2017年06月14日

短答試験合格発表@近畿経済産業局

 昨日、打ち合わせのため近畿経済産業局の知的財産室に伺いました。そうすると、入り口に短答試験の合格発表の紙が貼られていることに気づきました。

 たしか、ウェブサイトより発表が早く、少しでも早く知りたい方は直接ここに見に行くことを知っていましたが、ここだったんですね。

 普通の合同庁舎の知的財産室のドアの真横に縦一列にプリントアウトされた合格者の番号が記載された紙が普通に貼られているだけでした。こんな感じなんだー、と初めて知りました。

 とはいうものの、ウェブでの発表前に見に来られる方はどきどきして張貼り出されるのを待ち、声をあげて喜ばれたり、涙を流したりというドラマがここで起こっているんだと思うと胸が苦しくなりました。

aichanpapa1 at 22:20|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年05月29日

実家までランニング、途中で寄り道

IMG_3341 実家まで約10kmの早朝ランニングをしてきました。ちょっと寄り道して、母校の前も通って来ました。

30年前に通っていましたが、外観も含めほとんど変わっていませんでした。
一つだけ変わったところといえば、耐震補強されていました。


なんか、人生の残り時間と、これからどのように歩みべきか、考えてしまいました。。。

aichanpapa1 at 06:06|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年05月21日

弁理士の日記念「知財ふれあいフェスティバル」

今年も7月1日にツインタワーで行います。
イベントの部と講演の部の二本立て!

知財に興味がある大人の方は講演へ、小学生以下のお子様をお連れの方はイベントにご参加頂けると楽しめると思います。

講演の部の今年のテーマは「AIと知財」。
イベントの部は、サイエンスショーに加え、小さなお子様でも楽しめる新たな工作も登場します。
ぜひお越しください。私もスタッフとして、参加します。

詳しくはこちらをクリック!!

aichanpapa1 at 20:49|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年05月19日

平成29年度弁理士試験統計

 特許庁から今年度の志願者数が発表されています。私が受験した頃に比べて半減です。しかし、一定レベル以上ないと合格できないので、合格率が高くなるということではないですね。

 年齢別でみると、ボリュームゾーンは30代、40代です。しかし、平均年齢は昨年より0.2歳アップして、41.7歳。注目すべきところとして、女性の比率が17.7%から19%と少しアップしていること。女性の仕事としても、弁理士という職業は魅力あるものと私は思っています。

 志願者統計は、こちらをクリック。

 将来的にはAIが、、、っていうことも言われていますが、本当にそうでしょうか?AIに負けないように、付加価値を生み出せるように日々精進です。。。

aichanpapa1 at 12:27|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年05月16日

弁理士会近畿支部からの眺め

IMG_3308今日は国際情報委員会に出席のため、近畿支部に来ています。

25階にあるので、とても眺めがいいですね。

この写真はエレベーターホールからの眺めです。

開発が進んでドンドン風景が変わっていっています。

aichanpapa1 at 16:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年05月10日

出願審査の請求の回復申請状況

平成26年の法改正により、特許出願の審査請求期限を徒過した場合でも、「正当な理由」があれば、所定の期間内に審査請求を認めてもらえることになりました。この措置は、
国際調和の観点からPLTに準拠した救済規定を整備するために導入されています。

特許庁は、この救済認否が第三者への影響が大きいということから、回復理由書が提出された出願を定期的に知らせる運用を行っています。こちらをご確認下さい。




そこで、いくつか、どのような理由で申請されているのか見てみました。
・業務の引き継ぎが不十分(産休のため派遣社員に引き継いだが不慣れであった)→認められず。
・電子メールの不備(電子メールで外国代理人になんどか問い合わせたが、電子メールが一届いていなかった)→認められず。
・事務管理体制の不備(ベテラン事務員の退職に伴う混乱)→認められず。

「正当な理由」は「責めに責めに帰することができない理由」よりは緩やかのようですが、認めてもらうにはなかなか厳しいようですね。



(下記は、私がまとめ、以前にもアップしたと思うメモです。)

■特許出願審査請求の手続き期間徒過に対する救済(48条の3)

<内容>
・審査請求期間を徒過した場合であっても、「正当な理由」があるときは、「その理由がなくなった日から二月以内」でかつ「期間経過後1年以内」であれば審査請求をすることができる。
・みなし取り下げ後にこの救済により特許出願が回復した場合は、「取下擬制掲載の公報発行後審査請求掲載の公報発行前」に「善意」で「日本国内」において「実施等している者」は通常実施権を有する。

