ahisats3のブログ

ウオーキング中に見つけた神社、史跡、珍しいもの等を紹介します。

宇治市(京都府)

若宮社(宇治市宇治壱番)

京阪電車全線を乗ることができる株主優待券(定期券と同じ大きさで
それで自動改札を通れる)を使っての二日目(1月12日)は宇治市の
神社で、まだ参拝していなかった神社2社を探して参拝しました。
(宇治市の神社めぐりは2018年6月17日と8月12日に実施)
最初に参拝したのが、若宮社です、若宮児童遊園の中にありました。
この神社はグーグルの地図でも出てきません、「若宮児童遊園」が出て
来ますので、それを探すとよいと思います。

若宮社:宇治市宇治壱番                                             2019,01,12  07:54 AM





                  若宮社(由来)
大木の松の繁みの下に小さなお社がありました。
(集会所中央西側)
敗戦と共に人心の荒廃・激動の社会情勢のなか、お社も徐々に老朽化
と破損が重なり、ご神体の安全確保のため宇治神社に保管安置される
ことになりました。
平和で安定した時代となり、第四連合会(社・御旅・五番・若宮・矢落)の
五町会が若宮社の復元を願い、連合会が主体となって地域の関連企業
にご協力、ご援助を頂きながら、以前より神域も広く、お社の屋根・鳥居
も銅板葺きで完成、落慶の運びとなり、ご神体も無事還幸・安置されまし
た。
それに伴って、宇治神社のご厚意とご理解により敷地の借用を頂き、連
合会の長い間の念願であった集会所の建設が叶い、宇治市十四番目の
若宮集会所が完成、地域のコミニケーションの拠点として広く活用しているとこ
ろです。









2月1日:16148歩

竜神総宮社(宇治市五ケ庄広岡谷)

8月12日二度目の宇治市の神社めぐりウォーキングで2社目に参拝した
のが竜神総宮社です。
一般の神社とは違い宗教団体が設立した神社です。

由緒などは分からないのでウイキベティアで調べました。
1963年(昭和38年)に辻本源冶郎により設立された宗教団体であり、
1994年3月11日に代表の辻本源次郎祭主が逝去してからは長男の
辻本公俊(よしとし)が祭主代行として代表を勤めている。 本部は京
都府
宇治市で、他に東京/千葉/新潟にも支部が存在する。 会の目標
は、自然の調和をはかり、豊かな人間性を養うこと。



竜神総宮社:京都府宇治市五ケ庄広岡谷2−332   正式名称は庚申会龍神総宮社。

2018,08,12  04:38 PM












9月1日:67541歩

日本三古橋「宇治橋」

宇治橋は京阪宇治駅の近くにあります、調べているうちに日本三古橋
であることが分かったので、改めて紹介します。

宇治橋

2018,08,12  03:05 PM





                     宇 治 橋
大化2年(646)に奈良元興寺の僧道登によって最初に架けられたと伝えられ、
「瀬田唐橋」「山崎橋」とともに、日本三古橋のひとつに数えられている。現在
の橋は、平成8年(1996)3月に完成したもので、檜製の高欄に青銅製の擬宝
珠を冠し、宇治橋が持つ歴史的イメージを残し、周辺の景観にも調和したデザ
インになっている。上流側に張り出した「三の間」は守護神「橋姫」を祀った名残
とか、豊臣秀吉が茶の湯に使う水を汲ませたところともいわれ、そこからの上流
の眺めは絶景である。


日本三古橋
 宇治橋  :大化2年(646)に奈良元興寺の僧道登によって最初に架けられたと
        伝えられ、「瀬田唐橋」「山崎橋」とともに、日本三古橋のひとつに数
        えられている。現在の橋は、平成8年(1996)3月に完成したものです。
 瀬田唐橋:滋賀県大津市瀬田~唐橋町の瀬田川に架かる橋で。現在の橋は昭和
        54年に架けられました。
 山崎橋  :山城国山崎~橋本間(現在の京都府乙訓郡大山崎町~八幡市橋本間)
        で淀川に架かっていた橋で
現在はありません。

8月31日:21488歩

橋姫神社(宇治市宇治蓮華)

