aigre-doux(フランス語で甘酸っぱい味のこと)

職場での出来事や日々の暮らしの中で… 私が感じたことを綴っています。

BMW R90/6... Alfa Romeo 1750 Berliner... ともにバラシの途中です。
1976年式のBMW R90/6...900ccの水平対向エンジン搭載です。
シャフトドライブ特有の乗り心地を楽しみたいと思ってます。5677734911_ed6f0d10fe_b
20100812_1646204

1971年式のAlfa Romeo 1750 Berliner...個体としては珍しいセダン。
こちらの個体は、再生ならびにレストアが非常に大事になります。DSCF1439
DSCF1413

現在進行中の様子をザックリと写真で紹介します。まだ先は...長い(笑)IMG_20180217_093437
IMG_20180217_093450
IMG_20180217_093517
IMG_20180217_093536
IMG_20180217_093547
IMG_20180217_093643
IMG_20180217_093557
IMG_20180217_093626
IMG_20180217_093655
IMG_20180217_100950
IMG_20180217_101011
IMG_20180217_101057
IMG_20180217_102057
IMG_20180217_102127
IMG_20180217_102140
IMG_20180217_102203
IMG_20180217_102359
IMG_20180217_102942
IMG_20180217_102952
IMG_20180217_103046
IMG_20180217_103132
IMG_20180217_103416
IMG_20180217_103433
 

小生は、名刺の肩書を『時游人』にしています(笑) 一応、教師ですが...
『教育者』としては、相応しくない『生き方』をしてきた感がある故に
『自由人』ではなく『時遊人』...敢て『時游人』と表記してます。
『男』たる者...死ぬまで好き勝手に生きることが仮に出来たならば...
幸せに違いない!そうありたいと願う!然し乍...現実は、厳しい(笑)
大人の事情で様々な制約もあるが...小生は、好き勝手に生きてます。

『車』&『バイク』に関しては、今時の若者たちにとっては...どんな存在?
小生達、昭和世代の男にとって...憧れを抱き!それらを手に入れる為...
頑張ったものですが(笑) 今の子達は、興味が無いんでしょうかね〜?

Karmann Ghia type34に憧れ、1969 最終モデルを手に入れた!死ぬまで乗るぜ(笑)7T2A0993_original
IMG_20171126_102056
IMG_20171126_102135
IMG_20171126_102211
IMG_20171126_080952
IMG_20171125_190456
Harley-Davidson 1960 Duo-Glide 1200FLH Panhead
Harley-Davidson 2006 Sportster XL1200R Evolution
Honda 1970 DREAM CB750 Four K0 バイクもまた『男』にとって最高の道具だ!DSCF2828
1940008_1575394879349423_7809868660211052332_n
DSCF5714
IMG_20161107_152956
DSCF2281
DSCF2823
DSCF5771
1509172445622
1509172433809
DSCF1562
DSCF1563

そして...新たにAlfa Romeo 1750 Berlina をレストアスタート!とてつもなく手強い(笑)IMG_20171202_120821
IMG_20171202_120751
IMG_20171202_120739
IMG_20171202_120631
IMG_20171202_120617
IMG_20171202_120542
IMG_20171202_120533
IMG_20171202_120516
IMG_20171202_120506
IMG_20171202_120452
DSCF1413
DSCF1440
DSCF1439
残された人生を楽しむ!遊ぶ為に頑張る!『自游人』として...来年は、新たに(笑)
1994 Rover MINI Mayfair 1.3L 4MT & BMW R90/6 を手に入れる予定(笑)24232539_1981315948757312_5758476653875036021_n
5677734911_ed6f0d10fe_b
20100812_1646204

昭和45年...HONDA DREAM CB750 FOUR 名古屋仕様です!
機関番号 : CB750E-1051***   車体番号 : CB750 -1051***IMG_20171028_153917
DSCF6481
DSCF6480
DSCF6479
DSCF6478
DSCF2435
DSCF1586
DSCF1583
DSCF1582
DSCF1581
DSCF1580
DSCF1578
DSCF1577
DSCF1576
DSCF1575
DSCF1574
DSCF1573
DSCF1572
DSCF1571
DSCF1570
DSCF1569
DSCF1568
DSCF1567
DSCF1566
DSCF1565
DSCF1564
DSCF1563
DSCF1562
1509172413552


T34で静岡まで七桜(Nao) とドライブ...オイル交換ついでにレストア中の
Alfa Romeo 1750 Berlina とお宝Bikeに会いに雨の中、行ってきました。
Alfa Romeo1750 は、エンジンが下され...足回りもバラしてありました。DSCF1587
DSCF1588
DSCF1589
DSCF1590
DSCF1591
DSCF1592
DSCF1593
DSCF1595
DSCF1594
DSCF1596
DSCF1600
DSCF1601
DSCF1602
これから...パーツの拾い出しとN.O.Sの在庫確認...スケジュールetc.途方もない(笑)
パーツが揃わなければ、エンジンの載せ替え(2000GTV)...構造変更申請かも!
お宝Bikeは、Blogを改めます!ベールを脱ぐ時が来ました(笑) 中々の代物です!