<留意事項>
・補償金請求権も同様に行使が制限されるものと思われます(条文が見つけられませんでした。)。
・このことが分かるように新たに特許公報が発行されることになった(193条2項4号)。

<責めに帰することができない理由と正当な理由の相違>
・「責めに帰することができない理由」とは、天災地変や本人の重篤のような客観的理由により手続きをすることができない場合のほか、通常の注意力を有する当事者(原特許権者等)が通常期待される注意を尽くしてもなお避けることができないと認められる理由を示すと解されています。当事者に過失がある場合は、この「責めに帰することができない理由」があるとはいえないものと考えられています。
・「正当な理由」は、「責めに帰することができない理由」よりも緩やかな要件と解されており、期間内に手続をすることが求められる原特許権者等が、状況に応じて必要とされるしかるべき措置(以下「相応の措置」という。)を講じていたか否かによって判断される旨記載しています。相応の措置を講じていたといえる場合は、原特許権者の過失の有無にかかわらず、「正当な理由」があると判断されることになります。そのため法改正後は、過失があると判断されることにより従前救済されなかったような事例であっても、救済される場合があると考えられます。例えば、期間徒過の原因となった事象が、期間管理のために利用したシステムの構造上の問題であってそれが利用者たる出願人や権利者が想定し得ないものであった場合や、出願人や権利者又は代理人が手続のために用いた補助者によるミスの場合は、従前は、過失があると判断され救済されない場合もありましたが、改正後は、出願人や権利者が相応の措置を講じていたか否かの観点から判断がなされることにより、より柔軟に救済され得るのではないかと考えられます。

<改正趣旨>
(国際的な制度調和の観点)
 日本を含め、米国、欧州特許庁等の主要諸外国・機関の多くは未加盟であるものの、PLTに準拠した救済既定の整備は各国・各機関で進められている。


aichanpapa1 at 21:47|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年05月01日

池田市立呉服小学校で知財授業

IMG_3245 今日は池田市立呉服小学校に知財授業をするためにお邪魔してきました。インスタントラーメン発明記念館のすぐ近くにありました。

今回は5年生90人を前に発明や特許について、寸劇を交えながら紹介しました。とても活発かつ積極的な児童たちばかりで、質問もあまりにも多く、最後まで答えられず申し訳なかったくらいでした。

池田市がソフトバンクと提携しており、ペッパーが7台導入されていました。これから始まるプログラミング教育に活用していくとのことでした。校長室では、ラジオ体操のデモも見せて下さいました。ソフトバンクだけあって、博多弁でした(o^^o)

aichanpapa1 at 23:11|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年04月24日

私のポスターが貼ってありました。

 向日神社に新しい休憩所ができました。休憩所の中に私がモデルをさせて頂いた「むこう、むこう」という恐怖と府向日市のポスターが貼ってありました。

 向日神社は1300年前に建てられ、明治神宮のモデルにもなった、とても由緒ある神社です。ここで息子とともに撮影させて頂き、今でもこうして貼って頂けて、とてもうれしいです。

 今の季節、本当に気持ちがよいです。特に石畳の参道がおすすめですので、ゴールデンウィークにでも、ぜひお越し下さいね。

20170423_035523537_iOS20170423_040915886_iOS
20170423_040926058_iOS20170423_042102857_iOS

aichanpapa1 at 06:24|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年04月23日

気持ちの良いランニングコース 京都府向日市竹の径(みち)

P1070179 今朝は朝食の前にいつものようにランニングに行ってきました。私のお気に入りは京都府向日市にある竹の径(みち)です。

 小高い丘の上にあるんですが、竹林の中を駆け抜けることができます。今は新緑がきれいな時期。夏は木陰になっていて涼しいです。嵐山にもこのような散歩できる竹林があるのですが、とにかく観光客が多くて走ることができませんが、ここは空いていて走りやすいです。また、HONDAも車の撮影をここで行ったとか。

 おすすめコースは、JR桂川駅か阪急洛西口駅からスタートして竹の径を目指します。途中で竹林公園があるので、寄ってみるのもよいです。日本の色んな竹が見られます。もちろん、無料です。そして阪急西向日駅の方に抜けるのがおすすめです。阪急西向日駅前には、昔の都、長岡宮跡があり、スマホがあれば、AR体験ができ、昔あった建物が目の前に再現されます。鹿とか昔の人とかも現れて、とても面白いです。

