2007年11月

2007年11月20日

特許期間の拡充や著作権法改正の話題

 昨日の日経新聞の夕刊に知財戦略本部の調査会がまとめた報告書の概要について掲載されていました。
 それによると、薬物送達システム(ドラッグデリバリーシステム)といって小さなカプセルなどに入れて体内の必要な場所に薬を届けるための技術についても特許期間の延長が検討されているようです。
 また、フェアユースとして教育や批評など公正な利用法であれば著作物を許諾なく利用しようという考えに基づく、国産のネット検索エンジンの開発につなげたいとのことでした。

 知財に携わってからこういう記事に着目するようになりましたが、iPodの出現など時代に合わせて法律を改正していかなければならないという必要性を強く感じています。
 ということで、弁理士になっても法改正にはきちっと追随していくことはもちろん、なぜそういう改正に至ったか、また、今後どのような動きがあるのか、常に情報収集に努めておかなくてはいけないと思います。最先端の技術はもちろんのこと、世の中の動きにも目を配らせておく必要がありますね。

aichanpapa1 at 12:29|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2007年11月16日

インクジェットプリンターの模倣品インクはコストも高い?

 キャノンのインクタンク事件の最高裁の判決が出たところですが、それに関連してか?、先日の日経エレクトロニクスに掲題の記事が小さく載っていました。
 それによると、キャノン製のプリンタを用いて試験をした結果、印刷品質のみならず印刷コストにおいても純正品が勝るということでした。どうも単価は安いが、印刷できる枚数が模倣品の方が極端に少なくなる場合があるようです。
 どこまで公平にテストされた結果かは分かりませんが、どちらをインクはどちらを買うべきか結構なやみますよね〜。私はいつも価格の安い方に惹かれつつも、万一ノズルが詰まったりした場合や印刷品質低下のリスクを考えて、純正品しか買ったことがありません。。。

 あと、今日は朝から頭痛と吐き気がして、途中まで行ったのですが引き返して仕事を休むことにしました。最近、1〜2月に一回くらいのペースで頭痛がします。これも睡眠不足がたたっているのか、歳なのか、よくわかりません。とにかく今日は体をゆっくりやすめることにしました。皆さんも歳相応の生活ペースを考えて下さいね。

aichanpapa1 at 22:40|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年11月14日

弁理士の実務修習制度

 先日、特許庁のHPで掲題の件に関する検討会の報告書が掲載されていました。中をみてみると・・・。

●弁理士登録前の実務修習
・時期は12月〜翌年3月。
・施行日はH20年10月1日。ということは来年から合格者はこれを修了しない限り登録できない、即ち弁理士として名乗れない(=弁理士になれない)ということになりますね。
・時間数は72時間。
・修習方法はスクーリングとe-ラーニングの組み合わせ。内容をみますと、これまで任意であった新人研修(前期)の内容がほぼそっくり義務化されるということになるようです。

●既登録弁理士の継続研修
・施行日はH20年4月1日。
・受講時期は原則5年ごと。
・時間数は5年間の中で70時間。
・修習方法はスクーリングとe-ラーニングの組み合わせ。
従って、一旦弁理士となってもこれらの研修が義務化されることになるようです。他の士業でもこのような研修が義務化されているとのことで、これらとの整合性も考慮して研修時間が決められているようですね。


aichanpapa1 at 22:18|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年11月10日

弁理士の認知度って・・・

8fa2502f.JPG 弁理士の世間一般の認知度ってホントに低いですよね〜。先日娘のあいちゃんが、幼児教室で口頭試問があったときに「おとうさんのおしごとはなんですか?」と聞かれたようですが、「べんごしでは?」といい間違えてると思われて、なんども聞かれたようでした。あとで先生に聞いてみると知らなかったようです。

 知的財産がだいぶ注目されてきていて、青色LED事件等でも認知度はあがりましたが、まだまだ「弁理士」自体の認知度は低いようです。どうすればあがるんでしょか。いっそ、「行列ができる法律〜」というTV番組の知財版でもできれば認知度もあがるかもしれませんね。

