粟田神社境内で鍛冶神社を参拝後次に見つけたのが、白川小学校の
前で「粟田口」の駒札(説明版)を見つけました。

地名「粟田口」の由来は、奈良時代以前からこの地域を拠点としていた
、粟田氏に因み、中・近世に京都の市中(洛中)と市外(洛外)を結んだ
街道の出入口の総称で,京都七口の一つ「粟田口」でした。

京都七口:七条口・千本口・大原口・粟田口・五条口・竹田口・東寺口

粟田口(あわたぐち)





                                       粟 田 口
粟田口とは、三条通(旧東海道)の白川橋から東、蹴上付近までの
広範囲に渡る地名である。
この付近は奈良時代以前から開かれた土地で粟田氏が本拠とし
、粟田郷と呼ばれていた、平安京ができると、東国との交通の要地
あるいは軍事上の要衝にあたることから、やがて粟田口(三条口)
と呼ばれ、京都七口の一つに数えられた。
鎌倉・室町時代にはここを通って馬借や車借など運送業者が物資
を運んだ。江戸時代には東海道五十三次の西の起点、三条大橋を
間近に控え、人や物資の往来でにぎわった。
またこの付近には、平安時代の末以降、刀鍛冶(刀を作る職人)
たちが住居を構えていた、中でも、童子に化けた狐に鍛冶の手伝い
(相槌)をしてもらい名刀「子狐丸」を打ったという伝説が残る刀匠
・三条小鍛冶宗近が有名である。
江戸時代の元和年間(1615~1624)には瀬戸から焼き物の技術
が伝えられ「粟田焼」とよばれる陶器の産地になった。
この右手にある門跡寺院・青蓮院は「粟田御所」とも呼ばれている。
                            京 都 市