愛知民教連(愛知県民間教育研究団体連絡協議会)

ここは愛知民教連のブログです。愛知民教連からのお知らせや情報などを掲載していきます。加盟サークルからのイベント情報なども掲載します。情報をどんどんおよせください。

2017 あいち教育大集会 を以下の要項で開催します。ぜひおいでください。

集会テーマ 「楽しい学校 楽しい授業」
日時 2017年9月9日(土)10時〜16時30分 (9時30分より受付開始)
会場 日本福祉大学東海キャンパス
    東海市太田町川南新田229
    名鉄太田川駅より西に徒歩5〜6分
    学内には職員用の駐車場しかありません。名鉄をご利用されることをおすすめします。
資料代 教員1000円 父母・一般・教員OB 500円 学生 無料

内容 講演 10時〜12時 塩崎義明さん
  「子どもと楽しめる教師になろう」

    講座 13時〜15時
    々餮譟併偉愾錣気鵝法´∋賛堯平教協) F仔繊米0羞蒜靴気鵝泡指導案をみんなで考     え合います。
    け儻譟焚弾K裕さん)

    分科会 15時10分〜16時30分
    ‐学校低学年(堀井克也さん) ⊂学校高学年(近藤俊克さん) C羈惺察併毀郢覆機   ,鵝
    て段婿抉

4月1日、新年度の初めの日に以下の内容で春の教育集会が行われました。
講演・講座ともたいへんに深い内容があり、参加者はおおいに学習を深めました。


愛知民教連 春の教育集会  主催 愛知県民間教育研究団体連絡協議会
集会テーマ きらめく子どもたち 〜しなやかな教育の中で
日 時 2017年4月1日(土) 13:30〜17:00
場 所 岩倉生涯学習センター

〒482-0043 愛知県岩倉市本町神明西20 電話 0587-38-0100
名古屋鉄道岩倉駅から徒歩約2分  東名高速道路小牧ICから約15分(立体駐車場あり)
資料代 500円(現職・OB) 学生無料
内 容 講演 鎌倉 博さん(名古屋芸術大学 人間発達学部)講師紹介 
鎌倉博さんの略歴  埼玉県草加市立小学校教諭10年
     学校法人和光学園 和光小学校教諭20年
     学校法人和光学園 和光小学校長兼幼稚園長・同学園理事3年
     名古屋芸術大学 准教授1年
     愛知県立大学 非常勤講師(2016年前期)
     名古屋芸術大学附属クリエ幼稚園 園長(2016年度4月〜)
【社会活動】
   北名古屋市子ども・若者支援協議会委員(2015年4月〜2016年3月)
【研究課題】
  〇劼匹發凌祐崟を豊かにしていくための生活・教育・保育環境
 ⇒鳥期から学童期にかけての教育・保育・子育て
  小学校の授業と学級づくり(特に国語、生活科と総合学習)
  ざ軌・保育士養成のあり方
 【所属学会・研究会】
  日本生活教育連盟 漢字指導法研究会 児童言語研究会 日本保育学会
  日本教育方法学会
 【著  作】
  単著『きらめく小学生 自由な教育の中で育つ子どもたち』(合同出版)
  編著書『和光小学校の総合学習1 はっけん・たんけん・やってみる』(民衆社)
  共著『ともにつくる総合学習』『あっこんな教育もあるんだ』(以上新評論)『いのち  輝く』(生活ジャーナル)『講座教科教育 生活科教育』『新特別活動』(以上学文社)  『和光小学校の総合学習2・3』『子どもと創る生活科』(以上民衆社)『子どもと創  る教育課程』(民主教育研究所)『子どもが変わる漢字の指導』(下町人間総合研究所)  『国語の本質がわかる授業3 話すこと・聞くこと』(日本標準)など

