大津市内ウォーキング②
京阪 上栄町で下車し関蝉丸神社下社を参拝して、次に上社を参拝し
大谷駅近くの蝉丸神社を参拝して大谷駅から帰りました。

蝉丸神社:大津市大谷町23-11   



2019,07,15  03:40 PM



       蝉丸神社(逢坂山の関の明神)と謡曲蝉丸
蝉丸神社は、{逢坂山の関の明神」ともいう。逢坂山の上場にある
この神社は「蝉丸神社」と呼ばれている。近隣に「関蝉丸神社」の上
社・下社がある。醍醐天皇の第四皇子「蝉丸の宮」は、幼い頃から
盲目となり早く世を捨てた琵琶法師となって、この地、逢坂山の草
庵に住み、往還の人々に琵琶を弾じて世を送っていたという、蝉丸
神社は、このこの蝉丸を祭神であると伝えられている。
謡曲の「蝉丸」をまた、「逆髪」ともいう。醍醐天皇の第三皇女「逆髪
の宮」(蝉丸の姉)は、前世の因縁から頭髪が逆さまに生え立ってい
たといい、世を捨てて流転の生涯を送っていたが、ここ逢坂山で、偶
然にも弟蝉丸の宮と巡り会う。姉弟は互いの哀しい運命を宿縁の因
果と嘆きつつ、再び姉宮はこの地を去り、二人は別れていく・・・という
今昔物語を出展とした謡曲は、この人の悲しい人生譚として現代に語
り伝えられている。

往還(おおかん):行き来する。
人生譚(じんせいたん):ものがたり。

京阪 大谷駅



8月27日:18143歩(sT)