ahisats3のブログ

ウオーキング中に見つけた神社、史跡、珍しいもの等を紹介します。

三重県

猿田彦神社(伊勢市宇治浦田)

1月7日の日帰りツアー旅行、伊勢神宮(内宮)参拝は約1.5時間の自由時間
 があったので、内宮を参拝後、私は一人で近くを散策して「猿田彦神社」を
 見つけて参拝しました。

猿田彦神社:三重県伊勢市宇治浦田2丁目1−10    2019,01,07 02:40 PM







                 猿田彦神社
  鎮座地 伊勢市宇治浦田2丁目1番1号
  御祭神 猿田彦大神(主神) 大田命(相殿)
  例祭   4月4・5日 11月4日・5日
  主な祭典 御田祭(5月5日)
         佐瑠女神社例祭(8月18日)
         清砂頒布始祭(12月5日)
 猿田彦大神は天孫瓊々杵命をこの国に御案内された後、ここ伊勢の狭
 長田五十鈴の川上の地を中心に国土の開拓・経営に尽くされた地上神
 と伝えられています。
 また大神の御裔の大田命は、皇女倭姫命が神宮御鎮座の地を求めて
 巡歴されたときに大神以来護り続けてこられた聖地を献り、伊勢の神宮
 が創建されました。
 当社はその直系の子孫が祖神を祀ってきた神社であります。
 大神は全てのことに先駆け、人々を善い方に導き、世の中の行方を開く
 「啓 行」の神として識られています。
 その信仰は全国的に広がりをもち、方位除・災除・地鎮・事業繁栄・交通
 安全・開運などの御祈祷が連日行われています。
 毎年5月5日に斎行される御田祭(県・無形文化財)も古い伝統にもとづい
 ています。


1月19日:19856歩

おかげ横丁(伊勢神宮 内宮前)

伊勢神宮(内宮)のそばにある「おかげ横丁」を紹介します。
お土産店などの約60の店舗があり、観光客が多いのに驚きました。
赤福もちの出来立てを食べれる食堂は順番待ちの番号札が出ていた程
でした。

「おかげ横丁」は江戸時代の頃から伊勢に存在するイメージがありますが、
実は開業したのが第61回神宮式年遷宮が執り行われた「1993年(平成5
年)7月16日」と、比較的、歴史は浅いの
です。

現在では年間約500万人もの人が訪れる伊勢における一大観光スポットで
もあり、約2700坪もの敷地があります。

これはもはや、一種の一大テーマパークとも言い換えることができます。

おかげ横丁(伊勢神宮 内宮前)                                         2019,01,07  02:15 PM







1月18日:24556歩

伊勢神宮(内宮)

伊勢神宮(外宮)の次に内宮を参拝しました。
外宮と内宮の距離は約5kmあります。

伊勢神宮(内宮):三重県伊勢市宇治館町1                                 2019.,01,07  01:39 PM


第一鳥居(上の画像)の後ろに架かる「宇治橋」日本百名橋の一つ 日本百名橋 - Wikipedia



                 皇大神宮(内宮)
 御祭神 天照大御神
 御鎮座 垂仁天皇26年
天照大御神は皇室の御祖神であり 歴代天皇が厚くご崇敬になられて
います また私たちの総氏神でもあります。
約二千年前の垂神天皇の御代に皇居をお出になり 各地をめぐられた
のち この五十鈴川のほとりにお鎮まりになりました 20年に一度神殿
をお建て替えする式年遷宮は千三百年余り続けられ 平成25年10月2
日に第62回式年遷宮が行われました。

五十鈴川







伊勢神宮(外宮)

1月7日の日帰りバスツアーは二見ヶ浦で昼食後、伊勢神宮(外宮)へ参拝
しました。
「伊勢神宮」とは通称であり、正式名称は地名の付かない「神宫(じんぐ
う)」で他の神宮と区別するため「伊勢の神宮」と呼ぶこともあり、親しみを
込めて「お伊勢さん」「大神宮さん」とも称され神社本庁の本宗(ほんそう)
です。

明治時代から太平洋戦争前までの近代社格制度においては、全国約10
万社の全ての神社の上に位置する神社として社格の対象外とされました。
伊勢神宮には、内宮と外宮があり、まず外宮から参拝しました。

伊勢神宮(外宮):三重県伊勢市豊川町279                                   2019,01,07  00:27 PM



              豊受大神宮(外宮)
 御祭神 豊受大御神
 御鎮座 雄略天皇22年
豊受大御神はお米をはじめ衣食住の恵みをお与えくださる産業の
守護神です。
約千五百年前の雄略天皇の御代に丹波国(現在の京都府北部)
から天照大御神のお食事をつかさどる御饌都神としてお迎え申し
上げました
御垣内の御饌殿では 毎日毎夕の二度 天照大御神に神饌をた
てまつるお祭りがご鎮座以来絶えることなく行われています。
御遷宮は内宮と同じく20年に一度行われ 平成25年10月5日に
第62回式年遷宮が行われました。










1月17日:21072歩

江神社(伊勢市二見町)

1月7日の日帰りツアー旅行、二見ヶ浦で昼食後、約1時間の自由時間が
あったので、私は一人で近くの江神社を探して参拝しました。
調べたら伊勢神宮が管理する「神宮125社」の中に入っていました。
内宮摂社の27社のうち序列17位の神社です。
神宮125社の一覧 - Wikipedia