講座「ENJOY担任
以下の4講座が開かれました。

ヽ惶蕕鼎りの見通し
学級開きの素敵な演出
子どもを真ん中にして手をつないで
ずて颪併劼砲匹Υ悗錣襪里

冬の研究集会が以下の要項で開催されました。
若い先生たち、学生さんたちが参加され、その発言や率直な質問が多く出されました。
鬼頭さんの講演は、集会テーマの「つながり」に沿って、具体的な教材を示しながら、わかりやすい内容でした。
学生さんたちはもちろん、ベテランの先生たちも初めて聞く話に引き込まれました。
若い先生からのミニ報告もとても誠実で、力のあるものでした。もう少し時間を取ってじっくり聞き、分析してみたかった内容でした。

日 時 2016年12月18日【日】 13:20〜16:30

場 所 名古屋市南生涯学習センター     

講  師 鬼頭正和さん

演題 「つなげる・つながるために」
     〜 今の子ども・教育の課題と 学級づくり 〜

日 程
13:00 受付開始
13:20 開会行事
   会長挨拶・諸連絡
13:30 講演 鬼頭正和さん
 「つなげる・つながるために」
     〜 今の子ども・教育の課題と 学級づくり 〜
15:30
 みんなで話し合おう
   実践交流
16:30 終了・片付け


鬼頭正和さんのプロフィール 
☆元 春日井市公立小学校教員   ☆日本生活教育連盟(日生連)会員
 現在 愛知県立大学・愛知教育大学非常勤講師

☆発表した実践記録など
「『スタンダード』の問題と教育実践のあり方」(雑誌『生活教育』2016年10月号)
 「困難を抱えている子に寄り添って」(あいち民研年報 2013年)
「学校に行きたくない!みゆきさんとの1学期」
(雑誌『生活教育』2012年6月号)
「私が育てたい『学力』―現場の『学力』論―」(雑誌『教育』2010年11月号)
 「作ってみよう!ドングリ工作」(雑誌『生活教育』2011年9月




2016年第35回あいち教育大集会が下記の要項で開催されました。内容の濃い集会でした。

主催 愛知県民間教育研究団体連絡協議会 第35回あいち教育大集会実行委員会
後援 愛知県教育委員会 協力 あいち県民教育研究所
期日 2016年9月3日土曜日10時〜
会場  名古屋芸術大学東キャンパス


日程 
10:15〜 講演竹澤清さん  演題「子どもの『ねがい』がわかる教師に」
竹澤清さんのプロフィール
ずっと聾学校で障がい児教育の第一線を歩まれました。豊かな実践に裏付けられたお話はとてもわかりやすく、しかも温かいと評判です。「困った子は困っている子」「発達とはなにか」「支援の必要な子をどう理解するのか」保護者への対応支援ももちろん視野に入れて。日本生活教育連盟全国委員。
1946年石川県生まれ。名古屋大学経済学部を卒業後、高校の社会科教員になるつもりが、思いがけなく聾学校に赴任。一宮聾学校に20年、千種聾学校に18年勤務。現在は中部学院大・日本福祉大の非常勤師。
主な著書「子どもの真実に出会うとき」「子どもが見えてくる実践の記録」「教育実践は子ども発見」他

教材教具大集合12:50〜13:10

講座13:10〜14:50
作文・日記「子どもたちと読み合い学び合う作文・日記」
算数「知ってて得する十進位取り記数法と度量衡,楽しく学ぼうメートル法〜教具も作ってみませんか〜」
道徳「子どもが生き方を学べる授業を創ろう!」
特活「子どもが喜ぶ手作り遊び工作」

分科会15:00〜16:50
小学校低学年の学級・授業づくり「2年目教師がんばる!」
小学校高学年の学級・授業づくり
中学校の学級・授業づくり
支援の必要な子を視野に入れた学級・授業づくり・竹澤先生も参加していただきました。

愛知民教連 春の教育集会が下記の要項で開催されました。  


日 時
2016年4月30日(土)

