玄武洞公園には玄武洞の名前の由来を書いた説明板がありました。


2016,09,03  11:40  撮影

                 玄武洞と玄武岩、名前の由来
 Gennbu Cabe and basalt; the originn of these names
文化4年(1807)、この地を訪れた江戸時代後期の儒学者・柴野栗山は、
この洞の岩石が作り出す節理の形や模様などから、中国の妖獣「玄武」
を連想し「玄武洞」と命名しました。
さらに明治17年(1884)、東京帝国大学の小藤文次郎博士は、玄武洞に
ちなんで、同様の岩石の名称を玄武岩と名付けました。
なお、玄武洞以外の青龍洞・白虎洞、朱雀洞などの名称は、大正時代以
後に観光用に名付けられたものです。



上の説明につけたしますと、玄武は中国の伝説の四神で、青竜,白虎,
朱雀,玄武の一つで,玄武は亀に蛇が巻きついたものです。

四神(しじん):四神とは中心を基準に東西南北を守ってくれる神獣のこ
とで古より尊ばれています。