ahisats3のブログ

ウオーキング中に見つけた神社、史跡、珍しいもの等を紹介します。

大阪市(鶴見区)

茨田アヒルゆかりの地(鶴見区茨田大宮)

9月25日の鶴見区と城東区の史跡めぐりウォーキングは「左専道小学校発祥の地」
の石碑を見つけた後、鶴見区茨田大宮の茨田東小学校前で「茨田アヒルゆかり
の地」の大阪市顕彰史跡第185号の説明板を見つけました。
かってこの地は沼や池が多く食用アヒルが飼われており、飼育数は全国一であ
ったそうです。


茨田(まった)アヒルゆかりの地:大阪市鶴見区茨田大宮3丁目7−6     茨田東小学校前

2018,09,25  04:03 PM





        茨田アヒルゆかりの地(鶴見区茨田大宮)
かつて茨田(まった)の地はレンコンの栽培で知られるように池や沼
の多いところで、それを利用したアヒルの飼育は、すでに豊臣期から
行われていたという。
徳川期には名産品として全国に知られ、大阪では土用丑の鰻と同じ
感覚で食されていた。
特に天神祭の時にはアヒルのすき焼を食べるという風習があった。
大正時代になるとアヒルの飼育が本格化し、従来の青首種から白色
種に品種改良が行われて、需要も激増した。
昭和30年代にピークをむかえ、飼育数は全国一を誇った。
年間30万羽の雛をかえし、その肉や卵を全国に出荷していた。
欧米諸国からは、復活祭用に雛のはく製の需要があり、その輸出も
さかんに行われ、年間約1万ドル余の外資を獲得していた。
その後、都市化によって、飼育池は埋め立てられ、茨田の地からアヒ
ルの姿は急速に消えていくこととなった。


茨田大宮南公園



10月11日:25735歩

徳庵の由来「徳庵納豆ゆかりの地」

9月25日は、鶴見区と城東区の史跡を探しながらウォーキングをしました。
最初に見つけたのが「徳庵納豆ゆかりの地」です。
大阪市営徳庵住宅集会所に大阪市顕彰史跡大191号「徳庵納豆ゆ
かりの地」の説明板がありました。
その説明板に徳庵の地名は南北朝時代に徳庵という寺があったこと
に由来することが載っていました。

徳庵納豆ゆかりの地:鶴見区徳庵2丁目 大阪市営徳庵住宅集会所

2018,09,25  01:04 PM





              徳庵納豆ゆかりの地(鶴見区徳庵)
徳庵の地は、京街道と分岐する現在の都島区片町から奈良県生駒市高山町に
至る古堤(ふるづつみ)街道沿いにある。
同街道はこの地で寝屋川・六郷川と交差し、そこに架けられた徳庵橋の上手に
は寝屋川筋の水運関係者が観請した住吉神社の祠が今も残る。
このように、この地は交通の要所といえる場所で、野崎観音詣の人々などでも賑
わっていた。
地名の由来は、かつて南北朝時代にあった「徳庵」という寺による。
そこでつくられた納豆は名産品として世に聞こえ、吉野行宮にも献納されていたと
いう。
それは麹菌を使用して発酵させ、乾燥後に熟成してつくられた納豆で、一般の納豆
のような粘り気があり糸を引くものではなく、京都市紫野の大徳寺納豆、京田辺市
酬恩庵の一休寺納豆と同種の塩味の味噌のような風味であった。


10月6日:48553歩

つるぎ街道(大阪市鶴見区)

5月19日のウォーキングは鶴見区を城東区を歩きました。
まず花博記念公園でばら園を見た後、イオンモール鶴見緑地を経由して城東区の
若宮八幡神社に向かう途中に「つるぎかいどう」の石碑をみつけました。


千林から鶴見・放出を通り、阿遅速雄神社付近までを「剣街道」又は「放出道」
と言ったそうです。 

つるぎ街道: 鶴見3-13(横堤1丁目交差点南西)



                 つるぎかいどう
京街道と南河内狭山方面を通る東高野街道を結ぶ道で大休摂津と
河内の国境を通って居る。
京街道んp土居の西辺りより分かれ 貝脇 上辻 馬場を過ぎ般若寺
付近より南下して下辻(現在の鶴見)にでる、徳庵井路が出来てから
は放出村の中を通り阿遅速雄神社に出る、この辺りまでを剣街道、別
名放出道とも言われていて、これより放出の渡しを渡って左専道を通り
深江で奈良街道を横切り平野より狭山方面に向かう。
東成郡誌によれば道路平坦、交通は繁かりしも今は閉なり、本道は往
古の京街道にて、紀州およぼ河内の南方面の人が京に上がる折通過
せし街道にして又榎並荘の水囲提たると共に摂津河内の国境をなす意
味ある街道とある。
剣街道と称する所以は阿遅速雄神社(別名八剣神社)の参道であるとの
説、佐太の来迎時縁起に関係あるとの説もあるが、八剣神社の参道であ
ったからと思われる。
辻の道標は大阪市鶴見土地改良区が開さんするに当たり記念の為に大
阪市並びにクリーンビュ-鶴見団地の協力を得て建立する。 
                            昭和63年3月31日