10:00〜16:30(9:30より受付開始)
会 場
日本福祉大学東海キャンパス S402号室 東海市大田町川南新田229



10時10分より ロールプレイング「困難を抱える子どもとどうむきあうか」

 学ぶ意欲も遊ぶ意欲もない「ねむたーい」ユウタくんをささえる。「トラブルメーカーミツキくん」を学級集団に位置づける。「うざいわ、あっちいけ!」ウッチャンのさけびを受け止める。・・・小学校での経験豊かな、そして優れた実践が数多くある原田宏美先生のリードで実例をもとに参加者が少人数にわかれて話し合い考え合う企画でした。
13時30分より 講演 藤井啓之(ふじいひろゆき)氏(日本福祉大学経済学部教授、教育学)

ヒトが人として育つための教育 ―教師と子どもが表情を取り戻す学校の再生に向けて− 608ca99e.gif
 
講演のあと、愛知民教連加盟のサークル紹介がありました。

2015年 愛知民教連冬の集会が以下の要項で開催されました。横山信幸氏の講演も、そのあとの企画の実践報告もたいへん充実した内容で、議論もおおいに深まりました。

日時 2015年12月20日(日曜日) 13時30分〜16時30分
会場 岩倉生涯学習センター

名鉄岩倉駅から直結しています。有料駐車場あり(センター利用者の割引があります)

日程 
13時〜受付 
13時30分〜講演 横山信幸先生(愛知教育大学名誉教授)「戦後教育の崩壊と次期学習指導要領のもつ意味」

安倍政権の教育政策は、突然出てきたものではなく、この30年間の保守政権の布石によって「やっと」実現したものです。これから彼らは子どもたち・私たちをどこへ連れて行こうとしているのか・・・・。今、私たちは教師として子どもたちと向き合う時、何をこそ大切にするべきか、みんなで考えましょう。 
   
15時〜16時30分 学習会 生活指導レポート「がくをめぐって」
レポーターは愛知県生活指導研究協議会所属の若手教員の方です。


第53回東海・近畿教育研究サークル合同研究集会(東近集会)が8月29日(土)30日(日)に日本福祉大学東海キャンパス(名鉄太田川駅すぐ)にて開催されました。11府県から多くの方々が参加され、それぞれの企画も好評でした。

集会のチラシです。
4ページ

2015春の教育集会が開かれました。


愛知民教連 2015 春の教育集会が以下の要項で開催されました。

主催 愛知県民間教育研究団体連絡協議会 協力 あいち県民教育研究所
後援 愛知県教育委員会
日時 4月26日(日) 13時30分〜16時30分

会場 岩倉市生涯学習センター


13:40〜15:00 講演 竹沢 清さん (日本福祉大学教員・元千種ろう学校教諭)
「実践につなぐ子ども理解」−「気になる行動」からその子の“屈折した”願いをくみ取る

◆明日からの授業・学級づくりに役立つ4つの講座   15:10〜16:30
‐学校:なかまと共に学ぶ楽しい国語の授業
⊂学校:「学力づくり」は「学級づくり」から
C羈惺察Г澆鵑覆笑顔の「学級」をつくる
た討閥技佞痢屬いご愀検廚修離ーポイントは!?
◆授業づくり・学級経営のレポートが出され、活発な討議が行われました。

 

夏の終わりに学び合う、あいち教育大集会が 2014年8月30日土曜日に開催されました。学生、若手教員からベテランの教員まで多くの参加者と優れたレポートで意義ある集会となりました。内容は以下のとおりでした。

2014年 第33回あいち教育大集会
主催 第33回あいち教育大集会実行委員会 愛知県民間教育研究団体連絡協議会
協力 あいち県民教育研究所  後援 愛知県教育委員会

