派遣従業員・ムッシュショボーンです

派遣契約社員ムッシュショボーンの様々な思いをつれづれなるままに書きました。 食べ物、生活など。

鹿児島(一部宮崎県)灯台巡りの旅74・2022年12月31θ娶翦

sukiyasngominamata

鹿児島(一部宮崎県)灯台巡りの旅73・2022年12月31ィ複裡耽緞鸚渋そ蠅離ぅ襯潺諭璽轡腑

jnc 温泉の後、再度イルミネーションを走っていると見ることになりました。何だこの凄いイルミは?それもそこそこ広範囲で光っています。バイクを停めて歩いてみました。JNC水俣製造所のイルミネーションであることがわかりました。熊本県水俣市野口町1-1。時刻は夜7時前後。綺麗でした。
 

鹿児島(一部宮崎県)灯台巡りの旅72・2022年12月31

yunokojima 灯台巡りは前記事の分で終わり、岐路につくことになりました。灯台訪問終了で後はひたすら急ぐことなく帰るだけです。灯台を探す必要がなくなったので銭湯、温泉に入って帰宅というスタイルとなりました。
 ナビで調べて最寄の銭湯、温泉を調べて向かったのが白梅湯裸楽(しらうめゆらら)温泉。4時半ころに最後の灯台(米ノ津港西防波堤北灯台・鹿児島県出水市)を終えてから走っている内、町並みは賑やかな雰囲気から静かな山間部を走ることになり、目的地に着くまでに温泉街の雰囲気を感じるようになりました。けれど、寂れた町並み。ここは鹿児島県から熊本県水俣市に入っています。
 白梅湯裸楽(しらうめゆらら)で入浴しました。寂れてはいるものの、温泉街での入浴は癒されました。情緒があります。昭和の高度成長期の好景気にはきっとここに旅行に来ていた人が沢山いたのでしょう。 
 小さな島の湯の児島へ渡る橋にはイルミネーションがされ、幻想的で綺麗でした。

鹿児島(一部宮崎県)灯台巡りの旅71・2022年12月31

hyoutan

鹿児島(一部宮崎県)灯台巡りの旅70・2022年12月31

faminagasima

鹿児島(一部宮崎県)灯台巡りの旅69・2022年12月31

tosimafamima十島運動公園で朝を迎えました。
 朝食はファミマ運動公園前店でイートインで食べました。

鹿児島(一部宮崎県)灯台巡りの旅68・2022年12月30

daikonkai この日の晩御飯はだいこんの花で晩御飯(鹿児島県阿久根市)。1100円。
 豚カツ?&うどんのセットで1100円なら満足でした。
 入浴はビジネスホテルクアドーム400円。そして多分テントは十島村総合運動公園だったと思います。

鹿児島(一部宮崎県)灯台巡りの旅67・2022年12月30長崎鼻灯台

nagasakihanamonyu 長崎鼻灯台に行きました。ここでもちょっと変わった魚のオブジェが。一応口の中に座れるようになっているみたいでしたが、ちょっとその気になれませんでした。
 ただ、灯台の景観自体はすごくいいなと思いました。時刻は5時前。夕陽に少し染まった景色がすばらしかったのでした。

鹿児島(一部宮崎県)灯台巡りの旅66・2022年12月30ζ擦留

mitidandan 黒之浜港西防波堤灯台の後、道の駅黒之瀬戸だんだん市場に寄りました。ここで今回の旅の土産を買いました。
丸ごとしろくまプリン、かつおうんまか煮、かつお味とろ身、桜島鶏炭火焼塩こしょう、ぼんたん飴。
 この道の駅に貝殻で作られた魚のオブジェがありました。横から見ると違和感ありませんでしたが、正面から見ると目が怖い!!きっと誰もかわいいと思わないと確信しました。

鹿児島(一部宮崎県)灯台巡りの旅65・2022年12月30ゾ平瀬鼻灯台

kobirasetodaisyousya

鹿児島(一部宮崎県)灯台巡りの旅64・2022年12月30日

satumaitinoe

鹿児島(一部宮崎県)灯台巡りの旅63・2022年12月30日

akunekuratu

鹿児島(一部宮崎県)灯台巡りの旅62・2022年12月30日羽島崎神社

hasimasakijinjya どの灯台だったか忘れましたが、探している内に立ち寄ったのが羽島崎神社でした。せっかくなんで写真も撮っていました。宮司さんがいらっしゃって、この神社の中にはゴンザ神社もあって、ゴンザさんが祀られているのでした。ゴンザさん?記事を書いている今調べました。
 ゴンザさんは薩摩の漁師の子で、親子で大阪行きの貨物船に乗り込んだけれど嵐にあって結局ロシアのカムチャッカに漂着したとのこと。彼はロシアでロシア語を学び、世界初の露和辞典を作ったという。辞典の日本語がこの地の使い方のようなので、彼はここの土地の人とみなされここで祀られているようでした。わかったようなわからないような・・・
 宮司さんとの話も時間が経ち、失礼させてもらうような話になったら宮司さんは僕に記念品の湯のみをくれました。賽銭もしてなかったのに頂けて有難かったのでした。親切な宮司さん、有難うございました。