江神社:三重県伊勢市二見町江明神奥992             2019,01,07  11:29 AM








昼食をした場所にとまるツアーのバス (伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス)


このような案内板をみつけ栄野神社を探して歩いたのですが、
栄野神社は見つからず江神社が見つかったのです。

江神社はこのような森の中にありました、地元の方に栄野神社の場所を
聞いたのですが、聞き間違えたのか、江神社を教えてくださったのです。



1月16日:18481歩

契りの松(興玉神社境内)

興玉神社境内の境内で「契りの松」を見つけました。


契りの松:伊勢市  興玉神社境内                                2019,01,07  10:33 AM





                 「契りの松」
江戸時代末期の お蔭まいりと伊勢参詣が最も賑わった頃 阿波国
(徳島県)より若い男女がこの二見浦の浜で身を海水に浴み水垢
離(みそぎ)をし着物を松の木にかけて結び夫婦の契りと子孫の
繁栄を祈願したところから「ちぎりの松」と呼ばれている。
昭和28年9月25日の台風13号により流失したままであったが、平
成3年5月23日ここにおよそ40年ぶりに昔ながらに再現したもので
ある。


浴み(あみ):入浴のこと。
みそぎ(禊):罪や穢れを落とし自らを清らかにすることを目的とした
 、神道における水浴行為である。不浄を取り除く行為である祓の一
  種とされる。  類似した行為に水垢離と呼ばれるものがある。
  このほかにも、禊祓を省略して禊とよぶこともある。
  禊祓は、禊と祓を合わせた概念で、夏の季語である。


1月15日:40430歩

二見蛙(二見興玉神社)

二見興玉神社の境内のあちこちに蛙の置物がありましたが、説
明板によると、後利益を受けられた方々が、そのお礼に献納した
ものだそうです。

二見蛙:二見興玉神社                    2019,01,07  10:30 AM



              二見蛙について
当神社の御祭神猿田彦大神は天孫降臨の際又伊勢神宮鎮座の時
に道案内された(古事記・日本書記)ので交通安全の守護神として広
く信仰されております蛙は大神の御使いと信ぜられ境内に沢山ある
置物は無事かえる貸した物がかえるなどの縁起により後利益を受け
られた方々の献納によるものです。         二見興玉神社




「鳶」を写す(天の岩屋)

夫婦岩のそばに「天の岩屋」と呼ばれる、天照大神がお隠れになったとさ
れる洞窟がありますが、丁度その沖の岩にトンビがとまっていました、トンビ
は以前写したことがありますが、うまく写すことが出来ませんでした、今回
は上手く写すことができました。

天の岩屋:伊勢市二見町江                                         2019,01,07  10:21 AM











1月14日:44493歩

夫婦岩の大注連縄(伊勢市二見町江)

興玉神社の境内の沖にあった夫婦岩は有名ですが、縄の大きさや
張替が年3回行われることなど詳しいことが分かったので紹介します。

夫婦岩の大注連縄(おおしめなわ):伊勢市二見町江          2019,01,07  10:19 AM





               夫婦岩
夫婦岩は、沖合700mの海中に鎮まる興玉神石の皇居と見なされ
ており、日の出の遥拝所として古くから知られています。
男岩と女岩を結ぶ大注連縄は、「結界の縄」と称され大注連縄の向
うを常世神が太平洋の彼方から寄りつく聖なる場所、そして手前を
俗世という隔りを持ち張られています。
この大注連縄は、およそ650年前(文保年間)、既に張られており、現
在も氏子により大注連縄張替の神事が年3回、5月5日、9月5日、12
月中旬の土・日曜日に行われています。
夫婦岩の大きさは、男岩 高さ9m、女岩 高さ4mで二つの岩を結ぶ大
注連縄は長さ35m、男岩に16m。女岩に10mが巻かれ、その間9mあ
ります。
夫婦岩の間からの日の出は5月から7月頃が見ごろで、その絶景は深
い感動を与えています。

 
PIC_0217




1月13日:55714歩






















二見興玉神社(伊勢市二見町江)

1月7日は日帰りバスツアー「伊勢神宮 内宮外宮初詣と禊の地二見ヶ浦」
に参加しました。
集合時間が朝早く梅田6時50分でした、最初に着いたのが二見ヶ浦で
した。
有名な夫婦岩は二見興玉神社の中にありました。

二見興玉(ふたみおきたま)神社:三重県伊勢市二見町江575     2019,01,07  10:25 AM









               二見興玉神社 由緒
   祭神 猿田彦大神 宇迦御魂大神
 垂仁天皇の御代皇女倭姫命 天照皇大神の神霊を奉斎して此の二見浦に
 御船を停め神縁深き猿田彦大神出現の神跡である海上の興玉神石を敬拝
 し給う 即ち夫婦岩に注連縄を張り設けたが其后 天平年間 僧行基 興玉社
  を創建す 明治に至り宇迦魂大神を合祀して二見興玉神社と称する古来 日の
   出の名所としてまた伊勢神宮の禊所として有名である。


1月12日:43104歩
記事検索
プロフィール

ahisats3

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