンEの抗酸化作用により

 動脈硬化の予防(脂肪が血管に付着す
   るのを防ぐ)
 冷え性・肩こり対策(血行が改善される)
 更年期障害の緩和(ホルモン分泌のバ
   ランスを保つ)
 老化の進行の予防(細胞の老化を防
   ぐ)・・・などが期待されています









7月29日:18941歩