2006年09月25日

論文合格発表の日の朝の気持ち

 12時に特許庁のHPで発表があった日の朝、仕事も手につかないため、実験品を整理することにしました。事務所から実験室に向かう途中、花壇のフェンスが倒れていました。いつもなら気づかないのですが、妙に気になってはいましたが、そのまま実験室に向かいました。でも、その帰りにもまだ倒れていたので、「そうだ、合格発表までにいいことをひとつでもしておこう!」という気持ちになり、人目を気にせず5分程度かけて直していました。11時頃のことです。「もし落ちていたらそのせいで神様が落としたんだ」なんて思わなくていいようにです。今思えばなんて小心者なんだと思われるかもしれませんが、みなさんも、そんな気持ちになられた人はいないでしょうか。私は「神様」は信じない主義ですが、審判が下る瞬間って、藁にも捉まる気持ちになるんですね。何千時間も家族や趣味を犠牲にして、打ち込んできた勉強ですから、ほんとにどきどきでした。
 11時45分から昼食をとり席に戻ったのは12時ちょっとすぎ。すでにパソコンには特許庁のHPが開かれています。どきどきしながら、更新ボタンを押しました。トップページに「NEW」がちかちかして論文合格発表のリンクが追加されています。さらにどきどきしながら、リンクを開きPDFは開くのに時間がかかるのでHTML形式の方をクリックしました。まず、東京の人の番号が載っています。マウスのホイールをくるくる回して下に進むと大阪です。「122214○○」の自分の番号を一気に探したように思えます。ぱっと一瞬で自分の番号が目に入ってきました。何回受験票とHPを見直したか分かりません。会社には秘密ですので、人に確認してもらう訳にもいきませんでした。
 早速ブログにアップするためにキーボードを操作するにも、ほんとにガタガタと手が震えました(もしかしたら横の同僚に見られていたかもしれません)。今年から勉強を始められて来年受験される皆さんも、最後にはこんな気持ちになれらるんじゃないかと思います。頑張ってください!
 今は、ようやく神経の高ぶりも治まり、ゆっくり寝られるようになりました。

aichanpapa1 at 21:20│Comments(10)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 伊丹妻   2006年09月25日 23:07
こんばんは。

初めて書き込ませていただきます。
今夜のブログ拝見させていただきました。
実は、私も論文発表の前日には入念に玄関周りのお掃除をしていました。というのも玄関は「ダンナの顔」だとか「玄関をきれいにしていると良い知らせが舞い込む」と聞いていたので、発表前日はいつもに増して入念に拭きあげ、玄関の外もキレイにしました。
そのご利益なのか無事の合格、とても嬉しかったです。
私も神様は信じない方ですが、「我流」の縁起かつぎめいたものはきっとみんな同じなのでしょうね。

口述まで、もうしばらくお互い頑張りましょう!

2. Posted by 同じ関西人   2006年09月26日 09:13
私も初めて書き込ませていただきます。
私は昨年合格した者ですが、プロフィールを拝見させていただくと、私とほとんど同じ境遇でしたので勝手に親近感を感じました。ちなみに私は、合格後、特許事務所に転職しました。これから、今後の自分の進路についていろいろな面から悩まれると思いますが、頑張ってください。
3. Posted by ひよこ丸   2006年09月26日 13:15
5 あいパパさんへ:
こんにちわ。
口述試験の勉強頑張っているみたいですね。
ぜひ口述試験終わりましたら、弁理士試験合格
体験記(短答編・論文編)宜しくお願いいたします。
ひとつご質問あるのですが、今自分は、昨年
受講した講座の復習の最終をしているのですが、あいぱぱさんは、全文書き等されましたか?昨日から事例問題の全文書きをしているのですが、もし非効率なら修正しようと考えています。
お時間ありましたらアドバイス宜しくお願いいたします。
4. Posted by あいパパ   2006年09月26日 22:04