 どれくらいの方が弁理士を知っているか、統計を取られたりしていないでしょうか?ご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さいね。

 ちなみに写真は少し前に息子のお宮参りに行ったときの写真です。左上のあいちゃん0歳の写真とそっくりだと思っています。

aichanpapa1 at 22:42|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2007年11月08日

日弁連会費、新人は半額

 今朝の日経新聞に小さな記事が載っていました。月14000円の一般会費を新人に限り2年間半額にするというものです。
 弁理士会は月20000円ですので、日弁連の方が安いのでしょうかねえ?人数が多いのでその分安いのかもしれません。。。

 なぜ、安くするのか意図までは取っていませんでした。もしかして、弁理士会も安くなる動きがあるかもしれませんね。

aichanpapa1 at 12:42|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年11月07日

平成19年度弁理士試験の結果について

特許庁のHPに今年の試験結果について総括的にまとめたものが掲載されています。最終合格率は6.7%と試験制度改正されて以来、最も低い数字となりました。一時は800人超えもうわさされていましたが、この程度で落ち着いてきたようですね。
 下の方には弁理士数の推移ものっています。来年受験される方は、ご参考になさって下さいね。

aichanpapa1 at 07:23|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2007年11月06日

最終合格おめでとうございます!

 本日発表がありましたね。私の周りの方でも合格された方がいらっしゃって、ホントにうれしそうでした。聞いた話では、合格した暁にはプロポーズを予定されている方もいるそうです。いろいろな人生を感じる瞬間でもありますね!

 今年は昨年より不合格者が減っています。おそらく、みなさん相当覚悟して勉強されていた殻なんでしょうね。

 とにかく、最終合格された方、本当におめでとうございます!しばらくは自分の好きな事でもゆっくりなさって下さいね!!!

aichanpapa1 at 23:13|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

口述試験の合格発表

 いよいよあと3時間で口述試験の合格発表ですね。受験生の方はなかなか寝付けなかったのではないかとお察し致します。
 色々な方から聞くと、なかなか厳しかったという意見も多かったようです。去年も70名ほど落とされていますので、今年も同じくらい厳しいかもしれませんね。でも、論文で厳しかった分、厳選されているということで・・・、合格を祈るばかりです。
 みなさんの合格をお祈りしております。

aichanpapa1 at 07:04|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2007年11月02日

審査基準を読んでいます

 最近になって受験勉強で読んでいた審査基準を実務についてからというもの、必要な箇所しか読んでいなかったので、もう一度新鮮な目で一から順番に読み進めています。
 実務についてから読むとまた、見る目が変わってきます。特に、明細書作成や拒絶対応に直結しますので、かなり興味深いですねー。また、受験生時代は読み飛ばしていた箇所で、こんなことも書いてあったのか!と感動したところもポツポツあります。
 例えば、アメリカ出願を基礎にして日本にパリ優先で出願する場合、アメリカにおける仮出願を基礎とした場合、優先権は有効かどうかや、CIPを基礎とした場合はどうかなど、受験生時代は目に入らなかった事項でした。というか、アメリカの制度を知らなかったので。。。

 今、読みたい本が職場の机や自宅の棚にあふれかえってきています。1月ほど仕事を休んでどっかのリゾート地でゆっくりと読みふけることができたらなあと、思っています。絶対ムリ!ですが・・・。
 

aichanpapa1 at 12:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
Profile
あいパパ
 17歳の娘、あいちゃんのパパが弁理士として頑張っています。
 弁理士になっても日々勉強の毎日です。勉強・仕事・家庭のバランスに苦戦中。
 LECで講師もしていました。
 キャッチフレーズは「会いに行ける弁理士!」

●職業:弁理士です。
●住所:京都です。
●家族:妻 司書
     子 あい
     子 けい
●資格:
 ・弁理士
  <2006年>LECで一発合格
 ・知的財産管理技能士1級
  <2008年>

※写真は0歳のあいちゃんです。雑誌にも載りました!

Since 2006.07.20
弁理士ブログ集
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

<弁理士ブログRanking>

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

<弁理士試験ブログRanking>
Archives
アクセス解析