あいち妖怪保存会 公式ブログ

イベント情報、創作物のおしらせ、メディア出演・掲載情報 などなど 発信していきます

こんにちは 【あいち妖怪保存会】です
愛知にゆかりのある 「あやしい」モノゴトを 掘り起こし カタチを与え
ふるさとの妖怪として 皆さんへとつなぐ さまざまな取り組みをしています

私たちの周りに 妖怪たちはたくさんいます
ぜひ いっしょに愛知妖怪を楽しみましょう

トークイベント レポート「語りつなぐ大府と遠野」(1)

平成27年11月21日(土)
おおぶ文化交流の杜図書館「秋の図書館まつり」が開催されました
『語りつなぐ大府と遠野 ~狐狸妖怪のいきるまち』では、
怪・妖怪をテーマに、物語の土壌について、地域の結びつきについて、
被災地の現状や、「遠野物語」など、さまざまな話題に触れながら、
それぞれの場所からふるさとの文化を記憶、記録し発信すること、
保存、継承することについて語りあいました

----------------------------------------------------------------------
会場は、愛知県大府市の文化複合施設 おおぶ文化交流の杜 allobu 会議室、
13時から15時過ぎまでの2部制で開催されました。
前半第1部は、郷土に伝わるお話の実演です。
3組のゲストが登壇し、三者三様のスタイルで地元のお話を披露しました。
 
img_0058
岩手県遠野市制作アニメーション「語りべ少女ほのか」の上映のあと、
遠野昔話 語り部の会  内田芳子氏による語りが始まります。
img_0073
演目は「むじな」「小僧と小便」「ザシキワラシ」。
本物の “遠野の語り部さん” の話を楽しみに来場された方も多く、盛大な拍手につつまれました。

続いて、大府の民話をデジタル紙芝居にしたて、発表しているグループ「お山の杉の子」。
地元に伝わるお話「天狗火」を取り上げ、物語のほか、現地の詳説や歴史背景などの解説も入ります。
img_0114

第1部のラストは、あいち妖怪保存会によるオリジナル紙芝居「名古屋の妖怪!?」。
特別ゲスト・新美優氏の趣向を凝らした演奏や、
とつじょ舞った紙吹雪に会場が盛り上がりました。
img_0138

休憩時間には、カフェこもれびさんのコーヒーを楽しんだり、
ちくさ正文館書店さんが販売する書籍を買い求めたり。
遠野文化研究センターによるパネル展示を眺める方もいらっしゃいました。img_0208

img_0045
写真提供:アドメディアP&D

 (「語りつなぐ大府と遠野」(2)に続きます)

「語りつなぐ大府と遠野」遠野まごころネットへ寄付しました

トークイベント「語りつなぐ大府と遠野」
会場で皆さまから寄せていただいた寄付を
NPO法人 遠野まごころネットへ送金しました
(平成27年11月24日)

-------------------------------------------------------
おおぶ文化交流の杜図書館「秋の図書館まつり」無事終了しました。
ご来場くださった皆さま、ご出演くださった皆さま、
ご尽力くださった皆さま、おおぶ文化交流の杜図書館スタッフに、
深く感謝いたします。

「語りつなぐ大府と遠野 ~狐狸妖怪のいきるまち~」にてお寄せいただいた寄付の内訳です。
会場内募金箱への寄付      6,783円
カフェこもれびさん売上より寄付 5,300円
総額12,083円


NPO法人 遠野まごころネット 一般活動支援金へ送金しました。
http://tonomagokoro.net/reconstruct/fundraising
皆さまのご協力に感謝申し上げます。
ありがとうございました。

「遠野まごころネット」の被災地支援活動記録は
 『新・遠野物語——遠野まごころネット被災地支援への挑戦 2011-2013』
として荒蝦夷より出版されています。
http://honto.jp/netstore/pd-book_25538592.html

11/1~ おおぶ文化交流の杜図書館 特集コーナー

11月1日より、おおぶ文化交流の杜図書館にて
「あいち妖怪保存会が選ぶ100冊」と「荒蝦夷 発行出版物」
特集コーナーが設けられています

-------------------------------------------------------------------
あいち妖怪保存会「開けてみよう! 異界への扉」
期間平成27年11月1日(日)~11月30日(月)
場所図書館出入口 正面スペース
hozonkai
選書リスト(PDF 397KB

荒蝦夷 発行出版物特集
期間平成27年11月1日(日)~11月30日(月)
場所レファレンスカウンター近く 郷土資料コーナー
araemishi

参考おおぶ文化交流の杜図書館 資料検索
       http://library.allobu.jp/csp/OPW/OPW/OPWSRCH1.CSP?DB=LIB&SID=0CTv9nlv8n_PpdGsfBjv0_3Ccv0St5iCiiEDam9htLSy&MODE=1&HOLDSEL=2

問合せおおぶ文化交流の杜図書館(HP) 
           愛知県大府市柊山町6-150-1
     TEL 0562-48-1808
 

11/21トークイベント「語りつなぐ大府と遠野」参加募集中!

