2014年12月14日

北海道行ってきた

北海道でうまいもの食ったり飲んだりする会に参加してきました。発端は、成田で毎年やっているCBer忘年会で、チバHI429局が「来年は北海道で忘年会やるべ」と発言して、反射的に「行きますよ!」と言ったことと記憶している。実際にMixiで開催案内が上がったときは驚いたが(笑)

航空券は3か月前に格安ショップで手配して合計18,400円。格安LCCは若干心配があったので、若干高めだが、羽田発の新千歳行のJAL便をチョイス。(それでも新幹線で東京〜名古屋を往復より安かったりする)

この選択は正解で、搭乗予定の便が大幅に遅れとのことから、1時間前の便に難なく振り替えてもらったり、帰りの便は+1,000円追加でクラスJシートで席指定できたり、融通が利いて中々良かった。

ホテルは3か月前でも全く空きがなく、格安の大浴場付きのカプセルホテルにしたが、浴場が迷子になるくらい壮大で、とても良かった。個室は一般的な広さだったが、通常の車中泊やキャンプに比べると大概のカプセルホテルはブルジョワ仕様なので、必要十分で満足度は高い。#後で判明したが、この週末に嵐のコンサートが札幌ドームで開催されていたらしい。ホテル満室の原因はこれか。

当然ながら食べ物は凄く美味しかった!

20141213_katuika
活イカ、新鮮なわたも美味!

20141213_hokkaido3
活イカ唐揚げ!

20141213_hokkaido
焼きタラバ!

20141213_hokkaido2
知内産カキフライ!

20141214_mikutree
新千歳空港2Fミクツリー

北海道といえばミクさん生誕の地。時間に余裕があれば色々散策したがったが、搭乗前ギリギリで見つけたミクツリーのみ。でも見れて良かった!

aichi_jh316 at 23:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)特小&CB 

2014年11月24日

FLRM2014 Autumn

FLRM2014 Autumnに参加してまいりました。概要は後程にでも。取り敢えず戦利品をご覧ください^^ あー、部屋に荷物が溢れていて、無線機は増やすまいと誓っていたのだが・・・

20141124_flrm2014_ft101

aichi_jh316 at 22:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)特小&CB 

2014年11月01日

鬼キャン動画

焚火と将棋対局の中継動画は何故か中毒性が高く、始まると延々と見続けてしまう。最近気が付いたが、自分が好きなことは、大体家族と楽しんだ過去があるものばかりだったりする。焚火に関しては?であるが、なんかあったかも知れないな。


aichi_jh316 at 00:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他怪しい事柄 

2014年10月29日

鬼キャン5連装

10月も後半に入ったしらびそ高原の夜はどんなことになるかビビッてましたが、標高1,900mにもかかわらずそれ程冷え込むこともなく、薪も大量に用意したことから暖かくて快適でした。しかし、焚火台5連装は中々迫力がありました。後程動画もUPしたいと思います。

20141025_onicamp

aichi_jh316 at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他怪しい事柄 

2014年10月19日

銚子市△愛宕山移動

山梨県の北奥千丈岳に特小レピーターが臨時に設置されるとの情報を聞きつけ、近場から狙える地点は無いかとgoogle map先生とカシミールで調べたところ、QRB198.1kmの銚子市△愛宕山が何とかいけそう。

50km程度の移動地としては近所なのだが、ナビの指し示すとおりに街中の国道を走って行ったら2時間も掛かってしまった。移動の所要時間までは最新のナビでもデータベース化されていないみたいだが、無精して付けていない通信ユニットを付けると出てきたきりするのかな。そうだったら直ぐにでも取り付けたくなった。

予定より30分程遅れて到着。早速、レピーターチャンネルをワッチするも全く反応なし。懸念していた業務局の被りはなかったのは幸いだったが。市街地を見下ろすような場所に移動すると、最悪、常時送信の業務局に通信をかき消されてしまうこともある。

20141019_atagoyama2

しばらくチャレンジしてみたが、やはり駄目のようだったので、単信3chに移ってダメ元CQ。レピーターが駄目なときは、単信でCQはお約束みたいなもので、移動先では必ずやる儀式みたいになっている。実際良く繋がるんだな。

特小でCQを出していると、返答はないもののかすかにキャリアを感じる入感がある。太極拳モードでうろつくとフリラ特有のフレーズが。よくよく聞いていると板橋RCが開催されているようだ。この時点でメリット2から3、入感状況からそれ程近くでの運用では無さそう。

謎の構造物の脚の金属部の反射を生かし、1/4λリフレクター効果でメリットが上がったところで呼びかけてみるが、何時もながらのパイルで全く太刀打ちできず。そうしている内に全く聞こえなくなってしまった…

20141019_atagoyama3

諦めきれずうろうろしていると、また聞こえてきた。これは、いつぞや295km先のレピーターにアクセスを挑戦したときと同じ、周期的にコンディションが変わるやつではないか! 

そうしているうちに今までにない位クリアに入感してきたので、RCの式次第を完全に無視して呼び倒し、お互いにメリット5で無事に交信に成功。後の調査の結果、特小の交信距離としては中程度のDXだったが、お手軽移動地にもかかわらず、久しぶりに特小交信の醍醐味を味わた達成感満喫の運用でした。

そういえば愛宕山は、その昔(四半世紀前)、展望台の無い頃にローカルラグチュー仲間だったJG1OGG局と数人の仲間で行った初めて本格的な移動運用地だった気がする。装備はFT-690+FL6010+CL6DXだったかな。皆元気だろうか。

【運用情報】
日時:2014/10/19 12:20〜
場所:千葉県銚子市△愛宕山展望台
天候:晴れ時々曇り
使用リグ:ICB-87R、DJ-R100D

【特小ログ】
・いたばしAB303/1局 M5/5 L3ch 13:47
神奈川県相模原市△大室山 QRB163.1km
・とうきょう139局? M5/- アクセスならず
広域RPTL12-34

aichi_jh316 at 21:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)特小&CB