aamall

金価格が上がる理由

2012年04月21日

金の値段が上がる本当の理由

=================================================
無料「元々3万円だった4枚組DVD、1人ビジネス起業法」

もともと32760円で実際に売られていた4枚組DVD
「1人ビジネス起業法」が今なら無料でもらえます。

これは大変お得なので、ぜひ確認しておいてください。

http://123direct.info/tracking/af/111576/aW8uZd9K/
=================================================






  ”ごんた”です。 
 




  今日は、

 「金の値段が上がる本当の理由」

を説明します。





 豊島氏や評論家などの著書を読んでいる方は、
そんなこと今更説明されなくても、わかっていると思います。
しかし、ほとんどの方が勘違いしていると思うので、敢えて説明します。


 金の値段が上がる理由、
それは、インフレになりそうだからではありません。
お金に信用がなくなってきたからではありません。
将来が不安だからでもありません。


もちろん、そういう状況が背景にあることは間違いありません。
もっと単純です。


 金の値段が上がる理由、それは、・・・

“買う人がいるから”

あるいは、

“買いたい人がいるから”です。


 答えになっていないと思う人もいると思います。
この言葉の意味を知って投資をするのと、
この言葉を知らずに投資をするのでは、その結果が大きく変わります。


 なぜ“買いたい人がいる”のでしょう?

理由は簡単です。
明日上がると思うからです。


将来が不安だから買う人もいます。
他に頼りになるものがないから買う人もいるし、
割安だから買う人もいます。


理由はなんだっていいのです。
それらの人に共通しているのは、
“明日上がると思うから”買うんです。


つまり買われているから、値段が上がっていきます。
買いと売りの力が買いに傾いている時に値段が上がり続けます。


 金そのものの価値は、時代や社会が変わってもまったく変わりません。
株のように会社の業績や将来性によって違いがあるわけではありません。
金1gはいつの時代でも金1gの価値しかないのです。


しかし、その値段は社会や経済状況によって変わります。
その状況が悪くなってくると金を買いたい人が増えるので、
金の値段が上がります。







 お薦めのサイト

▼口コミ人気の紫紺乃米BBクリームの賢い買い方?






aidenet at 14:00|Permalink

2012年04月07日

金の値段が上がる6つの理由 その3

―――――――――――――――――――――――――――
中卒 but 大富豪
大富豪 but 世界一気さく
大富豪 but 世界一さわやか

こんな大富豪本当にいるの?

バリバリの日本人です。
しかもバリ島に住んで世界中の人をハッピーにしています。(誇りです!)

そんな大富豪が、
周りを幸せにしながら成功する本物の成功法則を
あなたに限定で伝授します。

大成功の扉はこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=11277&iid=49216
※人を幸せにしたい人だけ見てください。
―――――――――――――――――――――――――――






  ”ごんた”です。 
 




  今日は、

 「金の値段が上がる6つの理由 その3」

です。




(5)中央銀行の金購入

 1990年代にはドル黄金期の中で欧州中央銀行の金売却が
金価格を押し下げました。



ところが、2001年9月11日米同時多発テロを境に、ドル不安が強まる中、
対外準備資産として金を逆に購入する動きが出てきました。



特に、膨大な外貨準備を保有するに至ったアジア中東諸国の、
外貨準備の中での金のシェアーは僅か1%程度なのです。
(欧米諸国は40%前後 金を保有しています。)



そして昨年2011年は、中国、ロシア、ブラジル、インドなどの
Brics諸国だけでなく、新興国が金を買い始めています。
その流れは、さらに加速しそうな勢いです。






 (6)年金基金の参入

 金現物を購入し、有価証券を発行して上場する形式の新商品
金ETFが開発され、欧米の年金基金が長期保有を前提に金への
分散運用を始めてから、かなりの年が経過しました。



既に、その購入総量は2,000トンを超えています。
中国の年間金需要の10年分近い金の現物が長期保有され
大手銀行の金庫に保管されています。







 お薦めのサイト

▼口コミ人気の紫紺乃米BBクリームの賢い買い方?







aidenet at 14:00|Permalink

2012年03月31日

金の値段が上がる6つの理由 その2

―――――――――――――――――――――――――――
中卒 but 大富豪
大富豪 but 世界一気さく
大富豪 but 世界一さわやか

こんな大富豪本当にいるの?

