大阪市東淀川区の神社めぐりの時、柴島神社の近くに柴島城跡が
あるのは予め調べてわかっていましたが、当日は住所を打ち込んだ
ナビを持参するのを忘れ、勘だけではやはり見つけるのは難しく、通
行人に聞くと詳しく教えて下さいました、そして教えて頂いた通り歩き
始めると、少ししてその人が戻ってきて「ややこしいので一緒に案内し
ましょう」と言って親切な人は城跡の石碑のある所まで案内してくださ
いました。
現地に説明板などは無く調べたら、城主は三好元長の4男で長慶の
弟にあたる、十河(そごう)一政が築城したとされています。
柴島城は大阪夏の陣まで続いたといわれていますが、いつ廃城にな
ったかは不明です。
城跡を示す遺構などは無く石碑があるのみでした。

柴島(くにじま)城跡:東淀川区柴島2丁目19-5

住宅の一角にあり、見つけにくい場所にあります。 2015,08,16 撮影

石碑の側面に日付があり昭和3年3月に建てられたようです。

8月21日:19130歩