2005年02月

2005年02月28日

ネット閲覧が影響?

(毎日新聞が報じている)
 
大阪府寝屋川市で起きた教職員殺傷事件。
 
殺人未遂容疑で現行犯逮捕された少年が約1年前から、少年事件関連のホームページに頻繁にアクセスしていたという。
神戸市須磨区の小学生連続殺傷事件や西鉄高速バス乗っ取り事件など。
また、厳罰化した改正少年法を解説したページなどにも閲覧の形跡が。
 
捜査本部は、これらの情報に少年が影響を受けた可能性があるとみているそうだ。
 
 「ネット閲覧が影響?」
 
私見だが、この閲覧が事件に結びついたとするならば、「情報教育の遅れ」が原因だと思う。義務教育改革の中で、早急に検討されるべき問題のひとつかもしれない。


aihara3333 at 10:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他報道 

2005年02月27日

親子ドリル@050227

お待たせしました。
「親子ドリル」今週号は<12時>に配信します。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼今週のカリキュラムをご覧ください・・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「ライブドアVSフジテレビ」から、家庭教育を考える
 
 【こんな日、あんな日】 (お子さまとのコミュニケーションに)
 「27日(日)は新撰組の日
 「3日(木)は雛祭り
 「5日(土)は啓蟄(けいちつ)」
 
 【季節の言葉】
 「桃の節句」もものせっく
 「流し雛」ながしびな
 「雛納め」ひなおさめ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 【日曜日】今週の名言    〔ヘンリー・デビッド・ソロー
 【月曜日】今週のコラム   〔食生活指針
 【火曜日】ほんとうの学力  〔遊びと学力
 【水曜日】親の音読     〔芥川龍之介
 【木曜日】家庭教育講座   〔褒められたい!
 【金曜日】情報・環境教育  〔今、地球で起きている問題
 【土曜日】子どもの病気   〔子ども達の花粉症

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


aihara3333 at 11:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 親子ドリルの連絡 

2005年02月26日

オンリーワン!

(共同通信が伝えてくれました)
 
てんぷらや煮物など、温かい手料理をそのままに、保温しておくことができる(専用室を備えた)冷蔵庫が登場しました。
 
 「はじまりはいつも、シャープから。」
 
仕事や塾で帰りが遅い家族にも温かい手料理を!−−そんなニーズから生まれた商品。
 
その名は「愛情ホット庫」。
家庭用の鍋や大皿が入る大きさで、最長8時間の保温が可能。また、スイッチひとつで冷蔵や冷凍、ワイン庫にも切り替えることができるという。
 
 「常に新技術のパイオニアであれ!」
 
ナンバーワンよりオンリーワンを追い求める(シャープの)精神がまた、私たちの食生活を豊かなものにしてくれそうだ。
 
 「コンビニ弁当庫」
 
そうならないようにするのが私たちの義務?
 
【参照】シャープ(ニュースリリース)
フレンチドア・ノンフロン冷蔵庫<SJ−HV46J>
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/050225-a.html


aihara3333 at 15:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 住まい&ご家庭 

2005年02月25日

イラクって、どこ?

各メディアが一斉に報じました。
 
 「イラクって、どこ?」
 
大学生の43・5%、高校生の45・9%が分からなかったそうです。
(日本地理学会地理教育専門委員会調査)
 
当事務所が毎週配信している「親子ドリル」でも触れましたが、ニュース番組のあと、その場所を(地図等で)確認するなどの「家庭環境(家庭教育)」を創ることが大切だと思います。
 
 「歴史と地理をバランスよく学ばせる」
 「(小中高を通じて)地球儀や地図帳を活用する」
 
確かに、このような提言も有効だとは思いますが、身近な日々のニュースが最大の教材だろうと(私は)思います。
 
 ・大きな声で「音読」させる
 ・人の意見を「聴写」させる
 ・日常生活で「算数」を体験させる
 ・日々のニュースを(題材に)「思考」させる
 ・・・・
 
そんな学習を通じて、総合的に・・・。

【参照】「イラクはここです!」(総務省統計局HP)
http://www.stat.go.jp/data/sekai/h4.htm


aihara3333 at 11:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他報道 

2005年02月24日

家庭でも虫歯治療?

毎日新聞電子版がおもしろい記事を伝えてくれたのでお知らせします。
 
「人工エナメル質で患部修復」「削らず塗るだけ」
 
虫歯を削らずに、フッ素入りの人工エナメル質を歯に塗るだけの新しい治療法の開発に、民間研究所「FAP歯科研究所」と山梨大のチームが成功したという。
ただし、初期の虫歯治療。
 
歯を作るカルシウムの一種「アパタイト」などで作ったのり状の素材を、虫歯に塗って、約15分間放置すると、歯と一体化。エナメル質が覆うことで歯を強化、素材に含まれるフッ素が虫歯を治すという。
 
これまで、人工アパタイトを歯に定着させるためには「高温と高圧」が必要だったそうだが、アパタイトに酸性の溶液を混ぜることで、常温でも、歯の表面に定着させることが可能になったという。
 
私たちが経験している治療法は、「虫歯を削り、金属などを詰めるというもの」。
時間が経過すると歯に詰めた金属と歯の間に隙間ができ、再治療・・・そんな感じだった。
 
「これなら、器用な親御さんなら、家庭でもできるのでは?」
 
そんなことを私は考えた。
そうなると、定期的な検診さえ怠らなければ、家庭でも対応できる。
法的な問題等もあるのだろうが、「家庭での虫歯治療!」
実現されれば、これほど画期的なことはない。
 
「初期虫歯には、○○○アパタイト」
 
もしかすると、そんな時代が来るかもしれない・・・?


