2009年05月01日

住宅用火災警報器

皆さんもご存知の通り今回は住宅用火災警報器を

紹介したいと思います。

住宅用火災警報器の設置が法律で義務付けられたのは

ご存知だと思います。各県によって完了期日がまちまちです。

中国・四国地区は全県 平成23年5月31日までです。


P1020605panasonic製電池式火災警報器

無線式連動型





当社で扱っているパナソニック製の無線式連動型の火災警報器です。

火災警報器には電池式と100V電源式を2種類あります。

電池式は本体内部に電池をセットして約10年は電池がもちます。

100V電源式はコンセントまたは電源を直接本体に接続(電気工事士の資格

が必要)します。また、タイプは単独式と連動式(有線・無線)とあります。

単独式は読んで字のごとく火災時に火が出ている部屋のみ鳴ります。

連動式は設置し部屋のどこで火災になってもすべての火災警報器が鳴ります。

私は連動式をおすすめします。また、有線式は電線で各火災警報器を接続し

ないといけませんが無線式は一度設定すれば配線もいりません。

今回は火災警報器本体の違いを説明しました。次回は取付位置などを紹介

します。

オール電化・太陽光発電・施工認定店・電気工事店
有限会社アイエス電機ホームページ




aiesudenki at 15:11│Comments(0)TrackBack(1)電気工事 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. くちこみブログ集(ライフ): 火災警報器/火災報知器 by Good↑or Bad↓  [ くちこみブログ集(ライフ)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓ ]   2009年05月11日 07:51
「火災警報器/火災報知器」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字