18th. VW AUTUMN...京都、嵐山~高雄ドライブウエイにて開催ミーティング(^^)
台風の心配をしながら(笑)チョッと参加を迷ったミーティングでしたが...天気は
イベント中、大丈夫でした!イベント内容も若干、前倒しで進み...順調に終了!
17時には、帰って来られました。Best KARMANN GHIAも頂き...Happyでした。DSCF1537
IMG_20170917_212830
IMG_20170917_124507
IMG_20170917_212421
IMG_20170917_212659
IMG_20170917_213114
DSCF1541

鐡馬1号のバディシートをワンオフ!オリジナルも気にせず...ブッた斬る!
正直...『正気の沙汰』では、考えにくい行動にしばしば出る傾向があり(笑)
この世にひとつ!大好きフレーズ(笑) 唯一無二!なんて気持ちイイ響き(笑)IMG_20170919_165218
IMG_20170919_165148
IMG_20170919_155033
IMG_20170919_155015
IMG_20170919_154704
IMG_20170919_154736
パッと見...お判り辛いかもしれませんが(笑)使用前、使用後の写真を比べると?
かなり、スリムでコンパクトになったのがお判りになるかと...跨った時、股関節に
当る部分が細くなり、ロングドライブにバッチリの筈!北海道ツーリング仕様(笑)
1960年のオリジナルをカット!グラインダー!溶接!グラインダー!塗装!(笑)
もったいない!という人が圧倒的に多い(笑) But...小生のBIKEですから問題ない!
Abusolutely!!! No,Probrem!!!! 完全にイカレて居ります。所詮、乗り物!道具です!
使ってナンボ?の感覚です。座面のスポンジは、拘りの『赤スポンジ』に変更(^^)
お値段以上の質感です。座ってこそ分かる...上質な『座り心地』まさに長距離仕様。IMG_3190
IMG_3189

T34の天井に亀裂が入り正直、凹んでました(笑) 補修で取敢えず凌ぐか?
キッチリ!張り替えるのか?長い熟慮の末...出した答えは!金が掛かる方に(笑)
T34の天張りは、窓ガラスを外し...ウインドウシールを取っ払ってからの作業!
巻き込むタイプなので...スゲ〜厄介なんです。況してや、ゴム関係が入手困難!
モールも鍍金に出し、再生が済んでます...業者さんが遣りたがらない仕事に(笑)
結局、お世話になってるところにお願いしました。ご面倒をお掛けしました。
T34の天張り内側の断熱材...箒の材料『シュロ』(笑) グラスウール仕様に変更!IMG_3142
IMG_3143
IMG_3144
IMG_3147
IMG_3148
IMG_3149

T34が納車から1年...あっと言う間です。但し、納車後250日間レストア
をしてましたので実際は、乗り始めてから凡そ3ヶ月程度ですね。
今回は、自分なりに...より快適なT34にする為の整備でしたIMG_20170803_170840
IMG_20170803_170943
IMG_20170803_171046
車に興味の無い方にとっては、別に説明など必要ないかも知れませんが
フロントシグナル(右側)の不灯...並びに、リアシグナル(右側)のハイフラッシュ。
シグナルランプをドイツから手に入れ、BBFで再メッキ加工を外注依頼して...
既存のバルブホルダーを外し、国産のバルブソケットを組み込みました。
スモールランプをシグナルライトからスモール付きヘッドランプに変更。
ヘッドライトHi & Low切り替え不良の修理。ヒューズBOX、ライトSWの
脱着および点検。ライトリレー、ワイパーSWの点検および交換。すべての
配線関係をチェック。引き直しを含み...アース不良や端子不良の修理および
部品交換。クーラー稼働時のエンストに対処する為...電圧点検で原因を把握。
アイドル時にクーラーのコンプレッサークラッチが入ると...アイドルおよび
電圧の下がりが多いので、アイドルカッターと負荷リレーの取り付け。
1,300回転でコンプレッサーONに設定しました。マフラーからの排気漏れに
伴う、脱着および修理。タコ足の位置調整とガスケット交換。ワイパーゴム
交換とワイパーのテンション調整。フロント窓ガラスの雨漏れ修繕。最後に
オイル交換(20W50)とパッキン交換でした。NICE-CLAPのボスの計らいで...
なんとか6桁台で収まりました(笑) 今回の整備で更に極上の一台が仕上がり
1969年製 Karmann Ghia T34...まさにビカビカ!素晴らしい車になりました。