鹿児島(一部宮崎県)灯台巡りの旅61・2022年12月30日

joykamo かもめ公園で朝を迎えました。この日の朝食はジョイフル鹿児島市来店。438円。

鹿児島(一部宮崎県)灯台巡りの旅60・2022年12月29日

kamometent この日の晩御飯は丸亀製麺いちき串木野店790円。ここも全国展開チェーン。これからの飲食店は効率化を進めるとチェーン店に淘汰されていくのだろうかと思いました。それはさておき、やはり安心の店。
 この日はかもめ公園でテント。

鹿児島(一部宮崎県)灯台巡りの旅59・2022年12月29日

kusikino

鹿児島(一部宮崎県)灯台巡りの旅58・2022年12月29日

kisukase 年の瀬のこの日のここの漁船は初漁に備えて漁船に旗を付けて飾っていました。もう何度も見る経験はしているものの、見る度にああ、もうこんな時期なんだと感じます。年末年始をこうして感じられるのは風情があっていいです。 
 昼食は越路浜食堂でキス天ぷら定食850円を食べました。美味しかった。また、小鉢も多くて食事を楽しめました。
 食後はホットコーヒーを飲もうとファミマが見つかったので店内でちょっとゆっくりしました。早々と店内には小さなお鏡餅が飾ってました。

鹿児島(一部宮崎県)灯台巡りの旅57・2022年12月29日

nomakataura

鹿児島(一部宮崎県)灯台巡りの旅56・2022年12月29日

sioasajoi 汐見公園で朝を迎えました。昨夜は風が強かったので公園の遊具の足場の影にテントを入れてロープで固定しました。この遊具は使用禁止のテープが巻かれていました。最近の児童用のこうした設備が危険との判断だったのかもしれません。
 ジョイフル枕崎店に入って朝食を食べました。いつものことながら、朝から開いているファミレスは有難いのです。フライドエッグモーニング328円(ドリンクバー付)

鹿児島(一部宮崎県)灯台巡りの旅55・2022年12月28日

yottomakura この日寝る汐見公園に戻り、寝る前に隣のテーブルでお酒を飲んで体を暖めてから寝ました。
 この公園のすぐ近くに枕崎市海洋センターの建物があり、そこに一隻のヨットが展示されていました。説明によると、枕崎港から米国へ横断したヨットだということです。記事書いている今調べました。 
 ※ガンバリ号・・昭和59年に日系2世のアリス・オツジ・ヘイガーさんが一人で太平洋を横断した際に使用したヨット。
 確かに単独ヨットで太平洋横断は偉業ですが、僕は中高生の頃、1962年に堀江謙一氏の小型ヨットによる無寄港太平洋横断の本「太平洋ひとりぼっち」を読んでいました。無線設備も積載してなかったと思います。密出国、密入国のリスクを犯してでも行ったことに感動しました。

鹿児島(一部宮崎県)灯台巡りの旅54・2022年12月28日枕崎駅周辺

makurazakinoyoru 入浴と晩御飯を終えたのが夜7時頃。寝るまでの時間が空いているので再度枕崎駅周辺を散歩することにしました。
 無人駅の枕崎駅。レトロな感じでいいです。ここに最新のビル建築での駅は建ててもらいたくないです。絵になる、詩になる風景です。
 無人駅ということもあって、使用済みの切符入れのボックスがあり、ここに切符を買っていない人がお金を降りた時に入れるようになっていました。完全に性善説に人を信じて性善説で営業しています。すごい!
 駅前には鰹のバラ売り行商像がありました。説明によると明治28年の台風により、60隻の鰹漁船の内、29隻が失われ、411名の死者が出たという。この遺族達の救済活動で始められたのが「カツオ節行商」とのこと。歩いて売りまわるって大変だったんだなと思いました。
 
  

鹿児島(一部宮崎県)灯台巡りの旅53・2022年12月28日入浴と晩御飯

makurabangohanfuro テント場所が決まって一安心。幸い枕崎駅周辺には銭湯、飲食店には困ることがありませんでした。
 入浴は「ひとっ風呂」。面白い店名です。420円。入浴後はコーヒー牛乳。腰に手をあてて飲み干しました。 
 さて晩御飯は駅前の「一福」看板には「枕崎は鰹節日本一!」とありました。食べたのは鰹定食1210円。ここも価格の割りにリーズナブルな印象でした。美味しかったし、落ち着けました。旅を味わえました。
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント