八坂神社の摂社を紹介その②は美御前社と刃物神社を紹介します。

美御前神社(うつくしごぜんしゃ)

2017,01,15  00:02 PM       1月15日の神社めぐり9社目

              美御前社
    祭神 市杵島比売神
        多岐理比売神 
        多岐津比売神
美御前という名の通り、美を象徴する神として祭られています。
本社の祭神、素戔嗚尊が天照大神と契約(うけい)されたとき
素戔嗚尊のもっておられた十挙剣を降りすすいで生まれた三
柱の女神で宗像三女神といい、清浄・潔白の証しとなった神々
で、俗に弁天さんといわれるのもこの市岐島姫に神です。
古くから祇園の芸妓さん舞妓さんをはじめ美しくなりたい願望の
女性はもとより美容理容・化粧品業者の崇敬を集めています。


刃物神社

1月15日の神社めぐり10社目

2017,01,15  00:10 PM

                                      刃物大神の由来
京都は, 平安時代より明治維新に 至るまで王城の地として栄え, その間,
刀剣を初め刃物の製作に幾多の名工を 輩出, 刃物発祥の地として隆盛
を極め てきました。
刃物の基礎はこの地の土壌に培われ, また, ここで修業せし人々をも各地
に 転出させ, この技術を源流として, それ ぞれ刃物産地の基礎を確立い
たし 現在に至っております。
わたくしたちは, これら祖先の遺業 を偲び伝統をうけつぎ, 京刃物の 真髄
を後世に伝えるとともに, 業 界の振興と啓蒙を目的として, ここに 有志相
図り刃物神社を奉献する に当り, その由来を識す。
                              昭和48年11月8日 刃物神社建設委員会