期日2014年8月30日の土曜日10時〜
会場 岩倉市生涯学習センター

名鉄岩倉駅から直結しています。名古屋市地下鉄鶴舞線から直接くることもできます。有料駐車場あり。
13:00〜 講演 金森俊朗(かなもりとしろう)さん   
演題「先生はキャッチャーだ」
金森俊朗さんの紹介 石川県内の八つの小学校を経て、北陸学院大学人間総合学部幼児児童教育学科教授、いしかわ県民教育文化センター所長、日本生活教育連盟全国委員(以下は角川書店による紹介)1980年代より「仲間とつながりハッピーになる」という教育思想をかかげ人と自然に直に触れ合うさまざまな実践を試みる。1989年妊娠7カ月のお母さんを招いた「性の授業」を皮切りに本格的に「いのちの教育」を開始する。翌年、末期ガン患者さんと共に日本で初めて小学校教育での「デス・エデュケーション」を実施。1997年第29回中日教育賞 1989年第10回教育科学研究会賞 金森学級の一年を追ったNHKスペシャル「涙と笑いのハッピークラス4年1組命の授業」が2003年第30回日本賞グランプリを受賞。2004年第25回バンフテレビ祭「グローバルテレビジョン・グランドプライズ」を受賞。2007年第30回石川テレビ賞受賞 その教育思想と実践は教育界のみならず医療・福祉関係者からも大きな注目を集めている。2010年第19回ペスタロッチー教育賞受賞

午前の4つの分科会 10:00〜12:00
〆酳検峩擬爾料襪里召い燭蕁岨劼匹發燭舛瞭記」中垣清人(小学校・文芸教育研究協議会)
∋賛堯峪笋了賛授業づくり」服部義安 (小学校・数学教育協議会)
M科「水が出る時、出ない時」住田末夫(小学校・仮説実験授業研究会)
ぁ峪劼匹發喜ぶ手作り遊び工作」鬼頭正和(愛知教育大、愛知県立大講師・日本生活教育連盟)

午後の5つの分科会 15:00〜16:50
ス餮譟崗学校の説明文」三輪裕也(小学校・児童言語研究会)
社会「学ぶ価値のある生活科の教育内容を求めて小2町たんけん」大見功 (小学校・歴史教育者協議会)
П儻譟岾擇靴け儻譟彁嚇沈曲検文誼羈惺察新英語教育研究会)他
特別支援教育 三浦奈津子(特別支援学校)+ 新任教員
生活指導「今の中学生とどう向き合うか」平野博通(中学校・全国生活指導研究協議会)

特別企画として、昼の時間(12:10〜12:50)にベトナム民族歌舞団名古屋公演の記録DVD上映会を行いました。各サークルからの授業で使える教材・参考となる書籍等の持ち寄り部屋も設置しました。

愛知民教連 2014 春の教育集会が以下の要項のように開催されました。若い教員の方々にレポートをしていただき、ベテランの方の助言もあり各分科会はたいへんもりあがりました。

主催 愛知県民間教育研究団体連絡協議会 協力 あいち県民教育研究所
後援 愛知県教育委員会
日時 4月26日  土曜日  13時30分〜16時30分


会場は 岩倉市生涯学習センターでした。




◆明日からの授業・学級づくりに役立つ3つの分科会が開かれました。


‐学校低学年   ⊂学校中・高学年

C羈惺

それぞれの分科会で、若手の先生による授業づくり、および学級経営のレポートが出されました。迷うところもあるようですが、全力で子どもたちにぶつかっていく様子がうかがえる報告ばかりでした。
そしてベテランの先生の経験をいかした助言がなされ、報告者も学ぶところがけっこう多かったようでした。




2013冬の集会が行われました。おおぜいの若い方々の参加で盛況でした。

次の内容で開催されました。今回は日本生活教育連盟愛知サークルと共催で行いました。

日時 1 2 月 2 2 日 日曜日 10時〜4時半

会場  岩倉生涯学習センター  研修室2
 名鉄犬山線岩倉駅直通2分
                

テーマ 子どもと共に「楽しい学校」づくり「楽しい学び」づくりを

日程 午前の部 10時〜12時半 「楽しい学びをつくる・考える」 
     608ca99e.gif昼食・休憩−12時半〜13時半

午後の部 13時半〜16時半 若い教師が本音で語る「 教師の仕事・喜びと悩み 」


  

第32回あいち教育大集会が2013年9月1日(日)にひらかれました。
恒例の夏の終わりに学びあうあいち教育大集会が9月1日の日曜日、名古屋市鶴舞の日本福祉大学名古屋キャンパスで開催されました。