伊丹妻さん

書き込みどうも有り難うございます。
「「我流」の縁起かつぎ」って多かれ少なかれやっぱりみんなやってるんですよねえ。この心理って受験生にしか解りませんよね。
とにかく「論文合格」おめでとうございます。口述試験は昨年50人も落とされています。ほんとに最後ですから、あと3週間、「全身全霊、全力」で頑張りましょう!
では、また口述練習で!
5. Posted by あいパパ   2006年09月26日 22:10

同じ関西人さん

そうですか、同じような境遇で悩まれた末、転職された先輩なんですね。
応援のコメントどうも有り難うございます。
最終合格出来た際には、人生設計を見直したいと思います。

最終合格できれば是非とも西日本弁理士クラブの祝賀会に参加させて頂きたいと思っております。もしお会いできたらご挨拶でもさせて下さい。目印付けておきます!
6. Posted by あいパパ   2006年09月26日 22:22
ひよこ丸さん

いつもブログを読んで頂き有り難うございます。
体験記はお任せ下さい。かなり充実させて、他にもないようなものに仕上げるべく、どのような切り口で書くべきか構想中です。とは、いっても最終合格できたらの話ですが・・・。

ところで、事例問題の全文書きですが、_鯏を見ながら写経にようにひたすら写してみるという方法と∋邯海帆瓦同じように答案構成と全文書きを時間内にやるという2つの方法があると思います。これも人によるのですが、私は派でした。まったく論文が書けないという訳ではないのであれば、△鮃圓ぁ∈戮い表現まで模範解答と比べて、よくない表現を修正したり足りない部分を赤ペンで書き加えて覚えるようにしていました。特に2月頃からはLECなら採点基準がのっているので、それに従い自分で採点と講評(反省点)を書くようにしていました。
7. Posted by あいパパ   2006年09月26日 22:23
ひよこ丸さんがある程度知識があり論文が書ける方であるのであれば、△覆薜嫐があると思います。私なら答案構成力と表現力をやしなうべきかと思います。頑張って下さい。
8. Posted by あいパパ   2006年09月26日 22:28
やっぱり論文の全文書きは面倒くさいですけど、「書くこと」で真の実力が付くと思います。頭でばかり考えているより手が自然と動くようになるまで書けるようになると、問題に応じた適切な範囲内・適切なレベルで表現できるようになりました。
9. Posted by ひで   2006年09月27日 01:57
初めまして。
これまでぱてんとどっと混むさんからのリンクでときどき拝見させて頂いてました。

私も今年論文に何とか合格できましたが、あいパパさんと同じように発表当日は何回も受験票とHPを見直してしまいました。

ところで、私の番号も「122214○○」なんです。おそらく大阪の会場で、あいパパさんのすぐそばで論文書いてたんでしょうね。あと、私も京都に住んでまして、あいパパさんに勝手に親近感を覚えて初めて書き込みしてしまいました。
口述試験も同じ日かも知れません。お互い最終合格できるといいですね。

10. Posted by あいパパ   2006年09月27日 21:37

ひでさん

初めまして!コメント有り難うございます。
すぐ近くて試験を受けていた方が私のブログを見ていて下さり、一緒に合格でき、しかも同じ京都とは、本当に奇遇ですね。書き込んで下さりとても嬉しいです。
ちなみに私は口述試験は15日です。ぜひ、祝賀会でお会いできれば嬉しいですね。あと少し!頑張りましょうね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
あいパパ
 17歳の娘、あいちゃんのパパが弁理士として頑張っています。
 弁理士になっても日々勉強の毎日です。勉強・仕事・家庭のバランスに苦戦中。
 LECで講師もしていました。
 キャッチフレーズは「会いに行ける弁理士!」

●職業:弁理士です。
●住所:京都です。
●家族:妻 司書
     子 あい
     子 けい
●資格:
 ・弁理士
  <2006年>LECで一発合格
 ・知的財産管理技能士1級
  <2008年>

※写真は0歳のあいちゃんです。雑誌にも載りました!

Since 2006.07.20
弁理士ブログ集
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

<弁理士ブログRanking>

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

<弁理士試験ブログRanking>
Archives
アクセス解析