8月12日二度目の宇治市の神社めぐりウォーキングで「手習之古蹟」の次に
橋姫神社を参拝しました。
この神社も源氏物語宇治十帖(一)の「橋姫」に出てくる古跡です。

橋姫神社:京都府宇治市宇治蓮華46

2018,08,12  02:26 PM





                橋姫神社
古代より、水辺、特に橋は心霊が宿るところとされており、橋姫はその
「守り神です。
瀬織津比咩を祭神とする橋姫神社は、明治3年の洪水で流失するまで
は宇治橋の西詰にありました。境内には橋姫神社とならんで、同じく水
の神である住吉神社が祀られています。
交通の要衝として発展してきた宇治にとって、宇治橋はとりわけ大きな
意味を持っており、橋姫神社を巡って数々の伝承を生み出しています。
また、宇治が重要な舞台となっている、源氏物語宇治十帖の第一帖は、
「橋姫」と名付けられており、橋姫神社はその古跡となっています。



               源氏物語 宇治十帖(一)
                     橋姫

その頃、世に数(かず)まへられ給はぬふる宮おはしけり。」と「宇治十帖」
は書き始められる。
 光源氏の異母弟の八宮(はちのみや)は、北方(きたのかた)亡き後、宇
治の地で失意と不遇の中に、二人の姫君をたいせつに育てながら、俗聖
(ぞくひじり)として過ごしておられた。世の無常を感じていた薫君(かおる
のきみ)は、宮を慕って、仏道修行に通い、三年の月日がながれた。
 晩秋の月の夜、薫君は琵琶と琴を弾かれる姫君たちの美しい姿を垣間
見て、 「あはれになつかしう」思い、

  橋姫の心をくみて高瀬さす 棹のしづくに袖ぞぬれぬる

と詠んで大君(おおいきみ)に贈った。
出家を望まれる八宮は、薫君を信じ、姫君たちの将来をたのまれる。
その後、薫君は、自分が源氏の実子ではないという出生の秘密を知ること
になる。          平成十八年十月      (財)宇治市文化財愛護協会


8月30日:19419歩

手習之古蹟「宇治10帖(九)」

8月12日も暑い日でした、二度目の宇治市の神社めぐりをしました。
一度目に見落とした橋姫神社に向かう途中の道路沿いで「手習之古蹟」の
石碑を見つけました。
そばにあった説明板によると、この場所が源氏物語の「手習」に出てくる場
所に当るそうです。

源氏物語:平安時代中期の作で、世界最古の長編小説(およそ100万文字
       400字詰め原稿2400枚に及ぶ)と言われる。天皇の子・光源氏
       を主人公に、貴族たちの恋愛と人生を描いた。
                作者は中宮・彰子に仕えた紫式部。
 
                全54からなり45帖~53帖を宇治10帖と呼び「手習」は10帖の
       九にあたります。

(じょう): 紙や海苔を数えるのに用いる言葉。   美濃紙50枚(大正以前
                 は48枚)、半紙20枚、ちり紙100枚、海苔10枚で、それぞれ一帖。


手習之古蹟 : 宇治市 京阪「三室戸駅」東約5分

2018,08,12  01:22 PM





             源氏物語 宇治十帖(九)
                    手 習(てならひ)
比叡山の横川(よかわ)に尊い僧都(そうず)がいた。初瀬詣(はつせもうで)
の帰りに急病で倒れた母尼を介護するために宇治へ来た。その夜、宇治院
の裏手て気を失って倒れている女を見つけた。この女こそ失踪した浮舟(うき
ふね)であった。僧都の妹尼は、亡き娘の再来かと手厚く介抱し、洛北小野
の草庵に連れて帰った。
意識を取り戻した浮舟は、素性を明かそうともせず、ただ死ぬことばかりを考
え泣き暮らした。やがて秋、浮舟はつれづれに手習をする。

        身を投げし涙の川の早き瀬を しがらみかけて誰かとどめし

浮舟は尼達が初瀬詣の留守中、立ち寄った僧都に懇願して出家してしまう。
やがて、都に上った僧都の口から浮舟のことは、明石中宮に、そして、それ
はおのずと薫君(かおるのきみ)の耳にも届くのであった

                    平成18年10月 (財)宇治市文化財愛護協会 


8月29日:29008歩

槇島城跡(宇治市槇島町)

