ahisats3のブログ

ウオーキング中に見つけた神社、史跡、珍しいもの等を紹介します。

守口市(大阪府)

天社宮(守口市藤田町)

守口市の神社めぐりは以前終わっていますが、見落としている神社は
ないかと、調べていたらありました。
大阪府神社庁の守口市神社一覧表には載っていないのでわからなか
ったのです。(グーグルの地図にも載っていません)
途中で道を尋ねた同年輩の方が、「分かりにくいので一緒に行きましょ
う」と神社まで案内してくださりました。
藤田公園の南側にありました、普通に歩いていたら見つからない死角
の場所にあったのです。

天社宮:大阪府守口市藤田町(とうだちょう)2丁目19−17

2018,06,14  02:10 PM





                天社宮の由来
 御祭神 㤗山府君 深沙大将 安倍清明
この天社宮は平安時代陰陽寮の天文博士であった安倍晴明(~1005)を
祖とする子孫土御門神道(安倍神道又は天赦神道)の主神泰山府君

祭司しております

天赦神道は何事を行うにも万物の障りから難を除くとされる信仰です。

寿命福禄施与の霊神宝祚無窮国家安穏万民和楽を具現されます。

古くはこの地に陰陽五行説に基づきその主神泰山府君の木地垂迹(神仏
同体)から深沙大将を奉祀された祠がありましたが明治維新の神仏分離
により祀られなくなりました。

往古より旧藤田村民は公武の重要祭典(陰陽寮司祭のなかで主祭は天冒
地府泰山府君祭があり特に天冒地府祭は皇位を嗣ぐときに行なわれる)の
具官であった関係から由緒ある「陰陽道歴代組」として宮廷へ参任しました。

このため昭和二十四年氏子崇敬の誠心厚くここに社殿が建立されました。

 守口市文化財保護委員会                 平成十七年五月

泰山府君(たいざんふくん):中国の泰山に住むという神。道教では人の生死
をつかさどる神で、日本では素戔嗚尊(すさのおのみこと)に配され、また仏家
では、閻魔王(えんまおう)の侍者として人の善悪行為を記録するとも、地獄の
一王ともいう。


6月17日:72347歩

もりぐち歴史館「旧中西家住宅」

今年は11月19日、と20日は関西文化の日で2府8県の美術館等が入館無
料になる日でした。(毎年11月ですが日にちは決まっていません、昨年は
11月14日と15日)
私は11月19日に守口市の「もりぐち歴史館(旧中西家住宅)」をウォーキングを
兼ねて見学してきました。

大阪府下で唯一のこる在郷の武家屋敷として貴重な遺構であることから、「
旧中西家住宅」は平成10年に守口市指定有形文化財に指定され、平成13
年7月に「もりぐち歴史館(旧中西家住宅)」として開館しました。

中西家は、系図によると弘治・元亀の頃(16世紀中頃)にこの地に移り住み
河内国大窪郷5か村(東、北、金田、籐田、梶村)を開いたと言われています。
その後、近世初期に尾張徳川家との姻戚関係を持ったことから、以降は幕
末まで尾張藩大坂天満蔵屋敷奉行等の役職を代々務めることとなりました。
また、享和元年(1801)の「河内名所図絵」(河内国の名勝・旧跡を紹介した
案内書)に「大窪荘 中西家」として取り上げられるほど有名でした。
(見学者用案内書より)

「もりぐち歴史館(旧中西家住宅)」:守口市大久保4丁目2-26



2016,11,19  02:27 PM

山王権現神社(守口市)

守口市の神社巡りは2013年4月に全て参拝済でしたが、最近グーグルの
地図で山王権現神社という神社があることが分り、11月12日、ウォーキング
を兼ねて守口市内を歩き、見つけて参拝しました。
現地に神社の由来等を書いたものは無く、ネットで調べても分からなかった
ので、山王権現について調べました。
現地にあった石柱には宝暦9年の日付が刻まれており、調べたら宝暦9年
は江戸時代で徳川家重9代目将軍の時代でした。
(徳川は初代将軍、家康~15代将軍、慶喜まで続きました)

山王権現(さんのうごんげん)は日枝山(比叡山)の山岳信仰と神道、天台
宗が融合した神仏習合の神である。天台宗の鎮守神。日吉権現、日吉山
王権現とも呼ばれた。

山王権現神社:守口市金田町2丁目55



2016,11,12  02:45PM

「宝暦九年」の日付がある石柱

佐太の渡し跡(守口市)

11月12日のウォーキングは守口市内を歩きました、守口市内を歩くと
思ったきっかけは以前守口市の神社巡りは全て終わっていたはず
が飛来神社と山王権現神社がまだ参拝していなかったことが分り、
その2社を探すついでに守口市内を歩こうと思ったのです。
結果は飛来神社は以前に参拝したことがあったのでした、その時
は佐太神社御旅所として参拝していたので飛来神社と佐太神社御
旅所が同じとは知らなかったのでした。
山王権現神社は見つけて参拝しましたが、それより先に見つけた「
佐太の渡し跡」を紹介します。

佐太の渡し跡は寝屋川市との境界近くにある佐太神社の北側、国道
1号線の道路脇の淀川左岸側にありました。

「佐太の渡し」は摂津市鳥飼と守口市佐太間に運航していましたが、
架橋により昭和48年廃止されました.

