9月7日の桑名市内ウォーキンクで゙町屋川の手前で大きい常夜燈を見つけた後
そばの安永第一公園で東海道五十三次 町屋橋跡の説明板がありました
、そして、その100m下流の現在の町屋橋の桑名市側の橋詰めで「町屋橋
のうつりかわり」の説明板をみつけました。

町屋川:員弁(いなべ)川の河口に近い桑名市・朝日町付近が町屋川と呼ばれています。


安永第一公園                                                              2017,09,07  03;34  PM


安永第一公園の東海道五十三次 町屋橋跡の説明板      2017,09,07  03;35  PM

               東海道五十三次 町屋橋跡

江戸時代、ここ安永は桑名入口の立場(旅人が休憩する茶店が集っている所)
であり、また町屋川の舟運の船着場 でもあったので、大いに賑い、茶店では街
道名物の安永餅を売っていた。
この地点から対岸の繩生(三重郡朝日町)の間に町屋橋がかかっていた。寛永
12年(1635)にはじめて架橋され、川の中州を利用した大小二本の板橋であっ
たり、一本の板橋であったり、しばしば変っている。下図の橋は江戸時代中頃の
もので、中央は馬が退避できるように幅がやや広くなっていた。
昭和8年(1933)国道1号線の橋がかけられ、旧東海道の町屋橋は廃止された。
                                桑名市・桑名市教育委員会



町屋橋北詰にある「町屋橋のうつりかわり」説明板          2017,09,07  03;38  PM

                   町屋橋のうつりかわり

 員弁川(町屋川)にかかる町屋橋と呼ばれる橋は、東海道 の一部として、寛永
12(1635〉年に架けられたといわれています。場所はここよりも上流約百メートル
でした。享和ニ(1802)年発刊の「久波名名所図会」に、当時の町屋橋周辺の賑
わいを見ることができます。

 この橋は明治8(1875)年に、幅二間(約3.6メートル)、長さ120間半(約220メー
トル)の木橋となりました。

 東海道が国道一号線として整備されていくに従って、昭和七(1932)年、現在の
位置に近代的なコンクリート橋が完成し、新たな町屋橋となりました。開通時には
夫婦三代による渡り初など盛大な祝賀が催されました。
 昭和38(1963)年にはこの橋の両側に歩道用の橋が増設されました。
そのときの親柱がこの広場に残っています。

 そして昭和61(1986)年、現在の橋が架けられました。非常に経済的な設計でシ
ンプルな形の鋼桁橋です。なお国道1号線は幅員25メートル四車線の計画ですが
、そのうちの半分の幅で架けられています。

 しかしこの橋の歩道の幅員は1.5メートルしかなく、またコンクリートの壁式の高欄
であったこともあり、歩行者や自転車利用者には使いにくいものでした。そこで平成
15(2003)年から、歩道の拡幅整備事業を地域の皆さんと一緒に検討し、平成17
(2005)年歩道拡幅と高欄や照明の整備、橋詰広場の整備が完成しました。

 町屋橋周辺の員弁川(町屋川)は自然が豊かで、魚釣りや散策に多くの人が訪れ
るとともに、桑名を代表する石取り祭りの舞台ともなります。また東海道と縁の深い
歴史性を踏まえた整備が行われました。親柱は昭和七年完成のコンクリート橋に見
られた形を踏襲しています。高欄の笠木には肌触りがよく、耐久性のあるドゥッシーとい
うアフリカ産の木材が使われています。
              平成17(2005)年5月    国土交通省中部地方整備局三重河川国道事務所
                                                                                          桑名市・朝日町










                                                                                   2017,09,07  03;39  PM


町屋橋から上流を写す。                     2017,09,07  03;40  PM


9月30日:29932歩