バリバリの日本人です。
しかもバリ島に住んで世界中の人をハッピーにしています。(誇りです!)

そんな大富豪が、
周りを幸せにしながら成功する本物の成功法則を
あなたに限定で伝授します。

大成功の扉はこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=11277&iid=49216
※人を幸せにしたい人だけ見てください。
―――――――――――――――――――――――――――






  ”ごんた”です。 
 




  今日は、

 「金の値段が上がる6つの理由 その2」

です。





 (3)有事の金

 イラン大統領はイスラエルを地図から抹消するなどと
挑発的言動を繰り返したり、核査察を拒んだり、ホルムズ海狭で
軍事演習をしたり、イラン情勢は一触即発の状況です。



それにパキスタンやアルカイダのテロが懸念されるような事態になると、
最後に頼りになるのは金だという考えが強まります。



 1980年に史上最高値の850ドルを記録した時も、
イラン革命、テヘランの米大使館人質占拠事件など
イラン情勢緊迫化のなかでオイルショックによるインフレが
進行した結果なのです。



 中東の火薬庫と言われる地域での政情不安は、
トルコのクルド人問題からパキスタンにまで拡がり、
地政学的リスクが高まると、そのヘッジとして金が買われます。



今回は、その上にジャスミン革命と言われる中東の民主化運動の
広がりによって、さらに地政学的リスクが大きくなっているのです。






 (4)中国、インド経済の台頭

 人口10億以上を抱える両国の巨大な購買力を背景に、今回は、
銀、銅、亜鉛などメタル全般が買われています。



特に、両国とも文化的に金大好きのお国柄なので、
7〜9%の経済成長とともに金需要が急増しています。



中国は外貨準備も日本を抜き世界一に膨れ上がり、
その一部を金での運用を始めたようです。



また、中国では四大商業銀行中心に民間の金解禁が始まった間がありません。
ますます金の需要が増えそうです。







 お薦めのサイト

▼オンリーミネラル ファンデーションを買うなら楽天?





aidenet at 14:00|Permalink

2012年03月24日

金の値段が上がる6つの理由 その1

------------------------------------------------------
●超一流証券会社にて250億円を運用していたプロの
ファンドマネージャーによる、勝率86%超えの日経225
オプション配信を、約1ヶ月間「完全無料」で体験できます。

「勝率86%超えの日経225オプション配信」
http://www.infotop.jp/click.php?aid=11277&iid=39689

3月25日から3月28日までの4日間だけの募集!
------------------------------------------------------






  ”ごんた”です。 
 




  今日は、

 「金の値段が上がる6つの理由 その1」

です。




 (1)原油高とインフレ懸念

 70年代に2度のオイルショック後のインフレで金価格は4倍に
急騰した歴史があります。



そこで金はインフレに強い資産と言われるようになりました。
今回も原油などの天然資源高騰が進行する中で、
金が買われているのです。



更に、オイルマネーが分散投資の一環として金を購入する動きも見られます。





 (2)ドル資産からの逃避(ドルからユーロ、そして金へのマネーの流れ)

 米経済は一見羽振りが良いのですが、実は台所は赤字で火の車です。
政府、個人の抱える借金、そして外国からの借金が双子の赤字と呼ばれ、
その返済をどうするのか心配されています。



そこで、ドルの将来に不安を感じたマネーはユーロへシフトして、
ユーロは対円で最高値をつけました。
ところが、ヨーロッパの債務危機によって、そのユーロが
危なくなってきたため、またドルに還っています。



 世界の投資家は資産の多くを米ドルで保有してきたのですが、
これから、また”ドル離れ“現象が顕著となってきそうです。
その受け皿として金が浮上しているのです。



金はドルの代替通貨として特に無国籍ゆえに、
欧米の経済圏の傘下に入ることに抵抗を感じる
中東、ロシア、中国などで選好される傾向があります。







 お薦めのサイト

▼仲直りにメール?





aidenet at 14:00|Permalink

2012年03月17日

金の値段が上がる6つの理由

=============================================
20年以上にわたって利益を上げ続けてきた秘密を
現役プロトレーダーが7日間集中講座で告白。

野川徹のオンライントレードスクール(無料です)
↓ ↓
http://123direct.info/tracking/af/228183/oSUiC9yf/

7日間も超一流の映像がただで見れるなんて無いです。
映像1つの中に入っているモノだけでも、ものすごい投資利益を
出してくれるヒントがゴロゴロしていました。
↓ ↓
http://123direct.info/tracking/af/228183/oSUiC9yf/
=============================================-






  ”ごんた”です。 
 




  今日は、

 「金の値段が上がる6つの理由」

です。





 なぜ金(ゴールド)の値段が上がっているのでしょう?

