清水寺を出て、次に参拝したのが親鸞聖人の墓所、大谷本廟です、

大谷本廟:京都市東山区五条橋東6丁目514





             大谷本廟の歴史
浄土真宗を開かれた宗祖 親鸞聖人(1173~1263)は、御年90歳
でご往生され、烏辺山の南辺(現在の「御茶毘所」)で火葬に付され
たのち、ご遺骨は烏辺野北辺の「大谷」に納められました。
その後十年を経て、聖人の末娘の覚信尼さまが、諸国の門弟の協
力を得て、ご遺骨を吉永の北辺(現在の知恩院山門北側の「崇㤗院
」付近)にご改葬、お堂を建ててご影像を安置されました。
ここを「大谷影堂」また「大谷廟堂」と呼び、本願寺の始まりの地とな
りました。
1603年、大12代准如宗主の時代に、徳川幕府の命により、廟堂は
五条坂の現在地に移転しました。
以来、大谷本廟は、宗祖 親鸞聖人のみ教えを仰ぎ、お念仏のよろ
こびに生かされる門信徒の方がたの尊いご想念によって護持されて
います。




1月31日:24809歩