2005年05月

2005年05月31日

太りやすい!?

花王株式会社が伝えてくれました。
 
「現代サラリーマンの太りやすい生活行動」を。
 
6割以上のサラリーマンが「早食い」「不規則な食事時間」など、自らの食生活が「太りやすい環境下にある」と分かっているにもかかわらず、それを変えることができず、また、減量ができない実態にあるということです。
 
【参照】花王株式会社「ニュースリリース」
http://www.kao.co.jp/corp/news/2005/2/n20050530-01re.html
(リンクの事後承諾、よろしくお願い致します)
 
・・・
 
みんな、頑張って!!


aihara3333 at 10:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然なるままに 

2005年05月29日

今週の親子ドリル

今週の親子ドリルは、休刊になります(第5週は休刊日)。
 
新しくお読みになられる方・・・6月1日以降、下記URLからお申込みください。
1カ月目は無料購読(試読期間)、月初のお申込みが断然お得!
 
【参照】まぐまぐ!プレミアム 「親子ドリル」
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/24/P0002491.html
 
・・・
 
「お母さんの家庭教師」「生きる力は家庭で身につく」「わが子と学ぶ」
「親が知り、親が気づくこと=子が知り、子が気づくこと」
・・・
 
そんなコンセプトのメルマガです。
ぜひ、ご試読ください。


aihara3333 at 09:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 親子ドリルの連絡 

2005年05月27日

心地よい時間

(時事通信が伝えてくれました)
 
「1週間で最も心地よい時間」
 
<夫> 土曜日の午後9時(自宅でくつろぐ時間)
<妻> 曜日の午前10時(夫が出勤した後の時間)
 
6月10日、「時の記念日」を前に、シチズン時計が毎年行っているアンケート調査の結果がこれ。
 
・・・
 
<夫婦>って、何?
そんな結果が・・・!


aihara3333 at 14:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 住まい&ご家庭 

2005年05月24日

教育という名の商い

(毎日新聞が伝えてくれました)
 
「教科書にあっても、入試に出ない分野は(ほとんど)教えていない」
 
今年の2〜3月にかけて行われた、私立高校の3年生を対象にした全国調査の結果がこれ。全国355校、9万7509人から回答を得た(東京理科大数学教育研究所の)アンケート・・・在学中に履修した数学の内容を聞いたそうだ。
 
センター試験など、入試によく出る分野、「数と式」「数列」は全体の約9割が履修したと答えた一方で、入試に出にくい「平面幾何(図形の定理や証明)」の履修は全体の30・6%、「確率分布」は同18・5%、「統計処理」にいたっては、同2・3%という結果。
 
「入試に出ないものをやる余裕はない」
 
そんな回答も寄せられたという。
 
・・・
 
「入試に出るもの」=「(社会に出てから)役立つ知識(知恵)」
 
それならば納得もいくが、必ずしも、そうとは限らない。

一例かもしれないが、「統計処理」などは、その根っこにある考え方を学生時代にマスターしておくことは、社会に出てからの応用分野も広く、非常に役に立つ。
 
「学習内容の受験シフト」
 
これでは、「教育という名の商い」と言われても、仕方がないのでは・・・?
 
(100歩譲って・・・『社会に出てから役立つ入試問題』・・・これを熟考されたい!)


aihara3333 at 10:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然なるままに 

2005年05月23日

これからのお医者様!

産経新聞が伝えてくれました。
 
医学部の5、6年生の約半数が「血液型検査」でA型とB型を間違うなど、判定ミスをしていたことが、旭川医科大学輸血部の調査で分かったという。
 
「実習などでも正解率が低く、知識や訓練が足りないと思っていた・・・」
 
調査にあたられた先生のお話。
 
・・・
 
「自分が住むまち」のインフラでもあるお医者様。
超高齢化社会をむかえる今、これでいいのかしら・・・??


aihara3333 at 10:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然なるままに 

2005年05月22日

親子ドリル@050522

今週の親子ドリル・・・ただいま、配信しました。
ご査収ください。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▼今週のカリキュラムをご覧ください・・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「少女監禁事件」にみる「家庭教育」のあり方・・・

