守口市の神社巡りは2013年4月に全て参拝済でしたが、最近グーグルの
地図で山王権現神社という神社があることが分り、11月12日、ウォーキング
を兼ねて守口市内を歩き、見つけて参拝しました。
現地に神社の由来等を書いたものは無く、ネットで調べても分からなかった
ので、山王権現について調べました。
現地にあった石柱には宝暦9年の日付が刻まれており、調べたら宝暦9年
は江戸時代で徳川家重9代目将軍の時代でした。
(徳川は初代将軍、家康~15代将軍、慶喜まで続きました)

山王権現(さんのうごんげん)は日枝山(比叡山)の山岳信仰と神道、天台
宗が融合した神仏習合の神である。天台宗の鎮守神。日吉権現、日吉山
王権現とも呼ばれた。

山王権現神社:守口市金田町2丁目55



2016,11,12  02:45PM

「宝暦九年」の日付がある石柱