11月21日(土)おおぶ文化交流の杜図書館「秋の図書館まつり」
トークイベント『語りつなぐ大府と遠野 ~狐狸妖怪のいきるまち
第1部・第2部の出演者、関係団体をご紹介します(敬称略)

-------------------------------------------------------------------------------
第1部 ふるさとの語り 紙芝居

遠野昔話語り部の会  内田芳子〔うちだ・よしこ〕
1934年 岩手県紫波町生まれ。盛岡短期大学卒。
2000年頃より遠野の語り部であった鈴木サツさんなどから昔話を聞き、語り部を目指す。
現在は「とおの物語の館」や「あえりあ遠野」を中心に語りを行っている。

グループ「お山の杉の子」
2015年5月、大府市民有志により「おおぶの民話 デジタル紙芝居工房」結成。
大府市教育委員会編『おおぶの民話』32話の電子紙芝居の制作を手がける。
電子紙芝居の実演は、「グループ お山の杉の子」の名称でおこない、
サロンや公共機関など、広く市民に向けてアウトリーチを実施している。

あいち妖怪保存会
2012年設立。愛知にゆかりのある伝説や伝承、噂話などから「妖怪」のキャラクタを
見出し、ビジュアル化・物語化・それらが語られた“仕組み”の解説等、
『愛知妖怪』として発信し、継承させていく取り組みをおこなう。
「愛知おもてなし妖怪隊」Webサイトの運営やグッズ制作など、メディアを問わず幅広く活動中。
-------------------------------------------------------------------------------
第2部 トークセッション

前川 さおり 〔まえかわ・さおり〕
遠野文化研究センター調査研究課 課長補佐 兼遠野市史編さん室次長
大船渡市文化財調査委員、国立歴史民俗博物館共同研究員
1970 山形県山形市生まれ。山形大学卒。
1992 遠野市立博物館に学芸員として採用。
    専門は民俗学、死者の絵馬やザシキワラシなどの遠野の民間信仰を研究。
2011 東日本大震災では沿岸被災地の図書館博物館の文化財レスキューに携わる。
2011年から2012年にかけて、「震災からよみがえった東北の文化財展」を遠野市立博物館、
東京都、静岡県、愛知県大府市横根公民館、兵庫県、愛知県安城市博物館で開催。
被災した図書館や学校に、本と書誌データを寄贈する献本活動を2015年5月まで行う。

土方正志[ひじかた・まさし]
編集者・作家。有限会社荒蝦夷代表。
1962年、北海道生まれ。東北学院大学卒。
2000年から2004年にかけて赤坂憲雄・森繁哉責任編集『別冊東北学』(作品社)の編集担当。
2005年、仙台に出版社「荒蝦夷」設立。
『ユージン・スミス楽園へのあゆみ』(偕成社)により産経児童出版文化賞受賞。
著書に『日本のミイラ仏をたずねて』(晶文社)、『パラリンピック物語』(リトルモア)、
『ケンタウロス、走る』(文藝春秋)など。
写真家・奥野安彦との共著に、『瓦礫の風貌阪神淡路大震災1995』(リトルモア)、
『てつびん物語 阪神・淡路大震災ある被災者の記録』(偕成社)。
荒蝦夷は震災後の出版活動により出版梓会新聞社学芸文化賞を受賞。

峯岸進〔みねぎし・すすむ〕 
おおぶ文化交流の杜図書館 館長
1975年宮城県仙台市生まれ。
大学卒業後、オーストラリアの寿司店で働き、帰国してからは司書資格を取得。
図書館流通センターに入社後は、くわなメディアライブに勤務。郷土資料の重要性を学ぶ。
岡崎市立中央図書館、一宮市立中央図書館の立ち上げにも携わる。

島田 尚幸 〔しまだ・なおゆき〕
あいち妖怪保存会 共同代表
1980年11月 愛知県名古屋市生まれ
愛知教育大学教育学部 卒業、名古屋大学大学院生命農学研究科 修了。
私立 東海学園 東海中学校 教諭(理科)。
東アジア恠異学会 所属、「尼ケ坂怪談」発起人、
ふるさと怪談トークライブ in 名古屋/静岡/田原 実行委員会 実行委員長。
怪談・妖怪・文学などを題材とした講演会・トークイべントに出演。雑誌等でコラムも執筆。
著書『やりなおし高校の生物』(ナツメ社)。
共著書に、『亀卜 歴史の地層に秘められたうらないの技をほりおこす』
(東アジア恠異学会編 臨川書店)、『響鬼探究』(加門七海・東雅夫編 国書刊行会)、
『怪異学入門』(東アジア恠異学会編 岩田書院)など。
-------------------------------------------------------------------------------
会場内販売
ちくさ正文館書店
昭和36年創業。名古屋市地下鉄・JR千種駅より徒歩3分。
特に人文書の充実に定評があり、全国から出版関係者・書店関係者、愛書家が訪れる。
仙台の地方出版社『荒蝦夷』の東日本大震災被災を受け、
「支援するには本を買うしかない」と、直ちにブックフェアを開設した。
現在も特設コーナーは継続中。