 金に関する専門家や評論家の方たちが、金の値上がりしている理由
として上げているのは、だいたい次のようなものだと思います。

1.原油高とインフレ懸念
2.ドルからユーロ、そして金へのマネーの流れ
3.有事の金
4.中国、インド経済の台頭
5.中央銀行の金購入
6.年金基金の参入




 これらの要因はいずれも一過性ではなく構造的な要因ばかりです。
それが 日替わりメニューのように日々の金(ゴールド)の値段に影響を
与えているために、持続性のある長期上昇トレンドになっているのは事実です。




 これらの6つの理由について、次回もう少し詳しく説明します。

そして、最も本質的な要因である『お金に対する信用がなくなったこと』
について考えてみたいと思っています。









 お薦めのサイト

▼女性が失恋から立ち直る方法とは?






aidenet at 14:00|Permalink

2012年03月10日

金価格が上昇する時代背景 その2

=============================================
20年以上にわたって利益を上げ続けてきた秘密を
現役プロトレーダーが7日間集中講座で告白。

野川徹のオンライントレードスクール(無料です)
↓ ↓
http://123direct.info/tracking/af/228183/oSUiC9yf/

7日間も超一流の映像がただで見れるなんて無いです。
映像1つの中に入っているモノだけでも、ものすごい投資利益を
出してくれるヒントがゴロゴロしていました。
↓ ↓
http://123direct.info/tracking/af/228183/oSUiC9yf/
=============================================-






  ”ごんた”です。 
 




  今日は、

 「金価格が上昇する時代背景 その2」

です。



 1971年にアメリカがベトナム戦争後の財政赤字のために、
ドルと金(ゴールド)との交換を停止してしまいました。



そうです。ニクソンショックです。
1971年を境に、ドルは何の根拠もない単なる

 『紙切れ』

になってしまったのです。



さらに、悪いことは重なります。
資本主義真っ盛りの時代だったのです。



資本家が労働者を使って「利潤」を追求するというのが、資本主義の目的です。
つまり、「お金儲け」が正義なのですから、お金儲けのために
誰もが頑張ることになります。



その結果、お金がどんどん増えていくことになるのです。
そして、ついには、お金の増殖機能がフルに働くことになります。



金本位制のように、お金の量を縛られることがないのですから、
お金を増やすために、いろいろなしくみが考えられました。



その代表が「デリバティブ」です。


 「デリバティブ」というのは、伝統的な金融取引から
相場変動によるリスクを回避するために開発された金融商品です。



先物取引もデリバティブです。
商品や株の先物取引は、とても簡単ですし、
鉱山や農場経営者にとって必要なデリバティブです。



しかし、リスク分散が逆にリスクの拡散になってしまって
大きな問題になったサブプライム・ローンなどの
デリバティブ取引は、どう考えても異常です。




 それでは、この「金余り」の時代に、
どれほどお金の量が増えたのでしょうか?              


我々は、生きていくために働き、その対価としてお金を手に入れ、
生きていく上で必要な食べ物や衣類などを手に入れます。
このような行為によって成り立っている経済を「実体経済」と言います。



それに対して、預金、そして株、先物取引、FXなどの投資行為など、
お金だけで市場が動き、利益や損失を生み出していく経済のことを
「マネー経済」と言います。



 ニクソンショックの後、デリバティブ取引などによってお金が増殖した結果、
「マネー経済」は、「実体経済」の100倍まで膨れ上がったと言われています。



実際のところ、デリバティブ取引の実態を完全に把握することができないので、
誰も確かな数字を言うことができないようです。



金本位制の元では、「マネー経済」と「実体経済」の比率は、
ほぼ1:1だったのですが、それが100:1にまで
増殖してしまったという訳です。



 日本の国家予算の額は、一般会計と特別会計の総額は、
重複している部分を差し引きすると約200兆円ぐらいです。



この200兆円というのは、実体経済の金額として妥当な数字だと
考えていいと思います。
この金額を「マネー経済」のレベルで考えると、200兆円の
100倍ならば2京円という天文学的な数字になってしまいます。



