2008年01月25日

08 Spring Collection Coming soon!!

みなさん、こんにちは。まだまだ寒い日が続いていますね。
そんな寒さを吹き飛ばすかのように、書店に並ぶファッション誌ではすでに今年の春のトレンドが紹介されていて、冬のコートを脱いで、早くカラフルな春物が着たい!!っていう気持ちになってきちゃいますよね。
今日発売のSOUP4月号でも、ちらほらと、A.I.Cの春の新作が紹介されていて、P.5には、昨年12/26に行ったSpring Collectionのフォト撮影で撮りおろした写真も掲載されています。
今回のブログでは、そのSpring Collectionのフォト撮影の模様をご紹介します。
                       
            -----

2008年春のA.I.C/another important cultureのテーマは、"Bloomers"(ブルーマーズ)。
透明で張りつめた冷たい空気の中から、柔らかい春の日差しを感じて自然が息吹くように、解けて氷へと変化する雪の下に透ける花の色のような、優しい春の息づかいを繊細に、力強く表現。ふんわりと優しい色使いに、ピュアで、無駄のないスポーツテイストを盛り込んで、甘さと潔さが共存する『都会の春の庭園』をイメージしたコレクションとなっています。
テーマタイトルの『Bloomers』は、"Bloom=咲く"、"Bloomer=開花する"という意味と、実は、古き良き日本の体操服である"ブルマー"も同じスペリングということもあり(笑)、スポーティなテイストを盛り込んだテーマとなっているんです。

このイメージをもとに、新緑が春の日差しに揺れるイメージのロケーションを求めて、いざ都内某所の公園から撮影スタート。



olga1
今回、A.I.Cの姉ライン "another important culture"のモデルを務めてくれたオルガアレックスは、以前も数回に渡り、カタログBOOKに登場したこともあるモデル。近頃ではテレビCMにも出演しているので、ご存知の方もいるかも?




olga2
オルガのファースト・カットから撮影開始。今日はどんなイメージでアクトすればいい?との質問に、「雪の結晶の中から生まれた女王さまって感じのイメージでね」と答えると、普通「?」となってしまうところ「OK!」の一言。さすが!
ちなみにこの橋、意外と高く、下には冷たい小川が...脚がちょっと震えてます。。




park2
そして次のカットへ。このセットも実は同じ公園内!VMDのマサ君による素晴らしいセッッティングの中、まるで妖精のような、A.I.Cのモデルを務めてくれたアナンダ。

...この後数カットを撮りおろし、次の室内のシチュエーション撮影のため、吉祥寺のCAFE AMARへ移動!



cafe amar1WEBの冒頭に映し出されるFLASHムービーにも使われているこのフォトは、カフェに備え付けられた素敵なアンティークのブランコを使って、こんな風にセットを組んでの撮影。


cafe amar2なんとこのブランコ、かつてはインドの小学校の中庭にあったものだとのこと!(何か運命を感じてしまったスタッフ一同)通常営業中は、このブランコ席でもお食事が楽しめるそうです。

そして次のカットへ...。


cafe amar7

ここのカフェのもう一つの魅力、素敵なお部屋のような中庭があるんです♪




cafe amar3





それを窓の外から...



cafe amar5





こんな風に...





cafe amar4

実は手を震わせながら、マサ君が裏でお花を支えてくれてます...



そんな風に他数カットも無事撮り終えて、カフェの皆さんにご挨拶。
右側が今回のカフェをお借りするにあたり、色々とご配慮をいただき、当日は私たちの撮影の為に、オープン時間までも遅らせて頂いた、ご担当の山口さん。
おかげさまで思った通り、素敵な作品が撮れました!ありがとうございました。

cafe amar8


cafe amar6



lanchおいしいと評判のランチをテイクアウトさせて頂き、みんなでランチをいただきました♪
こちらは、生ハムを使ったバゲットサンド。おいしかった〜♪♪








Cafe Amarさんは、吉祥寺駅から徒歩5分の、すぐ近くにあります。
フードのおいしさはもちろん、パリとモロッコがMIXされた雰囲気の、素敵なインテリアのカフェです。皆さん、是非行ってみて下さいね。
http://cafeamar.jugem.jp/



さて!おいしいランチでお腹いっぱい、パワーを漲らせながら、次のロケーションへ。
ここからは日没までの短い時間内での撮影だった為、写真には収められませんでしたが、ファンタジーと幻想が入り交じったような、素晴らしい作品の数々をシューティング。

park





park3

そして最終カット。『雪が溶けて、春の日差しを感じて自然が息吹く』イメージを、芝生に草花を敷きつめてセッティングして撮影したもので、今回の作品で、スタッフが一番気に入っている写真。
冒頭にも書きましたが、SOUP4月号にも掲載されている作品です。





今回の撮影に参加頂いたSTAFF皆さんとの、まさに共同作品。
素敵な世界観を表現して下さったフォトグラファーの横山ヤーマン氏、ヘア&メイクの素敵さはもちろん、和やかなムードでみんなを笑わせてくれたTOBI君、冬の寒い中、野外のロケーションで、油断すると転げ落ちてしまいそうな急斜面に寝転んだり、と、過酷な撮影にも笑顔で応じてくれた、モデルのアナンダ&オルガの2人、スムーズにロケーションへ運んでくれた、ロケバスのみくにさん。

皆さんに撮影に関わって頂き、素晴らしい作品が取れました、
心から感謝です!ありがとうございました☆



なお、この撮影での2008 SPRINGカタログBOOKは、2月からsands of time,Lotus Bootie Buttiの各店ほか、一部のセレクト頂いているSHOPにて配布しております☆
この撮影で使用されたウエアを始め、アクセサリー、シューズも、これから3月にかけての入荷となりますので、お楽しみに♪♪


xxx from A.I.C STAFF xxx

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