レストアに取り掛かった...小生のアルファロメオ1750ベルリーナの様子です(笑)
エンジンの圧が全く上がりませんし...当然ですが、ミッションも怪しいですね。
ブレーキを含め、足回りがらデフに至るまで...大事になりそうな様相でしょうね。
エンジンをオーバーホールするか?ボアアップするか?或いは、載せ替えか?
部品調達の具合と相談しながら...最善の再生方法をNICE-CLAPさんと相談です。

アルファロメオ 1750...シリーズとして、1967年〜1972年に ベルリーナ(4ドアセダン)
GTV(2ドアクーペ) スパイダー(2ドア2座オープン)を揃えて登場した。1750の名は...
エンジン排気量が1,779ccだが...1800とはせず1750と名乗ったのは、1930年代の
名車Alfa Romeo 6C1750に肖ったためである。DSCF1439
DSCF1414
DSCF1413
1750シリーズは入れ替わりに生産中止された6気筒エンジン搭載のアルファロメオ
2000/2600に代わって、ずっと小型ではあるもののアルファロメオのトップモデル
(アルファロメオ・モントリオールやアルファロメオ・ 33ストラダーレのような...
スーパースポーツを除く)としての役割を果たすべく登場した。構造的には概ね、
1970年代半ばまで並行生産される1,300〜1,600ccクラスのアルファロメオ・ジュリア
と共通であった。DSCF1429
DSCF1430
車体は、ベルリーナのみホイールベースが2,350mmに延長され、ベルトーネのデザインで新しい車体(全長4,390mm・全幅1,565mm)が与えられた。ウインドウスクリーン
などをはじめ...多くのパーツはジュリアと共通であった。また、ベルリーナとGTVには
4灯式のヘッドライトが与えられ、GTVのフロントノーズは従来の「段付き」とは異なる。
やがてジュリア系にも採用される新しいデザインだった。スパイダーは、ジュリア系と
全く同じボディを用いていた。DSCF1450
インテリアはダッシュボードが新しくされ、大きなタコメーターとスピードメーターが
ドライバー正面に据え付けられた。GTVのシートはヘッドレスト埋め込み式となった。DSCF1512
DSCF1421
DSCF1420
1779ccのエンジンはジュリア1600用エンジンのストロークを82mmから88.5mmに
延長したもので、DOHCツインキャブレター付き。ベルリーナは、118馬力。
スパイダーとGTVは、122馬力を発揮した。ジュリア1600と比較すると、最高出力の
差は、さしたるものではなかったが、レブリミットが7,000rpmから6,000rpmに
下げられたことからも明らかなように、低速域での扱いやすさが大いに改善され、
高速クルージングも楽に行えるようになっていた。排気ガス規制が厳しくなりつつ
あった北米での販売車種は、1750のみに絞られ、SPICA製燃料噴射が装備された。DSCF1501
DSCF1502
DSCF1507
パワーに対応して、1750にはホイール・タイヤサイズの拡大、リアサスペンションへの
ロールバー追加、ブレーキ性能の強化され、ロードホールディングや制動力を改善。DSCF1518
DSCF1520
1970年にマイナーチェンジを受けて「シリーズ2」となり、ブレーキが二系等式となり、
フロントウインカーは、バンパー上部から車体に移行することとなった。DSCF1535
DSCF1534
DSCF1532
DSCF1531
DSCF1536
DSCF1528
DSCF1527
DSCF1526
DSCF1523
DSCF1522
1971年にはベルリーナにZF製3速オートマチック付きが追加された。シフトショックが
大きく、ギアレシオがエンジン特性にマッチしておらず...性能・燃費ともに悪影響が
大きかったこともあって、生産台数は250台前後と極めて少なかった。DSCF1525
DSCF1524
DSCF1529
DSCF1533

平成28年4月から...地元の後輩に関わる諸々に携わっていた。
余命宣告の通り、彼は3ヶ月後の昨年7月...この世から逝った。
大きな相手...小さな相手...身近な諸事情に怨恨、厄介な事案...
凡そ一年間に及ぶ業務でした。全てが今日...終わりました。
この案件に関わる...全ての書類が私に届きました。ご遺族を
代表して、御長男の方に書類をお渡しして『遺言執行人』と
しての私の勤めが終わります。本来は、弁護士や行政書士が
引き受ける業務...素人の関われる仕事で無い事は、当初から
解っていましたが...とても『タフ』な一年間でした。合掌DSCF2223
DSCF1495
DSCF1499

このページのトップヘ