尾道市内ウォーキング
中村憲吉旧宅の次に志賀直哉旧居を見つけました。

志賀直哉は日本を代表する小説家の一人ですが、1912年から1914年
までの2年間をこの尾道の平屋で過ごしました。わずか2年間ほどの短
い時間でしたが、志賀直哉はこの地から映画化もされた小説『暗夜行路
』の構想を練ったとされます



志賀直哉旧居:尾道市東土堂町8−28

2019,08,11   01:52 PM









9月19日:22825歩