内容は次のとおりでした。   
9:30 受付開始
10:00〜12:00 子育て・教育に役立つ講座
▼ A 授業に生かせる手作り遊び 担当 三輪嘉昭(NPO法人つながってハッピースタッフ)
▼ B 漢字習得率90%以上をめざして 担当 羽根正司(学力の基礎をきたえどの子も伸ばす研究会)
▼ C ソーシャルワーカーから見たいじめ、体罰、虐待 担当 加藤暢夫(ソーシャルワーカー) ▼ D 石器づくりを体験する担当 佐藤文朗 (原始人体験教室主宰)
▼ E 若い教師、「こんなことやってみた」「こんなことできた」「こんなことしてみたい」と、大いに語る
  担当 サークルあしたば
12:00〜昼食・休憩

13:00〜 講演 早川寛司さん
   
演題「戦火をのりこえ、子どもたちが日本国憲法と出会う学習」
日本国憲法は、第9条だけでなく、憲法全体に、二度と戦争をしないようにという信念が貫かれているということ、日本国憲法は戦争の惨禍を経験した日本国民の思いを反映したものであるということを、日本国憲法に初めて出会う小学6年生の子どもたちにわかってほしいという願いを込めておこなった授業実践を中心に報告します。
早川寛司さんの紹介 早川寛司(はやかわかんじ)さんは全国からも注目されている著名な実践家でいらっしゃいます。愛知県で活躍され、現在は三重県四日市市の小学校に勤務されており、子どもの視線に立っての数多くの実践をされています。三重県の員弁・四日市の自由民権運動の歴史を掘り起こし、1996年から2006年にかけて中学校・小学校で授業実践に取り組んだことをまとめた「三重県 員弁・四日市の自由民権運動 地租改正反対一揆から自由民権運動へ」で、2006年の三重教育文化賞を受賞されています。おもな著書『語りつぐ戦中・戦後(禁じられた金魚養殖)』1995(労働旬報社)『ジュニア日本の歴史辞典』2005(岩崎書店)『明日の授業に使える小学校社会科6年生』2011(大月書店)など

14:40〜16:40 授業と家での勉強に役立つ分科会 
▼ 作文「子どもの思いを受け止める作文・日記指導」part2 報告 久間順一▼
▼ 算数「小数の表記と読み方」 報告 水野克則(数学教育者協議会)▼
▼ 国際理解「タンザニア・ラオスの小学校で学ぶ・教える」報告 青年海外協力隊経験者の方2名▼
▼ 英語「楽しく学べる英語の授業〜小学校から中学校へ」報告 市利枝、他▼
▼ 生活指導(小)「子ども理解からスタート」 担当 鬼頭正和(日本生活教育連盟)▼
▼ 生活指導(中)「若い教師の奮闘から」 報告 大野圭介 ▼
▼ 特別支援教育「子どもの『伸び時』に寄り添って」 担当 原田宏美(日本生活教育連盟)

2013春の集会が開催されました。
主催 愛知県民間教育研究団体連絡協議会 協力 あいち県民教育研究所
後援 愛知県教育委員会

日時 2013年4月28日・日曜日
会場 岩倉市生涯学習センター
■10時から魅力的な5つの講座が開かれました。

1  かんたんにできて子どもたちが喜ぶ手品を教えていただきました。講師はミスター・モリック。モリック氏は和歌山マジシャンズクラブ代表をつとめていらっしゃいます。

2  楽しい理科の実験。講師は「愛知理科の会」の先生。おもしろい実験ができました。

3  かんたんにできるココアトリュフづくり。おいしいお菓子ができました。講師は原田宏美さん。

4  学級レクでのさまざまなプログラムを紹介されました。子どもたちの目が輝きます。講師は川合富雄さん。この講座のテーマは「時間が余ったらちょこっとレクしましょう」です。
5  古代人に返って石器づくりをやります。こんなに精巧にできるのか、とびっくりです。講師は実践家として定評のある佐藤文朗さん。

■13時から森教二さんの講演が行われました。
テーマ「教育・子育てというしごとは、子どものすばらしさを発見すること」森さんのこれまでの子どもによりそった豊かな実践がいっぱい紹介され、たいへんあたたかい内容の講演でした。

森教二さんは元小学校教員 和歌山教育サークル連絡協議会副委員長 和歌山マジシャンズクラブ代表をつとめていらっしゃいます。

■15時15分からは、しゃべり場。次の内容をテーマにしておおいに語り合うことができました。

1 小学校の学級、席を立つ子はどうしたら?

