9月7日の桑名市内ウォーキングで神館神社の次に参拝したのが城南神社です。

この神社は伊勢神宮と縁が深く、平安時代、皇女の倭姫命(やまとひめのみこと)
が太陽の神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祀る場所を探していた
途中で立ち寄った。以来、伊勢神宮遷宮の度に内宮の一の鳥居を移築する慣わ
しになっています。

城南神社:三重県桑名市安永816                   2017,09,07  03:15 PM

桑名市の神社めぐり最後の9社目



                   城 南 神 社
   御祭神 天照大御神
   配祀 豊受比賣命外五柱
御由緒
当神社は垂仁天皇の御代皇女倭姫命天照大御神の御杖代として御神慮のまに
まに大和の国より日出づる伊勢の国に御巡幸ありし時御停座の旧地と伝承され
ております。
桑名の神戸でもあり伊勢の神宮との御縁故殊の外深い御社であります古来神宮
式年遷宮ごとに皇大神宮一ノ鳥居及び古殿舎の一部を拝戴改築の古例になっ
ております。
   例祭 十月十七日

皇大神宮とは伊勢神宮のことです。



9月29日:30284歩