淀川堤防から見る。        2016,11,12  01:52 PM

石碑から淀川堤防を見る

「淀川筋佐太渡船場」の石碑 

川の向こうには「鳥飼渡し跡」があります 淀川最後の渡し船(鳥飼の渡し跡)



11月20日:63239歩

工場の壁に恐竜の絵(守口市寺方)

5月21日のウオーキング中に守口市寺方にある工場の壁に大
きい絵が描かれているのを見つけました、(松下電池工業
今はパナソニックの工場の壁に恐竜の絵が描かれていました)

寺方小学校の生徒が描いた原画をもとに専門家が壁画の
原案を作り、ペイントには50日、延べ500人が作業したそうで
す。

題名は「私たちの恐竜ランド」です



高い塔は「NTTドコモ大阪ビル」でした

昨日のウオーキングは久しぶりのロングウオーキングとなりました、
スタートは門真の運転免許試験場→守口(滝井)→千林→
大阪市旭区清水→新森→太子橋→淀川→豊里大橋→
東淀川区豊里→大桐→豊里大橋→守口(NTTドコモビル)
→門真試験場、約6時間、4万歩でした。

特に目的の場所は無く、スタートした場所へのおよその帰る
時間を決めて、今まで歩いた事の無い道をひたすら歩き
ます、中には新しく見つけた神社だと思い写真を一枚写し
た後で以前に来たことを思い出した事もありました(東淀川
区大道南の大宮神社)。
帰り道に淀川右岸(東淀川区側)から見た、大きい塔は飯
盛山からもよく見える高い塔でした、その塔の名称が知りた
くなり、そばに行って調べたら、NTTドコモ大阪ビルでした。

2014,5,21 撮影 NTTドコモ大阪ビル




高い塔の場所:守口市緑町3-2 NTTドコモ大阪ビル




059
2012,9,25 飯盛山から撮影のNTTドコモ大阪ビル


5月22日:22117歩

「守口さかさかさ」(雨水収穫装置)

大阪まで歩いた時、守口市で珍しいものを見つけました、ライ
オン株式会社が大阪府に寄贈したもので、雨水を貯める装置
でした、「さかさかさ」とは「逆さの傘」の意味で傘を逆にしたよ
うな屋根から900リットルのタンクに雨水を集め、貯蔵するもので
す、溜めた雨水は地域の人が花壇の水やり、夏場の内水な
どに利用します。











国道1号線「佐太中町3丁目東」信号のそばにあります


9月5日:27818歩

守口市 来仰寺(らいごうじ)

来仰寺は守口市佐太中町7丁目-11-17にあり、大阪府指定の有
形文化財の石造十三重塔などがあります。

他にこの寺には拝観はできませんが幽霊の足跡と伝わるものがあ
ります、その言い伝えは下記です
  享保3年(1743年)、35世慈天の下に女の幽霊(江戸小網町の大
工の妻、「お石」と言う)が現れ、慈天の回向を受けて成仏したとの
伝説があり、その時に「お石」が残した幽霊の足跡とされるものが
現在も伝わっている。


回向(えこう):死者の成仏を願って仏事供養をすること。







石造十三重塔 嘉元2年(1304年)の銘があります



守口市 八坂瓊神社(やさかにじんじゃ)

 八坂瓊神社は守口市大庭町2-93にあります、主祭神は素戔鳴
尊【すさのおのみこと】で、京都祇園の八坂神社から勧請したと
伝えられ、旧大庭七番村の氏神として祀【まつ】られています。
社殿は慶長年間、大坂の陣で兵火のため炎上し、元和
9
1623)に再建されたと言われ、現在の社殿は明治11年(1878
に造営されました。


淀川の堤防から見えます











4月12日の歩数:11345

守口市 津嶋部神社

津嶋部神社は守口市金田町6丁目15-6にあり、寝屋川市との境
界にあります、守口市内に二つある式内社の内の一つです。
神社は現在地の東500m付近の対馬江村にありましたが、洪水
で流されて現在の地にうつりました。


神社名の方が先で地名が後でつきました、その由来の
一つが下記です。

かって、淀川は現在よりやや南を流れ、その
中洲のような所が津島と呼ばれて昔の船着場で
あったことから、津島江といわれ、津嶋部神社
となりました、神社と同名を、はばかって地名
を同音の対馬江になたといわれています」ただ
し、私はこの説を信じますが、他の説もあるこ
とを付け加えておきます







境内には他に小さい神社がいくつもあります



神社の中から外に向かって写しました
記事検索
プロフィール

ahisats3

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