2 中学校の学級、生徒一人一人の悩みにどう応えるか。

3 保護者との信頼関係を築くには?

特別展示「被災地の学校は」現場を訪れた方の写真の展示がありました。
 

第31回あいち教育大集会が開催されました。講演・講座・分科会とも充実した内容で、しっかりと学びあうことができました。内容は以下のとおりでした。
主催 第31回あいち教育大集会実行委員会 愛知県民間教育研究団体連絡協議会
協力 あいち県民教育研究所  後援 愛知県教育委員会
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
会場→日本福祉大学名古屋キャンパス。JR中央線の鶴舞駅および地下鉄鶴舞線の鶴舞駅からすぐのところにあります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
開催日時 2012年9月1日土曜日

内容★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

講演 13:00〜14:30 丹下加代子さん
テーマ「子どもの声がきこえてきますか」

丹下加代子さんからひとこと 
現在、適応指導教室に勤務し、さまざまな発達課題を抱えたり、家族の問題をひきずったり、学校空間で傷ついてきたりしている子どもたちと生活を共にしています。それでもそこから見えてきたものは子どもたちは確実に前にすすんでいるということです。明るい展望をもっています。 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

子育て・教育に役立つ講座 10:00〜12:00

A 子どもと楽しむ手作り工作◆春日井市の小学校教員グループ
B  一日のスタートは読み聞かせから◆水谷忠二(小学校・一宮市)
C  「今」の笑顔を引き出す教材が「明日の力」をはぐくむ◆南寿樹 (特別支援学級・名古屋市)
D  学級通信・ネットワークづくり◆加藤元康(小学校・名古屋市)
E  若い教師ーこんなことやってみたー教育実践交流講座◆世話人 渡辺靖敏(元小学校・名古屋市)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

授業と家での勉強に役立つ分科会 14:40〜16:40

国語「説明文の読み方・指導」◆加藤辰雄 (小学校・名古屋市)
作文教育「子どもの思いを受け止める作文・日記指導」◆一宮市の小学校教員グループ
算数「楽しい算数の授業プラン」◆水野克則(小学校・名古屋市)
社会「中学生が考える原子力発電所の問題」◆加藤和子(中学校・名古屋市)
理科「『仮説』で楽しむ低・中・高学年の理科」◆加賀佳子 (小学校・あま市)
6年生の学級づくり「総合学習・東日本大震災から学ぶ」◆柴田雅史(小学校・豊田市)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 2012年の春の集会が4月21日(土曜日)に開催されました。魅力あふれる鬼頭正和先生の特別講座と、実践にすぐ役立つ4つの講座が開かれました。
要項は次のとおりでした。
愛知民教連2012春の教育集会

主催 愛知県民間教育研究団体連絡協議会 
後援 愛知県教育委員会
協力 あいち県民教育研究所

期日 2012年4月21日(土)

12:30 受付開始 13:00〜14:15 特別講座
14:30〜16:15 講座 銑

会場 名古屋市公会堂
名古屋市昭和区鶴舞1丁目
地下鉄鶴舞線鶴舞駅・JR中央線鶴舞駅下車すぐ
有料駐車場あり
参加費1000円(父母学生500円)
連絡先; 
〒470-0131
日進市岩崎町新ラ田87-8 澤田耕一 
TEL・FAX 0561-73-658


◆特別講座 13:00 〜14:15
 鬼頭正和先生 (春日井市・小学校)

