4ca68415.jpg
普段全然更新しないナマケモノなラブですが、今年最後に色々と綴ってみようかな。


そんなわけで。

みなさん、2015年どんな1年でしたか?

ラブ個人の話をすると、色んな意味で別れと出逢いが多い年だったな、というのが今年の印象。


せっかくなので今年だけではなくここ2~3年のことも交えて語らせてくださいな。


一昨年の春。
高校中退しているラブにとっては少し遅い青春時代となった恵比寿マスカッツの解散がありました。

正直、佐山愛としてデビューした時、自分が何年この業界で生きていくのか、生きていけるのかなんて想像もしていなかったけど、これだけは言えること。

きっと5年間マスカッツのメンバーとしてやっていなかったら、今頃引退してただろうなって。

これだけ入れ替わりの激しい業界で、顔もスタイルもキャラも特別優れたものを持っているわけじゃない私が生き残っているのは、やっぱり"マスカッツメンバー"というネームバリューがあったおかげだろうし、自分自身まだ頑張りたいなと思う理由にもなっていたから、佐山愛を生き続けることができたんだと思う。

だからそんなマスカッツが解散して、なんだか"やりきった感"みたいなものをすごく感じたし、ちょうどその頃体を壊しててぼちぼち引退も近いかな~なんて思ったりもした。

ただ、元々マスカッツのために佐山愛を始めたわけじゃないし、せっかくそこで得たたくさんのものがあるのにここで終わらせるのもちょっともったいないというか、何か違うかな?っていうのもあって。

少しお休みをもらって(一部のお仕事はやりつつ)体の調子も良くなったし、まだお仕事があるなら頑張ってみようかなと思えて現場復帰したのがマスカッツ解散から4~5ヶ月後だったかな。

で、ちょうどその頃、ひょんなことで出逢った人が色んな意味でたくさんの刺激をくれたし私の価値観を大きく変えるキッカケになって、その人のおかげもあって更にそこからお仕事頑張ろうって思えた。

なんかね、お休みしてる間って色んなこと考えるわけで。

とても難しいんだけど。。ふと、この職業って、私って孤独だな、って思うときがあるのね。

「佐山愛」は事務所やメーカー、そしてファンあってこそのものだけど、替えはきかないしその本体に少しでも支障が出たら成立しないわけで。
あくまで商品だから、商品として成立しなくなるとそれはもう不良品でしかなくて、何の価値もなくなっちゃうんだろうなって。
そんなことを考えてたら、結局「佐山愛」って私自身なんだって、他の誰でもなく私しか作れないものなんだって。

何かふとしたときにそれがとても孤独に感じるの。

うん、やっぱりこの感覚伝えるのって難しい。。。笑

まぁとりあえず、何だか虚しさや寂しさや恐怖と孤独を感じるわけです。

ただ、その孤独感って私だけじゃなく、この職業だけじゃなく、みんな感じることだし当たり前なことなんだなって。

それに気づけたのはそのひょんなことで出逢った人のおかげ。

だからこそ、支えてくれる仲間やファンの存在って本当に大きくて。
まだまだ佐山愛を生きてみたいって思えたんだよね。


そこから1年弱。
色んな事情があって、当時所属していた事務所を辞めたラブさん。

元々、佐山愛としてデビューした時は違う事務所にいて、そこから移籍してお世話になっていた事務所だったから、引退までそこで頑張るつもりだったし、そこでやっていけないなと思ったらその時は引退のときかな、と考えていただけに、辞めるという選択はとても勇気がいった。
けども、一旦リセットするためにも地元に帰ってゆっくりしたいなって思って。


そこから数ヶ月、何も言わずこのまま引退というのは自分自身モヤモヤしていたのもあって、まだ私にお仕事があるなら、これを機に環境を変えてリスタートできたら、と思って相談させてもらったのが今の事務所。

デビューして既に7年、もういい加減潮時でしょって感じの私を「ちゃんとやる気があるならしっかり面倒見るよ」と言って迎え入れてくれたティーパワーズ。

本当に感謝です。

そんなこんなでリスタートできた佐山愛。

今まで以上に公私ともに充実させるぞー!と意気込んだのが去年のお話ですね。


そうこうして今の事務所にも馴染んできた今年の春、またまたひょんなことで出逢った人のおかげで色んなことが変わったと思う。

まぁそれは占いなんだけどね。

そういうの信じない人も多いだろうけど、ラブは占いとかってそれだけに頼るのはちょっと違うけど参考にしたりキッカケにするにはとても良いことだと思っていて。

その時占ってもらったことを参考にちょっと動いてみたら、今まで必要以上に背負っていた荷物がなくなって自分自身の余裕がすごくできたの。

その少し前にちょっとしたトラブルがあったり他にもモヤモヤすることがあって、まぁ結局どんなことも元をたどっていくと自分に理由があるものだし、そこはちゃんと受け止めなきゃいけないことなんだけど、どうにも消化しきれないこともやっぱりあるわけですよ。

自分の中で大事なものがたくさんあって、けれど何かを優先するために何かを犠牲にしなきゃいけない、そういう選択をしなきゃいけないことが多々あってちょっと疲れてたというか。

だけど、何でもやっぱり意味があるんだなって、優先するものには優先するだけの意味と結果が、犠牲にするものには犠牲にするだけの意味と結果がちゃんとついてくることを身をもって感じたの。

占いってすごいなぁ~と思った。

そうやって自分の中で常に色んなことを整理しながら生きてみたら、いつもちゃんと余白ができるようになったからすごく楽だし視野も広くなってワクワクが止まらなくなったの。

ラブって単純。笑

けど本当そのおかげか、失くしたものや手放したもの以上に素敵な出逢いがどんどん増えて。

今まで自分がどれだけ小さい世界で生きていたのか、どれだけ小さなことに固執して生きていたのかが分かったから、そこから本当に世界が広がった。


物でも人でも仕事でも何でもそう。

出逢いと別れを繰り返していくからこそ、昔から変わらずあるものはより繋がりが強くなって愛おしいし、その分失くした時は辛いけどもその代わり新たな出逢いに感謝できる。

おもしろいね。


そんな感じで、今年は仕事面では事務所にもすっかり馴染んで良いリスタートができたなと実感しているし、私生活でも刺激のある楽しい日々を過ごせたなって思う。


てか、あの時あのまま引退しなくて本当に良かったなぁ。笑

まぁここで色々言うと何かと角が立つこともあるので割愛するけども、この1年本当に楽しくお仕事できてるし、パートナーとして信頼できる関係がちゃんと築けることの重要性、素晴らしさをすごく感じているのです。

来年の春でデビュー9周年になるけど、まだまだ佐山愛を生きていけるなって心から思えるもの。

佐山愛でいるから見れる景色や出逢える物や人、それは私にとって素敵な宝物たち。

だからまだまだそういった宝物を増やしていきたいのです。


ってめっちゃ長くなったな。。。

そろそろ締めますか。

うん。
2015年、ありがとう!

そして2016年もHappyに過ごせるよう、がんばろっと!


みなさん、良いお年を!