日本経済は世界の10%を占めていると考えると、
世界全体で20京円ぐらいのお金が、所有されていると考えられます。



この数字は1年間の国家予算から想定してきた数字ですから、
すでに蓄積されている部分もあると考えると、
さらに大きな数字になると思います。



それがどのくらいになるのか、まったく想像することができません。
仮に20京円の10%のお金が動き回っているとすると2京円です。



東京証券取引所の1日の売買代金は5兆円にも満たない額ですから、
2京円の1%、200兆円が流れ込んできただけで、市場が一瞬で
パニックを起こしてしまうことは、容易に想像できると思います。



このように、もの凄い量のお金が、新たな利益を求めて世界中を
動き回っています。お金がお金を生み出す時代なのですから、
人類の有史以来これ以上「投資」に適した時代はないと言えるでしょう!



 我々一般庶民は、「実体経済」の中でノンビリと楽しく暮らす
ことができれば、これ以上幸せなことはありません。
しかし、現実は「マネー経済」が原因で原油や穀物などの商品の価格が
上昇したり為替が変動すれば、ガソリンや食物だけでなく
生活必需品の価格が嫌でも影響を受けてしまいます。



好むと好まざるにかかわらず我々庶民は、「マネー経済」の影響を
受けて生活しなければならない環境におかれてしまいました。







 お薦めのサイト

筋トレの仕方で体脂肪が減る?






aidenet at 14:00|Permalink

2012年03月03日

金価格が上昇する時代背景 その1

------------------------------------------------------------
たった10000円にも関わらず、
3か月にわたって、アフィリエイトで稼ぐ方法を教えてくれる塾です。

ノウハウを丸投げで終わりというわけではなく、
質問にも答えてもらうことができます。

また、テンプレートやツールもついてきて、
さらに、3か月で30万円稼げなかったら全額返金保証付きです。

新時代のアフィリエイト戦略Future

http://www.infotop.jp/click.php?aid=11277&iid=47730
------------------------------------------------------------






 ごんたです。




 金(ゴールド)の価格が上昇せざる得なくなった背景を説明します。


金価格が上昇する理由を考える前に、
我々が信じて疑うことのない資本主義の本質と
お金の機能について知らなければなりません。



それを知らずに、いくら理由を知ったところで、
将来の役に立つとは思えないからです。



 今現在が、どのような時代にあるのかを考えてみましょう!
「投資」を前提に、時代の流れを考えると、
キーワードは『金余り』の時代だということです。



それでは、なぜ『金余り』の時代になったのかを考えてみましょう。

お金には、交換、蓄積、増殖の3つの機能があります。
ここで問題なのが増殖機能なのです。



銀行にお金を預けておけば、利子がついて自然に増えるのですから、
本来であれば、とても良い機能です。



金本位制をとっていた時代には、金(ゴールド)という裏付けがなければ、
お金の量を増やすことができませんでした。



 ところが、太平洋戦争後の1944年に、IMF体制を作った時に、
金本位制を止めドルを基軸通貨とする制度にしました。



この時は、ドルは金(ゴールド)と交換できる制度ですから、
金(ゴールド)の裏付けがないと、やはりむやみやたらに
お金の量を増やすことができませんでした。



問題は、1971年にアメリカがベトナム戦争後の財政赤字のために、
ドルと金(ゴールド)との交換を停止してしまったことです。



そうです。ニクソンショックです。
1971年を境に、ドルは何の根拠もない単なる

 『紙切れ』

になってしまったのです。



 ドルというお金が成立する前提は、アメリカに対する信用だけなのです。
今の国際通貨制度は、すべて各国家の信用の上に成り立っています。
そのため、需要があれば、いくらでもお金の量を増やすことができるのです。
紙幣を印刷すればいいだけですから。







 お薦めのサイト

▼介護福祉士試験の合格率90%以上の勉強法!