caféこもれびFBページ
2015年7月、JR共和駅西口 ロータリーに面したビル2Fにオープン。
コクテール堂から仕入れた「エイジングコーヒー」を使用している。
生豆を熟成させてから焙煎するという特殊な製法で、扱っている店は県下でも数えるほどしかない。
当日は、会場で豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、300円で提供、
収益は「NPO法人 遠野まごころネット」へ寄付となる。
店長の山田優美子氏は、愛知県被災者支援センターの立ち上げと運営に携わり、
「3.11を忘れない大府実行委員会」の実行委員も務めている。
-------------------------------------------------------------------------------
寄付先
NPO法人 遠野まごころネットHP
東日本大震災で被災した岩手県沿岸部の被災者の方々を支援するべく、
遠野市民を中心として結成された被災地支援団体。2011年7月27日設立。
ボランティアコーディネート、被災者の見守り、コミュニティセンターや就労支援センターの運営、
物産販売、奨学金制度の設立、伝統芸能イベントへの支援などをおこなっている。
「語りつなぐ大府と遠野」会場内に設置される募金箱への寄付とcaféこもれびの収益は、
一般活動支援金として送金されます。
-------------------------------------------------------------------------------
『語りつなぐ大府と遠野 ~狐狸妖怪のいきるまち~』
日時:平成27年11月21日(土) 13時~15時(開場12:30)
会場:おおぶ文化交流の杜 2F会議室
   愛知県大府市愛知県大府市柊山町6-150-1


問合せ・申込み
おおぶ文化交流の杜図書館    
電話(0562-48-1808)または図書館カウンターにて
 HP https://library.allobu.jp/
 
prof_chirashi
 

11/21「秋の図書館まつり」全体概要

11月21日(土)
おおぶ文化交流の杜図書館で開催される「秋の図書館まつり」
お子さんからご年配まで楽しめる8つの企画でお待ちしています。
大府市外からのお越しも大歓迎です。

-----------------------------------------------------------------------
リサイクルフェア(9:00~16:00 2階サポーター室)
図書館・公民館の除籍本、寄贈本を無料配布します。

おはなし体験 ものがたりの杜(10:00~11:00 ギャラリーallobu)
遠野昔話語り部の会・内田芳子さんの語りや
グループ「お山の杉の子」による大府の民話のデジタル紙芝居実演、
「語り部少女ほのか」アニメーション上映をおこないます。

おおぶの歴史クイズに挑戦しよう!(10:00~16:00 図書館グループ室2)
大府学研究会による大府の歴史ミニ検定試験。
合格者には缶バッジをプレゼント。

ミニ・ビブリオバトル(10:30~11:30 図書館グループ室1)
ビブリオバトル入門講座と
「妖怪」をテーマとするミニ・ビブリオバトルを開催します。

ハンドベル演奏(11:00~11:20 図書館おはなし広場)
至学館大学学生による演奏会。

語りつなぐ大府と遠野 ~狐狸妖怪のいきるまち~(13:00~15:00 2階会議室)
語り・紙芝居実演の第1部と、
東北と愛知で活躍するゲストによるトークセッションの2部構成。予約制。
*空席あり。図書館に電話、もしくは直接来館してお申込みください。

スルメ式読書術 きみも目指せ、読書家!!(14:00~15:00 ギャラリーallobu)
武井シュウジさん提唱「スルメ式読書術」を学ぶ講座。(*定員に達しました)

魔女の実験教室(15:00~16:00  図書館おはなし広場)
魔女による光を使った実験教室を開催します。
--------------------------------------------------------------------------
問合せ・申込み
おおぶ文化交流の杜図書館
Tel 0562-48-1808
HP https://library.allobu.jp/

program_
poster
 

11/21妖怪ミニ・ビブリオバトル【秋の図書館まつり】

おおぶ文化交流の杜図書館「秋の図書館まつり」にて
【妖怪ミニ・ビブリオバトル】が開催されます

-------------------------------------------------------------
日時平成27年11月21日(土) 10:30~11:30
会場おおぶ文化交流の杜図書館 グループ室2

概要
第1部  「ビブリオバトル」って何?  (10:30~11:00)
     簡単なルール説明と全国のビブリオバトルを紹介します。
第2部  妖怪ミニ・ビブリオバトル  (11:00~11:30) 
    「妖怪」をテーマに、バトラー4人がさまざまな切り口から
     おすすめの本をプレゼンテーションします。
     最後に、来場者の投票によってチャンプ本が決定されます。

出演(バトラー)服部繁彦氏、島村ゆに氏、ひさな氏、鈴子氏(順不同)  
 
観覧入場無料。各部20名。
   予約不要です。直接会場にお越しください。

問合せおおぶ文化交流の杜図書館
           愛知県大府市柊山町6-150-1biblio
館内には「ビブリオバトル」特集コーナーが設けられています
PROFILE
お問い合わせ
aichi.youkwaitai@gmail.com