今、学校で大切にしたいこと  〜教師の仕事の楽しみとやりがい〜
鬼頭先生は、長年にわたって民間教育運動を学んできた実践家です。子どもたちと共に楽しい学級づくり・授業を日々展開されています。これまでのさまざまな教育研究集会の報告では参加者に深い共感をもたらし、「参考になることがいっぱいあった。」という感想がありました。今回の講座でも「教師とは素晴らしい仕事なんだ」ということが伝わってくる話が聞けることと思います。ご期待ください。

◆講座 14:30 〜16:15
‐学校低学年
「きょうも がっこう たのしかったよ」
〜授業での工夫〜
  水谷忠二先生(一宮市・小学校)

⊂学校中学年
「文学作品を通して人間と生き方を見つめる」   
  佐藤千恵子先生(名古屋市・小学校)

小学校高学年
「律子さんとあき子さんに寄り添って」
  地多展英先生(豊田市・小学校)

っ羈惺
「仲間づくりと子どもの指導」    
  岩澤弘之先生(知多市・中学校)

2011年の第30回記念あいち教育大集会は、12月17日(土曜日)に季節を替えて開催をいたしました。9月3日(土)に予定をしていましたが、台風の影響でやむなく中止したものです。報告者・講演者の方々には再度ご都合をつけていただきましたこと、感謝申し上げます。講演・各分科会のレポートとも充実した内容でたいへんすばらしいものでした。
 行われた内容は以下のとおりです。

主催 第30回あいち教育大集会実行委員会 愛知県民間教育研究団体連絡協議会
協力 あいち県民教育研究所  後援 愛知県教育委員会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
会場は、日本福祉大学名古屋キャンパスでした。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
JR中央線の鶴舞駅および地下鉄鶴舞線の鶴舞駅からすぐのところにあります。da500af1.jpg


内容★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

講演 吉田豊さん 13:00〜14:30テーマ「学校教育の像を描き直す」
 
 21世紀に入って、学校教育の現場では大きな変化が生じています。そのことを現場の教職員はとまどいを感じながら見極めようとしています。学校が教育のメインルートであった時とは異なる子どもの成長の図があるようです。「子どもは変わらない」「子どもが変わった」という議論を別の視点から考えてみたいと思います。
吉田豊さんのプロフィール 
 1951年生まれ 愛知県立高校勤務をへて、現在は名古屋造形大学非常勤講師 学校法人理事 愛知詩人会議「沃野」同人 うたごえ喫茶伴奏者  ♪♪♪なお講演の中で、吉田豊さんのミニライブがあります♪♪♪
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

子育て・教育に役立つ講座 10:00〜12:00

A 「学力」?づくりを考える−小学校3年生の実践から◆ 羽根正司(小学校・名古屋市)
B  子育ては手つなぎの中で−今、保育園・地域の子育ては−◆伊佐治尚美(めいほく保育園・名古屋市)
C  震災とボランティア活動◆ 地多展英(小学校・豊田市)
D  学級づくりの新しい試みー小学校ー◆近藤俊克(小学校・名古屋市)
E  みんなが参加する中学校の学級づくり◆伊藤正人(中学校・名古屋市)
F 若い教師の教育実践交流講座◆世話人 山口正(愛知教育大学)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

授業と家での勉強に役立つ分科会 14:40〜16:40
国語・「スーホーの白い馬」を読む◆三輪聡 (小学校・春日井市)
作文教育・表現する楽しさと喜びを子どもたちに◆石田和義(小学校・名古屋市)
算数・楽しい算数の授業−教具を中心にして−◆水野克則(小学校・名古屋市)

英語・小学校と中学校をつなぐ英語教育◆小林国芳(中学校・春日井市)
子どもと楽しむ学級づくり−小学校−◆ 鬼頭正和(小学校・春日井市)
荒れとつきあう学級づくり−中学校−◆ 平野博通(中学校・名古屋市)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


2011愛知民教連春の教育集会を開催されました。魅力いっぱいの講演と、日常の実践にすぐ役立つ講座のプログラムで若い方々も参加され、充実した集会となりました。下記の要項での開催でした。

