2005年03月

2005年03月31日

中立地開催?

(日刊スポーツが伝えてくれました)
 
(昨晩のバーレーン戦で辛勝した日本代表。その裏で・・・)平壌の金日成スタジアムで行われた北朝鮮−イラン戦・・・。
 
主審の判定に不満を持った北朝鮮サポーターが、主審やイラン代表選手に向かってビンや石などを投げつけ、一時暴徒化。
アジアサッカー連盟(AFC)からも何らかの処分が下るのは必至の情勢。
最悪の場合、次の日本戦(6月8日)。
無観客試合か、ホーム権はく奪による中立地開催になる可能性があるとしています。
 
日本にとっては願ったり叶ったり・・・。
でも、北朝鮮代表チームのご家族の想いを考えると複雑です。
予定通り、平壌での開催・・・そして日本の勝利!!
私はこうなることを強く望んでいます。


aihara3333 at 18:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他報道 

2005年03月30日

親の放任

(毎日新聞が伝えてくれました)
 
都保健福祉局。(03年度中に)都内11カ所の児童相談所で受け付けた<1199件>に及ぶ非行相談について、(児童福祉司らから)書面による報告を求めた調査の結果。
 
 <非行の原因>
 1位 (29%) 「親の放任」
 
 <非行が改善しない要因>
 1位 (27%) 「親の放任」
 
 <非行が改善した要因>
 1位 (31%) 「保護者の協力」
 
私見ですが、『親と子の(適切な)コミュニケーション』・・・これに尽きるのでは?


aihara3333 at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 住まい&ご家庭 

2005年03月29日

学校選択制は約1割

(毎日新聞が伝えてくれました)
 
市町村内に2校以上の公立小・中学校がある全国自治体のうち、(昨年11月時点で)約1割の自治体が「学校選択制」を導入しているそうです(文部科学省調)。
 
 (文部科学省)
 「学校の序列化につながるとの指摘もあり、無条件にいいとは言えないが、
  子どもの満足度を高める学校改革のひとつの方策ではある・・・」
 
私公立の別なく、学校間で「いい意味での競争が図れる」という点で、私は大賛成!!
 
 「皆さまが住むまちはいかがですか?」
 「何か、問題が出てますか?」


aihara3333 at 10:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 自分が住むまち 

2005年03月28日

KW乳酸菌

(毎日新聞電子版が伝えてくれました)
 
「KW乳酸菌」に新たな効果が見られることをキリンビールが確認したそうです。
 
 (花粉症ばかりか)アトピー性皮膚炎にも改善効果あり!
 
(今回の臨床試験の概要)
アトピー性皮膚炎の症状がある成人84人に対して3カ月間実施。KW乳酸菌入りのカプセルを(1日200ミリグラム)服用するグループと、別の中身のカプセルを飲むグループに分け、その症状の変化を調べたそうです。結果、KW乳酸菌入りのカプセルを服用したグループに、かゆみが軽くなったり、皮疹面積が小さくなる効果がみられたと。ただ、血液検査では明確な変化なし。
 
「KW乳酸菌を使った商品」、注目しましょう。


aihara3333 at 10:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他報道 

2005年03月27日

親子ドリル@050327

今週の「親子ドリル」を今、配信しました。
ご購読、ありがとうございます。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼今週のカリキュラムをご覧ください・・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「サッカー日本代表」にみる「想定済み」・・・
 
 【こんな日、あんな日】(お子さまとのコミュニケーションに)
 「1日(金)はエイプリルフール」
 
 【季節の言葉】
 「猫柳」ねこやなぎ、「猫の恋」ねこのこい、「春炬燵」はるごたつ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 【日曜日】今週の名言    〔ヘレン・アダムス・ケラー〕
 【月曜日】今週のコラム   〔卒業前に勇気ある訴え〕
 【火曜日】ほんとうの学力  〔家庭でのお手伝い〕
 【水曜日】親の音読     〔親鸞〕
 【木曜日】家庭教育講座   〔いじめ〕
 【金曜日】情報・環境教育  〔うんち、おしっこ〕
 【土曜日】子どもの健康   〔太りすぎ〕

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


aihara3333 at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 親子ドリルの連絡 

2005年03月26日

インターネット5カ条

(毎日新聞電子版が伝えてくれました)
 
都教育委員会が「ネットを適切に活用する能力を(子ども達に)育成する」ための<教員向指導資料>を作成されたという。

 ▼ネットに関する利用5カ条▼
 1.うそや不確かさに気付き、正しい情報を選ぶ
 2.正しい情報を、相手のことを考えて伝える
 3.他の人や自分の情報をむやみに知らせない
 4.他の人が作ったものを使うときにはルールがある
 5.インターネットの特性を知って使う
 