イオンモール鶴見緑地



6月7日:23036歩

大橋房太郎 寄進「玉垣」(阿遅速雄神社)

阿遅速雄神社の境内に大橋房太郎寄進の玉垣があることを知り、ウォーキング
を兼ねて探しに行きました。

大橋房太郎の墓(鶴見区 正因寺境内)
大橋房太郎君功労碑(四條畷神社)


玉垣(たまがき):神社・神域の周囲にめぐらされる垣のことで、瑞垣(みずがき)
           ともいう
。材質は木または石を使い、神社を囲う玉垣の、柱一本
           一本に名前が入っていることがあります。
           これは神社ごとの個性というよりは地域性で、神社に寄進した人
           の氏名を玉垣に書き込んだり彫り込む土地があります。
           名入れをする地域もあれば、一切行わない土地もあります。
           会社や個人の名前と共に一族全員の名前があったり、寄進した金
           額まで刻んでいることもあります。鳥居に寄進者名が書いてあるの
           と同じ意味で、習慣のある地域では「ここに父の名前がある、父は
           これだけ神社に寄進したんだ」という自慢話を聞くこともあるでしょう
           玉垣に文字を入れない地域では寄進者の名前を別の石碑に刻んだ
           りしています。




2017,06,24  01:02 PM

阿遅速雄神社:鶴見区放出東三丁目31 



7月4日:21600歩

「放出の由来」お蔭燈籠(阿遅速雄神社)

大橋房太郎が寄進した、玉垣が阿遅速雄神社の境内にあるので、それを
探しに行ったとき、「お蔭灯籠」を見つけました。

お蔭燈籠(阿遅速雄神社)鶴見区放出東三丁目31 
                     JR片町線「放出」下車 北東約200m

2017,06,24  00:53 PM





                   お蔭灯籠
この灯籠は、1868(慶応4)年に建立されたお蔭灯籠です。お蔭まいりと
いう伊勢神宮への参詣を記念して建立されました。
江戸時代に入ると、1650(慶応3)年からほぼ60年周期で、たくさんの人
々が集団で伊勢神宮に参詣する、お蔭まいりという現象がおきました、
その間は仕事を放りだしてしまうなど、無頼なお祭り的性格が強かったよ
うです。幕末の民衆運動である「ええじゃないか」と関連付けて考えられる
こともあります。
現在大阪市内に残るお蔭灯籠は、この阿遅速雄神社の境内に残る一基
のみです、お蔭まいりを今に伝える貴重なものです。 
                                 大阪市教育委員会

地名「放出(はなてん)」の由来 
   放出の地名の由来には2説あります。
 ①古代の大阪は内陸部が湖となっていて、この地付近で湖水が旧淀川への放出
   口となっていたことから、水の「はなちてん」がなまって「はなちで」を経て「はなて
      」になったといわれる。
  ②天智(てんち)天皇7年(668)、熱田(あつた)神宮に祭る草薙剣(くさなぎのつる
   ぎ)を盗んだ者がおり、当地まで逃れてきたが大嵐にあい、恐れてそのまま放置
      (はなちて)して逃走、土地の人が阿遅速雄神社に祀り、その後熱田神宮に奉還
      したという。この「はなちて」が「はなてん」になった説。

大橋房太郎の墓(鶴見区 正因寺境内)

大阪市鶴見区 正因寺の境内、六郷修提碑の北側後ろに大橋房太郎の
墓はありました。

大橋房太郎の墓:大阪市鶴見区放出東  正因寺境内

大橋房太郎の墓   2017,06,24 00:40 PM 撮影


正因寺


大橋房太郎:明治・大正期の治水家 大阪府議。 淀川治水功労者。
生年:万延1年10月14日(1860年)
没年:昭和10(1935)年6月30日
出生地:摂津国東成郡放出(大阪府)
学歴:明法館(現・関西大学)
経歴:家は代々摂津東成郡(大阪府)放出村の庄屋。真宗の高僧・江村秀山に師事
    、また明法館で法律を学んで、東京に出て鳩山和夫の書生になるが、明治18年
       淀川大洪水の知らせを受け帰郷、この大災害を機に淀川治水工事への取り組
       みを決意する。米屋を開いて生計を立て、20年放出村戸長となり、24年大阪府
       議に当選、7期連続26年間務める。また淀川治水会副会長を務め、29年洋行帰
       りの技師・沖野忠雄のプランによる「淀川改修法案」の国会通過に貢献し、42年
       竣工される。のち水路に土砂の流出を防ぐ「淀川低水工事」始める運動を起こし
       、大正6年の淀川再氾濫後は淀川再改修規成同盟を結成、12年から暴風雨に負
       けない堤防工事を継続させるなど、36年間に渡り改修工事に尽力し「淀川治水の
       父」と感謝された。また大阪・鶴見区の寝屋川改修工事(昭和2年完成)にも貢献、
       記念碑に「府議・大橋芳太郎の尽力による」と記された。公共事業に私財を投じた
       ため、放出村の自宅は借金の形に取られ、長瀬や生野の借家を転々とし、金銭的
       には全く恵まれなかったという。