6月17日の宇治市神社・史跡めぐりウォーキングで最後に見つけたのが
槇島城跡です、城跡を示す遺構が何もありませんが記念碑と案内板
があります。


槇島(まきしま)城跡:京都府宇治市槇島町29−92  槇島公園内





                  槇 島 城 跡
槇島城は、室町時代から安土時代にかけて、ここより少し南の槇島町菌場
・大橋付近にあった城で、足利将軍家の家臣真木島氏が本拠としていまし
た、この地は交通の要衝でもあり、また回りを川で囲まれた天然の要塞にも
なっていた所です。
槇島城が日本史の舞台に登場するのは、元亀4年(173)のこと、織田信長
に追われた室町幕府大15代将軍足利義昭は、京都から真木島昭光がいる
この槇島城に居を移します、しかし、7月18日に追ってきた信長軍勢の豊臣
秀吉・明智光秀・柴田勝家らからは川下の五ケ庄より、また稲葉一族からは
平等院周辺より攻撃をうけ、義昭は昭光等と河内国へ逃走しました、これに
より、城は開城するとともに、室町幕府はこの地で滅びました、この戦いを
槇島合戦と呼んでいます。
その後、信長・秀吉によって城は管理されますが、文禄3年(1594)頃廃城に
なったと考えられます。
この付近は秀吉による堤の築造や宇治川の改修などにより景観がすっかり
変わり、槇島城の位置はもちろん、存在そのものも忘れ去られようとしていま
す、歴史と自然に恵まれた槇島、今日私たちは、この地の豊かな文化を伝え
育むためのシンボルとして、槇島城を記念するものです。
             平成16年9月1日           宇治市教育委員会

槇島公園                               2018,06,17  06:06 PM





7月11日:21530歩

琵琶園跡(宇治市役所)

宇治市役所、庁舎の前で被爆石等のある「平和エリア」のそばに「琵琶園跡」
の石碑と説明板がありました。
この市役所の辺りは宇治七名園の一つ琵琶園の茶畑があった所と言われ
ています。

琵琶園跡:宇治市役所                                                                     2018,06,17  04:38 PM





「森・祝・宇文字・川下・奥ノ山・朝日につづく琵琶とこそ知れ」
の歌で知られる宇治七名園は後世に宇治茶隆盛の基盤とな
った室町時代の名茶円を象徴するものとして伝えられ、また
この琵琶園は当時の名族上林氏によって開かれたともいわれ
ている。

宇治市役所



7月10日:19680歩

「平和のシボルの石」宇治市役所

6月17日、宇治市の神社めぐりを終えて、日没にはまだ時間があったの
で宇治市役所を見たくなり見学に行きました、日曜日で建物の中には入
れませんでしたが、庁舎の前に平和エリアがありました。
そこに広島、長崎から贈られた被爆石と那覇市から贈られた太平洋戦争
で被災した首里城の石が各市長のメッセージとともに展示してありました。

宇治市役所



2018,06,17  04:38 PM



              核兵器廃絶平和都市宣言
真の恒久平和は、人類共通の念願である。
我々は世界最初の被爆国民として、核兵器の恐ろしさを身をもって体験している、
この地球上に再び広島、長崎の惨禍を繰り返してはならない、その為にあらゆる
国の核兵器の廃絶と全面軍縮を世界の人々に訴えるものである。
日本国憲法に掲げられた恒久平和の理念を市民生活の中に生かし、子々孫々に
継承するため、ここに核兵器廃絶平和都市たることを宣言する。
           昭和62年10月8日  宇治市議会決議
           昭和62年10月16日 宇治市告示

  「平和の像」
  核兵器廃絶平和都市宣言を喫機に、市民の募金により、宇治市の平和のシンボル
  として、昭和63年8月に建立されました、純真な乙女が、宇治市の宝木である「茶
  の木」の花で髪を結い、天空高く飛び立とうとする鳩を頭上に掲げ、理想の彼方を
  見つめて世界の恒久平和を祈っています。                        製作 藤庭賢一氏


   広島市から贈られた旧広島市役所庁舎の被爆石

              宇治市民の皆さんへ
 これは、1945年8月6日、人類史上初の原子爆弾によって被爆した広
島市役所旧庁舎の敷石です。
 この石が、宇治市の皆さんとともに、核兵器の廃絶と世界恒久平和を
願うヒロシマのメッセージを伝え続け、憎しみや恐怖から解放された、核のな
い平和な世界が一日も早く実現することを心から願っています。
                  平成16年8月15日 広島市長 秋葉忠則

    長崎市から贈られた川の護岸の被爆石

              宇治市民の皆さんへ
 戦争の悲惨さと原爆の脅威を身をもって体験した長崎市民は、このような
悲惨な体験を繰り返してはならないと、一貫して核兵器廃絶と世界恒久平和
の実現を訴え続けています。
この石は、被爆当時、爆心地の側を流れる下の川の護岸に使われていたも
のです。
宇治市民の皆様が、真の平和とは何かを考えるとき、原爆の惨禍を目のあた
りにしたこの石が、核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に大きく寄与することを
願います。              平成16年8月15日     長崎市長  伊藤一長