 



aidenet at 13:30|Permalink

2012年02月25日

金の値段は30年周期で上がる

――――――――――――――――――――――――――――
●『やる気の育てかた』

 http://www.pubooks.jp/click.php?aid=1582&iid=201

 『やる気』があれば、なんでも可能になります。
つまりは、やる気のコントロールが自分の可能性をコントロール
をする事になるのです。常にネガティブで非生産的な生活を
繰り返すのはそれだけで大きい人生の損失を出しています。

”最大限に自分の能力を開花させたい人”は、
ぜひ読んでみてください。
――――――――――――――――――――――――――――




 私のへたくそな文章で説明するよりも、私が尊敬する本間 裕氏が、
このあたりの状況をうまく説明しているで紹介します。

本間氏は投資顧問会社を経営している投資のプロで、国際的な見識と科学的・東洋学的な
分析に基づく時代の観察・投資眼に定評がある方です。

本間 裕氏の著書「マネーの原点」(マルジュ社 2003年刊)から引用します。


ここから引用*****

 インフレの30年サイクルは有名だが、コインの歴史からもこのことは実証できる。
過去2000年間のコインの歴史を尋ねると、ほぼ30年ごとに発行枚数が少なくなっている。
つまり、金や銀価格の高騰により、金貨や銀貨を発行することが難しくなり、
発行枚数の減少が起きている。
その年のコインには希少性が出るために、価格が高くなっているのである。

そして、現在起きている出来事も30年前とそっくりな状況と言えよう。
1971年の「ニクソンショック」以降の出来事と、2001年の「ワールド・トレードセンター事件」以降の
出来事に、きわめて高い類似性が見て取れるのである。


 1971年の12月に「スミソニアン体制」が発足した。
ところが、翌年の6月にはその体制が崩壊し、金融の混乱が加速した。
そして、1973年の初頭から「インフレ懸念の台頭」が起きたのだが、
十月にはオイルショックにより、あっという間に「狂乱物価」になってしまったのである。

当時の「トイレットペーパー騒動」は、いまだに人びとの記憶に残っているが、
現在では考えられないような騒ぎだった。
国民の多くが「トイレット・ペーパー」がなくなってしまうと思い、慌てて買いに走ったのである。


 このときに起きたことは、典型的な「ボトルネック・インフレ」だったようだ。
ボトルネックとは、「ビンの首」を意味している。
ビンの中に入っている液体が一度にこぼれないようにわざと細くしてあるのだが、
このことは、満員の劇場を想像していただければいいかと思う。

その劇場に「突然の火事」が起きたとしよう。
その場合には、全員がいっせいに出口に殺到するのだが、出口が狭すぎて出られないのである。
そして、このような状態が、金融の世界に起きた時に「ボトルネック・インフレ」が起きるようだ。


 一方、2001年9月以降起きていることは、その年末に「エンロン事件」、
2002年の6月には「会計疑惑」というように、ほぼ同じようなサイクルで大事件が起きている。
また、一次産品価格もほぼ同じような動きをしていることから考えると、
30年前同様のボトルネック・インフレが始まるのではないかと考えている。


 現在の世の中には、史上最大規模のお金が存在する。
そして、ほとんどの人が「お金さえあれば安心だ」と思っている。
しかし、オイルショックのような事件が起きると、お金を持っていても物が手に入らなければ、
お金が役に立たないことに気づく。

このような「意識の変化」が、前述の「劇場の火事」に相当するのである。
そして、慌ててお金を物に換えようと殺到したのが、30年前の「トイレット・ペーパー事件」の真相だった。
しかも、現在のお金の量は、30年前に比べると桁違いに多くなっている。

ところが、一次産品価格は当時に比べてほとんど変化していない。
このことから分かることは、今度ボトルネック・インフレが起きれば、
30年前の数倍の規模になるということであろう。


 過去30年間の歴史を見ると、1970年代は「世界的なインフレ」だった。
そして、金や原油の価格は約20倍になった。

ところが、1980年代は一転して株式や土地の時代になった。
特に、日本においては、「土地バブル」と「株式バブル」が起き、
国民全員が「土地神話」や「株神話」を信じ込んでしまった。

また、当時は、「銀行の不倒神話」や「企業の終身雇用神話」も存在し、
誰も日本の将来を疑う人がいなかったのである。

十数年経った現在から考えられないことだが、バブルという熱狂の中では、
人々は、「疑う」ということを忘れてしまうのかもしれない。

 *****ここまで



 金(ゴールド)の値段が30年周期で上がっていること、
そして、30年前と同じようなことが今起きていることが分かります。

ということは、我々は今30年に一度しかない大きなチャンスに遭遇しているということです。





aidenet at 14:13|Permalink
DMM
記事検索
Archives