aihara3333 at 11:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他報道 

2005年02月23日

朝食べる子は勉強もできる

(共同通信が伝えてくれました)
 
和歌山県教育委員会が県内の小学4年生と中学1年生、計約2000人を対象に調査した結果、「朝食を毎日食べる子は、食べない子に比して、学力テストの正答率が【最大16ポイント】も上回る」ことが分かったという。
 
  【小学4年生】
  朝食は毎日食べる=86・7% (4教科合計の正答率=73・5%
  朝食は食べない = 0・8% (4教科合計の正答率=57・6%)↓
 
  【中学1年生】
  朝食は毎日食べる=85・7% (5教科合計の正答率=62・7%
  朝食は食べない = 1・4% (5教科合計の正答率=57・1%)↓
 
私見ではあるが、「朝食」は家庭生活習慣のバロメーター。一事が万事・・・。
「生活習慣の乱れが成績に直結」という結果で、「朝食有無」が真の原因ではない。
「家庭環境(=生活習慣)の良し悪し」=「(子どもの)成績の良し悪し」
 
・・・頑張りましょう、お父さん、お母さん! (もちろん、私も例外ではない)


aihara3333 at 10:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 住まい&ご家庭 

2005年02月22日

犯人から逃げる警官

(急きょ社用で外出、投稿が遅れ、すみません)
 
チョッとビックリです。
警官が犯人から逃げたそうで・・・」
 
こんなことって、あるんですね!
皆さん、ご存知でしたか?
(毎日新聞電子版が報じてくれました)
 
本日午前の閣僚懇談会で、小泉首相が激怒したそうです!
「逃げるとは何事か。よく状況を精査して注意するように」
「ごもっとも!」
 
その姿がTV放映されたそうで・・・。
事件は、19日朝、お台場(東京・港区)で起きました。
 
薬物中毒の疑いがある男性容疑者が交通事故。
駆けつけた警官に「近づくな、殺すぞ」と怒鳴りながら、金属バットのようなものを振り回したそうです。
犯人を取り押さえる過程で、警官が容疑者に追いかけられたとか。
 
「ご指摘のようなことがあれば、おわびしたい」(国家公安委員長)
「これも、ごもっとも!」
 
私自身が見ていないため、コメントの出しようもないわけですが、これではコメディー。
一事が万事です。
 
「まちと住まいと子ども達」の安全・安心は誰が守るのでしょう?
「安全・安心も自己責任!?」
 
これでは、税金を払う人がいなくなりますから・・・(残念!)


aihara3333 at 15:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 自分が住むまち 

2005年02月21日

歯科治療費も補助

(毎日新聞電子版が伝えてくれました)
 
埼玉県鴻巣市では06年度から、中学生の入院費無料に加え、新たに『歯科治療費を含む15歳までの子どもの医療費すべてを補助、無料化』するそうです。
小児がんなど高額医療費についても、国の医療費補助などと重複しない分を補助。
 
 〜子どもの医療費って、バカになりませんよね〜
 「この子が中学を卒業するまでは、鴻巣市に住もう!」
 
そんな親御さんも出てくるのでは?
予算との関係もありそうですが、とてもいい施策に思えます。
 
 「皆さんが住むまち」にも、こんな制度があるのでは? (知らないだけ?)


aihara3333 at 11:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 自分が住むまち 

2005年02月20日

親子ドリル@050220

今週の「親子ドリル」を配信しましたので、そのお知らせになります。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼今週のカリキュラムをご覧ください・・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「大阪府寝屋川市の市立小学校で起きた事件」について
 
 【こんな日、あんな日】(お子さまとのコミュニケーションに)
 「20日(日)はアレルギーの日」

 【季節の言葉】
 「日向ぼっこ」 ひなたぼっこ、 「薄氷」 うすらい、 「温む」 ぬるむ、
 「三寒四温」 さんかんしおん

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 【日曜日】今週の名言    〔内村鑑三〕
 【月曜日】今週のコラム   〔文部科学大臣あいさつ〕
 【火曜日】ほんとうの学力  〔親の好奇心〕
 【水曜日】親の音読     〔志賀直哉〕
 【木曜日】家庭教育講座   〔いい学校って?〕
 【金曜日】情報・環境教育  〔今週から環境問題/京都議定書〕
 【土曜日】子どもの病気   〔熱さましの使いかた〕

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


aihara3333 at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 親子ドリルの連絡 

2005年02月19日

リボン着用で授業参観

(毎日新聞電子版が報じてくれた情報)
 
和歌山県那賀郡の打田町立池田小学校では一昨日、授業参観に訪れた保護者に(事前に児童を通じて配布した)青いリボンを着用してもらったそうです。
 
 もちろん、侵入者と識別するため・・・
 
リボンの着用を教職員が校門で事前確認、保護者であることを識別されたそうです。
大阪府寝屋川市で起きた小学教職員殺傷事件を受けて行なわれたこの対策。一昨昨日、「保護者・児童に安心感を与えよう」と、学校が急きょ決めた対策だそうです。教職員がリボンを約10センチ幅に切り取り、依頼の手紙を添えて(386人の)全児童に持ち帰ってもらったとのこと。
 
多くの電子機器による(デジタルな)対策が広く検討されている中、とてもすばらしい対策に思えてなりません。毎回、リボン色をかえるなど、今後に課題を残す対策ではありますが、多くヒントを与えてくれたように思います。
 
 授業でお母さん、お父さんに「案内状」を制作
 それを持参していただく・・・等々
 
そんな(アナログな)対策も、今後、各学校で検討されていくのでは?


aihara3333 at 11:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然なるままに