    那覇市から贈られた 戦争で被災した首里城の石

                 宇治市民のみなさんへ
この度 宇治市長からの要請により 去る沖縄戦で被災した首里城公園の
石をお送りします
この石に 悲惨な戦争の記憶を決して忘れず 二度と戦争は起こしてはなら
ないという決意を込め 一刻も早く、恒久平和が実現されるとこを 宇治市民
のみなさんとともに願っています。
                    平成16年8月15日  那覇市長  翁長 雄志


7月9日:26770歩

東屋観音(宇治市宇治東内)

宇治市神社めぐりウォーキンクで゙12社目に参拝した彼方神社のそばで
石造観音を見つけました。
道路拡張でこの場所に移動されたものでした。

東屋(あずまや)観音:京都府宇治市宇治東内

2018,06,17  03:58 PM



                 東屋観音移転之記
東屋観音として親しまれるこの石仏は、鎌倉時代に造られた聖観音菩薩坐像で、
宇治市指定有形文化財に指定されています。
坐像はもと現在地の南西20メートルのところにありましたが、宇治橋が架け替わり
道路が拡張されたことにともない、同所にあった江戸時代の灯籠や宝篋印塔など
とともにこの場所に移し整備復元をしました。
                           平成8年8月5日 宇治市教育委員会


       宇治市指定文化財  石造聖観音菩薩坐像 一軀
         像高  115センチメートル
         鎌倉時代
         昭和48年3月30日指定
この石仏は、花崗岩に厚肉彫りされた聖観音菩薩坐像である、別の石で作ら
れた蓮華座に坐し、その上に二十円光を負い、宝冠をつけ右手は施無畏印を
捧げて結跏趺坐する。
鎌倉時代後期の作品と考えられ、俗に東屋観音と呼ばれ、地元の信仰が厚い。
                       昭和57年3月  宇治市教育委員会


一軀(いっく);地蔵尊は、一尊、一体、一躯、一軀、一基と複数の数え方があり、
          文化財としての数え方は、一体、一軀、一基。
施無畏印(せむいいん):右手を上げ手を開いて手のひらをこちら側に見せる形で
                  説法を聞く人の畏れを取り去る(緊張を和らげる)
、              

彼方神社(宇治市宇治乙方)

宇治市神社めぐりウォーキンクで゙12社目に参拝したのは彼方神社です。
社名「彼方」の由来は、川(宇治川)が流れ落ちる彼方とする説と、宇治橋~
三室戸に至る宇治大路の、大路方(オオジカタ)がオチカタと転訛したとする
説があります。

彼(おちかた)神社:京都府宇治市宇治乙方62-1







「源氏物語 宇治十帖」の「椎本」は、この付近のことです。

           「源氏物語 宇治十帖」(二)
         椎 本(しいがもと)
春、花の頃、匂宮は、初瀬詣出の帰路、宇治の夕霧の山荘に中泊りし、お迎
えの薫君やお供の貴族たちと音楽に興じた。楽の音は対岸の邸にもよく通い
、八宮は都にいられた昔を偲ばれた。
薫君から二人の姫君のことを聞き、ゆかしく思っていた匂宮は、宇治に消息を
送ったが、返事はいつも妹の中君がなさるのだった。
薫君は八宮を仏道の師と仰いで、宇治を訪れ、姉の大君に強く心をひかれて
いく。
八宮は死期の近いことを感じ、姫君たちに身の処し方について遺言し、依頼し
ている薫君に頼み、秋も深いころ、阿闍梨の山寺で、さみしく静かに波乱の生
涯を閉じられた。
    たちよらむ 蔭と頼みし椎が本 むなしさ床に なりにけるかな
                   平成18年10月 (財)宇治市文化財愛護協会

匂宮(におうのみや)
『源氏物語』に登場する架空の人物の通称。「兵部卿宮匂(におうひょうぶきょう
のみや)」とも。第三部「宇治十帖」の中心人物の一人。
光源氏の孫。今上帝の第3皇子。宇治十帖の主要人物で、薫と浮舟をめぐって争う

薫君(かおるのきみ)
表向きは光源氏の次男(実は柏木の長男)。

大君(宇治の大君)
八の宮と北の方の間に生まれた長女で、思慮深くしっかりした性格の上品で気高い
姫君。


7月8日:24574歩
記事検索
プロフィール

ahisats3

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