私見ですがこの5カ条、「利用」という範疇で捉えるよりも「情報」という範疇で捉えた方がすっきりします。活用する能力を育てると同時に、情報自体をアナログベースで学ばせる必要があるように思います。なぜなら、(項目5以外は全て)アナログの世界でも同じこと。


aihara3333 at 10:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) わが子に伝える 

2005年03月25日

見てみぬふり

(日本経済新聞が伝えてくれました)
 
先週末、内閣府が「少年非行に関する世論調査」の結果を発表しました。
 
喫煙などの不良行為をしている少年を見つけた時、きちんと注意する大人はわずか1割。
注意したいが見てみぬふりをする大人が54%だそうです。
 
見てみぬふりをする大人の理由は、暴力をふるわれる恐れがあるが78・8%。
注意しても聞き入れないと思うが14・3%。
 
正直(こと現状に至っては他人では)手がつけられない!
そんな子ども達も多いように思います。
私はこう考えます。
 
 事後責任はあくまでも家庭(身内)であり、
 事前責任は当人を含め、家庭はもちろん、学校、地域にあると・・・。
 
善意の注意がもとで、(暴力等)傷つくことも多いのが現実です。
非行に至らないような家庭でのしつけを含む教育・・・。これが大前提だと。


aihara3333 at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他報道 

2005年03月23日

子ども達の視点で

(毎日新聞電子版が伝えてくれました)
 
「子どもに安全、安心な街を考える講演会」 (群馬県前橋市)
 
今週の月曜日、安全で安心な街づくりを考える「第6回子どもに安全、安心な“まち”を考える講演会」が群馬県前橋市で開かれたそうです。群馬県における昨年の刑法犯認知件数は戦後最悪を更新。この日、多くの学校関係者らが参加して「防犯」への関心の高さを示す講演会になったそうです。
講演された東大大学院研究員(都市防犯計画)の樋村氏がこんな指摘をされたそうです。
 
「大人が子供の行動範囲、通学路や遊び場などをどれだけ詳しく把握しているかが重要」
「大人と子供が街を歩き、子供の視点で街の構造を把握して、防犯に取り組むべき」
 
『親と子の(有形、無形な)コミュニケーション』
『子ども達の視点で“まちたんけん”』
 
この2つがキーワードのように思います。
私たち、大人(親、先生・・・)にできることが見えてきたような気がします。


aihara3333 at 14:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 各種講演等 

2005年03月22日

動機不明

(毎日新聞電子版からの情報です)
 
いわき市の中学3年の男子生徒が「威力業務妨害容疑」で地検郡山支部に書類送検されたそうです(福島県警郡山署)。
 
郡山市の小学校に「お前らを殺す」「死ね」などと脅迫する電子メールを17回にわたって送信、同校の運営を妨害した疑いです。送信先は同校が公開しているホームページ内のメールボックス。携帯電話からの投稿だそうです。
 
 「なぜ?」「なんのために?」
 
そんな「?」だけが残る事件です。  ・・・動機不明・・・


aihara3333 at 11:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他報道 

2005年03月21日

愛・地球博なら全額補助

(毎日新聞電子版からの情報です)
 
三重県四日市市の市教委がこんな方針を打ち出しました。
 
 「四日市市の小中学校が社会見学で「愛・地球博」に行く場合、
  その入場料は【全額補助】する」
 
同市の教育長が「万博見学は非常に有意義」とし、市内全小中学校に対して、見学を推奨していく考えを示したもの。今後、補正予算で措置していく方針だそうだ。
 
社会見学の場合、団体入場券扱いとなり、1人800円。約2万7000人の児童・生徒すべてが参加した場合でも、その経費は約2200万円で済むという。
昨日配信させていただいた「親子ドリル」でもお伝えしたとおり、「愛・地球博」開催の目的は2つ。
 
 1.地球規模の課題解決に向けた方向性を示すこと
 2.人類のこれからの生き方を示すこと
 
確かに子ども達にとって、とても有意義なものになるに違いない。
「自分が住むまちの子ども達にとって何が大切か!」を最優先に考え、近県を含む各市町村からの「困惑の声」を聞く前に英断されたこと、「すばらしい」としか、いいようがない。この行動力、全国の市町村教委も見習うべきでは?
 
 「今も変わらない箱物行政の無駄遣いより、何百倍、いや何千倍の価値がある」
 
そう思います。


aihara3333 at 11:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 自分が住むまち