大橋房太郎君功労碑(四條畷神社)

六郷修提碑(鶴見区 正因寺内)

「治水翁」・「放出の太閤さん」と呼ばれた大橋房太郎にかかわる史跡を巡る
ウォーキングは寝屋川改修碑」の次に正因寺の境内で「六郷修提碑」と「大橋房
太郎の墓をを見つけました。
先に六郷修提碑を紹介します。

明治18年(1885年)の大水害で、甚大な被害を見た大橋房太郎は治水事業
の重要性を認識し、行政に請願を行った結果、提が低かった六郷川の改修
工事が行われました。



川 を 付 け 替 え よ う 大 作 戦 - 大阪市

六郷修提碑:大阪市鶴見区放出東1-23-11(正因寺内)



              六郷修提碑解説
明治18年(1885)淀川提が伊加賀で決壊し、大阪は有史以来の大
水害に見舞われた、当時大橋房太郎は弱冠25歳、東京で鳩山和
夫氏(元総理大臣鳩山一郎氏の父君)の書生として法学の勉強を
していたが、その惨状を目のあたりにし治水事業の重要かつ緊急
性を痛感するや鳩山総理の許しを辞して大阪に帰り淀川をはじめ
寝屋川、六郷川などの治水事業に命を捧げ世に「治水翁」と尊称
され、庶民からは「放出の太閤さん」呼ばれた。
六郷修提碑には度重なる六郷川の水害に悩む当時の村の様子と
村民を救済するため村長として同川の改修事業に立ち上がり、困
難を乗り越え事業の成功に向かって、いかに尽力されたか、一端
と事業の概要などが記されている。
碑は、当初阿遅速雄神社境内に建立されたが、その後放出大橋の
南側に移され同橋の改修工事に伴い平成15年(2003)7月、本因寺
境内に再度移された、六郷川は、もと旧寝屋川の南沿いを向川と共
に流れていたが、昭和3年(1928)一本化され現在の寝屋川となった。
修提碑の奥に、大橋房太郎氏の墓を中央にして左には氏の後任の
村長、碑の撰文者でもある牛谷彌氏の墓があり右には村会議員で
氏のよき理解者であり片腕とも言われた森田嘉平治翁の顕彰碑が
ある。
ここに眠る今は亡き先人たちの篤き思いが、ここにこの修提碑を呼び
寄せたとの思いが、ひしひしと伝わってくるようである。 



寝屋川改修碑(鶴見区放出東)

6月24日のウォーキングは、4月20日付け産経新聞の「淀川を行く」載っていた
大橋房太郎の墓等、関連の史跡を巡って歩きました。
最初に見つけたのは放出北児童遊園内の「寝屋川改修記念碑」です。

大阪から河内を結ぶ重要な河川であった寝屋川は大雨が降ると度々氾濫
していたので、この地の府会議員で、「放出の太閤さん」と呼ばれていた大
橋房太郎が、府に陳情を行ったおかげで、大正11年(1922年)に改修工事
を開始し、昭和2年に竣工しました。

寝屋川改修記念碑



寝屋川改修碑:大阪市鶴見区放出東1-19(放出北児童公園内)

2017,06,24  00:33 PM



2016年5月勉強会、明治18年淀川大洪水と治水翁大橋房太郎
川 を 付 け 替 え よ う 大 作 戦 - 大阪市



7月2日:22991歩

八幡宮(鶴見区横堤)

大阪市鶴見区の神社めぐりは、残り1社でしたが、6月13日に続いて
6月16日に八幡宮(通称:横堤八幡宮)を参拝して鶴見区の全ての
神社めぐりを終えました。



八幡宮(通称:横堤八幡宮):大阪市鶴見区横堤2丁目8-25



2015,06,16 撮影


6月17日:49809歩

国連と同じ形の「世界平和の鐘」(花博記念公園)

私は過去に何度も花博記念公園(開催時も含め)に行きましたが
広い公園には、まだ見た事のない施設が多くあります、その一つ
が「世界平和の鐘」です。

説明板によると、悲惨な戦争や核兵器の脅威のない平和な世界
をとの願いを込めて、1954年に日本からニューヨークの国連本部に贈
られました、それは当時の国連加盟国、60か国から提供されたコイン
と銅で鋳造されたもので、以来世界平和の鐘は、毎年9月の第3火
曜日、国連総会の開催日に世界の平和を願って打ち鳴らされてい
ます。
この鐘は花の万博「国連ピースガーデン」に設置されたもので、国連本部
のものと同型で、東京に事務局をもつワールド・ピスベル・アソシエーションから
寄贈されたものです。

「世界平和の鐘」(花博記念公園):大阪市鶴見区

2015,06,13 撮影

日本語と英語の現地説明板

記事検索
プロフィール

ahisats3

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