 今日は時期もよいので、おすすめのランニングスポットをご紹介させて頂きました。

 竹の径の詳細はここをクリック!

aichanpapa1 at 16:17|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年04月17日

知的財産法学試験(通称・アイピー・ロー・テスト)

8月6日に第一回の新試験が開始されるようです。
弁理士の短答試験のようですが、合否を決めるのではなく、TOEICのように段階評価を行うようです。
五段階とのこと。

弁理士試験の足掛かりとしての利用もそうテオされているようですので、勉強されている方は気軽に受けてみるのも良さそうです。

第一回は特実と商のみが実施されるようです。

aichanpapa1 at 07:05|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年04月13日

弁理士制度について2

産業構造審議会第9回弁理士制度小委員会「議事要旨」が掲載されています。
こちらです。

これから弁理士を目指される方にも、すでに弁理士の方にも、将来性を考える上で参考になる意見が掲載されています。

aichanpapa1 at 12:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年04月12日

弁理士制度について

特許庁にて弁理士制度について検討が進められています。
弁理士を目指す方も、すでに弁理士の方にも、現在の状況、弁理士に求められているニーズ、将来の在り方がわかりますので、参考になる資料がたくさん置かれています。
こちらをご覧ください。

私が抽出したトピックスについて、一部をご紹介させて頂きます。
・志願者数はピーク時のH20年の10,494人に比べ、昨年は5,340人とほぼ半減。
・昨年の合格率は6.6%。
・合格者の平均受験回数は4.5回と昨年比+0.6と増加。
・志願者の平均年齢は41歳で5年前に比べ+3と一段と高年齢化に。
・志願者のうち、会社員:46%、学生:20%、特許事務所:19%。昔に比べ、会社員や学生が多くなってきている。
・弁理士には、外国対応、特にアジアにおける知識が要求されつつある。

時間がなくなったため、後日続きは書きたいと思います。

aichanpapa1 at 12:46|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年04月05日

我が家でも桜をライトアップ

IMG_3073ようやく京都でも桜が見頃になって来ました。今週末が満開かもしれませんね。

我が家でも桜のライトアップを今日から始めました。

立ち止まって写真を撮られる方が続出。桜並木の街なので、少しでも地域に貢献できれば嬉しいです。



aichanpapa1 at 23:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年03月29日

地域団体商標の出願状況

特許庁が最新の地域団体商標の出願状況について発表しました。
これによれば、私が住んでいる京都が150件と2位の兵庫の63件を圧倒的に引き離してトップでした。

京都はブランドにこだわったものが多く、また、このような新しい制度もどんどん取り入れて発展させていく力を持っているんでしょうね。文化庁も京都に移転も予定されることになっています。歴史的な街でありつつ、新しいことも取り入れる先進的な街でもあるように、実際に住んでいても感じます。

最新の地域団体商標の出願状況はこちらです。

aichanpapa1 at 06:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年03月25日

第一回向日市検定に合格!

IMG_2960 家に帰ると、第一回向日市検定の結果が届いていました。

合格でしたよ(o^^o)

記念品が一緒に送られて来たのですが、竹で出来ていて、めっちゃ丁寧に作りこまれています。

こういうのって、結構粗いものが多いという印象でしたが、想定外のクオリティの高さに驚きました。

とっても良い記念になりました。
しかも第一回目ということで、嬉しいです。

向日市は京都府にあって、平城京から平安京へ遷都される間の10年間、長岡宮として都が置かれていた場所です。

aichanpapa1 at 00:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
Profile
あいパパ
 14歳の娘、あいちゃんのパパが弁理士として頑張っています。
 弁理士になっても日々勉強の毎日です。勉強・仕事・家庭のバランスに苦戦中。
 LECで講師もしていました。
 キャッチフレーズは「会いに行ける弁理士!」

●職業:弁理士です。
●住所:京都です。
●家族:妻 司書
     子 あい
     子 けい
●資格:
 ・弁理士
  <2006年>LECで一発合格
 ・知的財産管理技能士1級
  <2008年>

※写真は0歳のあいちゃんです。雑誌にも載りました!

Since 2006.07.20
E-mail
【連絡先】
aichanpapa@gmail.com
↑↑↑
ご意見・質問等はこちらまで。
弁理士ブログ集
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

<弁理士ブログRanking>

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

<弁理士試験ブログRanking>
アクセス解析