2011 春の教育集会

主催 愛知県民間教育研究団体連絡協議会 
後援 愛知県教育委員会
協力 あいち県民教育研究所

期日 2011年4月30日土曜日
12:30 受付開始 13:00〜14:15講演 14:30〜16:15 講座

会場 名古屋市公会堂
名古屋市昭和区鶴舞1丁目
地下鉄鶴舞線鶴舞駅・JR中央線鶴舞駅下車すぐ 有料駐車場あり
参加費1000円
(父母学生500円)
連絡先〒470-0131 日進市岩崎町新ラ田87-86 澤田耕一 TEL・FAX 0561-73-6580

◆講演 13:00 〜14:15
水内喜久雄さん
−−−−−−−−−−
教育における詩の魅力
−−−−−−−−−−
 水内喜久雄さんは「詩を通して子どもたちに命の大切さを訴え続けてきた活動」に対し、2010年10月に中日新聞社より『第42回・中日教育賞』を受けました。詩集だけの私設図書館ポエム・ライブラリー「夢ぽけっと」を名古屋市名東区本郷に開いています。主な著書には『ステキな詩に会いたくて−54人の詩人をたずねて−』『ドラえもんの詩が大すきになる』『輝け!いのちの詩』(以上小学館)『けむし先生はなき虫か』(大日本図書)『子どもたちに伝えたい戦争と平和の詩100』『子どもといっしょに読みたい詩100』『おぼえておきたい日本の名詩100』以上(たんぽぽ出版)『教室で読みたい詩12か月』『手話でうたおうベスト50』(民衆社)などがあります。名古屋市の小学校教員をつとめられていました。現在は大学で国語教育法などを担当しておられます。

◆講座 14:30 〜16:15①「今、授業で大切にしたいこととは」〜小学校の授業づくり〜    
鬼頭正和先生(春日井市・小学校)
②「子どもが楽しい学芸会の劇指導」〜お腹からセリフが言える指導・脚本作り〜      
土井政美先生(幸田町・小学校)
③「子どもを惹きつける小学校の英語活動」
丹下加代子先生(東海市・小学校)
④「作文の指導をどうする」    
石田和義先生(名古屋市・小学校)
⑤「道徳の授業を創る」 〜道徳教育をどうとらえ、どう実践するか〜
柴田康正先生(岡崎市・大学)

愛知民教連2010年冬の集会が行われました。経験がご豊富な先生と新進気鋭の先生とのダブル小学校企画ということで、貴重なレポートと豊かな討議ができました。内容は以下のとおりでした。
************************************
午前は  どうする小学校の英語活動
午後は小学校の若い先生からの実践報告

 「こんな授業をしてきました」

期日 2010年12月19日(日曜日)
会場 名古屋市女性会館 大会議室
   名古屋市中区大井町7-25   
   地下鉄名城線「東別院」下車1番出口より東へ徒歩3分
午前の部  10時00分 受付開始
10時30分より 開会行事にひきつづき
どうする小学校の英語活動 
小学校で始まっている英語活動をどう指導 するか、の実践です。
東海市の小学校の先生 丹下加代子さん
午後の部 13時30分より
こんな授業をしてきました 
小学校の若い先生の実践報告

愛知民教連ニュース癸隠械機■横娃隠闇10月号を発行しました。
その内容==================================
巻頭言「民間教育研究団体の出番の時に」山田清文
私の実践「よく見て、なぞって、確かめて−−きれいな字を書くための工夫−−
中島崇(学力研・小学校教諭)
第29回あいち教育大集会の報告
愛知で今夏開かれた全国大会の報告「歴史教育者協議会第67回全国大会」「第47回全国図工美術教育研究大会」「全国障害者問題研究会2010」
教育情報、催し物案内
======================================
購読ご希望の方は下記にご連絡ください。購読料は年間1000円です。(年間4回発行)見本紙の発送も受け付けています。

〒454−0962
名古屋市中川区戸田3−1211
      山田  清文
筺Γ藤瓧 052−301−7902
Email yamada39@kpd.biglobe.ne.jp

このページのトップヘ