 【こんな日、あんな日】(お子さまとのコミュニケーションに)
 「27日(金)は百人一首の日」「6月1日(水)は衣替えの日」

 【季節の言葉】
 「夏燕」なつつばめ、「桐の花」きりのはな、「蚕豆」そらまめ、
 「芍薬」しゃくやく

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 【日曜日】今週の名言   〔メアリー・ピックフォード〕
 【月曜日】今週のコラム  〔わが子の出会い系サイト〕
 【火曜日】ほんとうの学力 〔「できる」と「わかる」〕
 【水曜日】親の音読    〔ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ〕
 【木曜日】家庭教育講座  〔相談したくなる親〕
 【金曜日】情報・環境教育 〔エコグッズのいろいろ〕
 【土曜日】子どもの健康  〔子どもの虫歯と予防〕

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


aihara3333 at 10:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 親子ドリルの連絡 

2005年05月21日

就職するなら大企業!?

河北新報が伝えてくれました。
 
仙台の2大学が、親御さんを対象にした「就職講演会」を開催するそうです。「最大の理解者である親御さんの支援」がその狙い。
 
 「子どもの就職活動にどう、かかわればいいのか?」
 
そんな相談がいま急増しているそうです。親御さん向けの講演会、その背景には「就職をめぐる学生と親世代の(意識)ギャップ」があるようです。
 
・・・
 
 <子ども達>
 「(企業の規模や収入にこだわらず)自らの適性に合った就職」
 
 <親御さん>
 「就職するなら大企業」
 
・・・
 
私の経験だが、「大企業」と「中小零細企業」。【人を育てる】という観点に限れば、明らかに前者の方が勝っているように思う。雲泥の差があるといった方がいいかもしれない。
もちろん「アンチ大企業」。わからないでもない。
「全社一丸」といった感覚は「中小零細企業」の方が強い。
 
 「子どもの選択に(親が)助言できる家庭環境があるのか、ないのか」
 
その有無こそが問題であり、選択自体に「ああだ、こうだ」と言うのは、ちょっと違うような気もする。子どもが小さい時から「親と子の(適切な)コミュニケーション」。
そうした環境を家庭内で創ってきたかどうかが、問われているような気がしてならない。


aihara3333 at 11:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 住まい&ご家庭 

2005年05月20日

教員の人事権

時事通信が伝えてくれました。
 
昨日、義務教育改革を集中討議する中央教育審議会特別部会がこれまでの会合で出た意見を集約、審議経過報告(素案)をまとめたという。23日、中教審総会に報告され、(必要な制度改正について)文部科学省がその検討にあたるそうだ。
 
・・・
 
「総合学習」についてはその重要性を認めつつも、授業時間数の再検討と学校に対する支援が必要との指摘が行われるとともに、現場裁量を広げるため、【教員の人事権】を都道府県から市町村に移譲する案も出ているという。
 
・・・
 
「自分が住むまちが評価する教員」
 
私立学校の場合、教員の評価が「生徒数」に直結する。経営に直結するわけだ。もちろん、それを評価するのは子ども達であり、その親御さんだ。公立学校もじょじょにではあるが、そうした流れになってきたことを予感させる・・・よい方向に進んでいる!!
 
皆さまはどう、思われますか?


aihara3333 at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然なるままに 

2005年05月18日

クレヨンしんちゃん

時事通信が伝えてくれました。
 
日本PTA全国協議会が行った「(04年度)テレビ番組に関する小中学生と親の意識調査」。結果、明らかになった「親が子ども達に見せたくない番組」の上位3位がこれ。
 
 「ロンドンハーツ」
 「水10!」
 「クレヨンしんちゃん」
 
03年度と同じ結果だそうだ。また、その見せたくない理由がこれ。
 
 「内容がばかばかしい」
 「言葉が乱暴」
 「常識やモラルを逸脱」
 
・・・
 
毎年思うことだが第3位の「クレヨンしんちゃん」。私は大好きな番組だ。
特に「しんちゃん映画」はお勧めしたい。親子共々、教わることも多い。
 
表面的なオゲレツさは親がカバー。
作品の根っこにあるコンセプトを親が伝える努力をされたい!
 
私はそう思う。


aihara3333 at 11:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然なるままに 

2005年05月17日

AIBO 6th Anniversary

「MYCOM PC WEB」が伝えてくれました。
 
皆さんご存知のソニーの「AIBO」。この5月、6歳になったそうだ。
 
ソニースタイル・ジャパンがこれを記念して「AIBO 6th Anniversary」を大阪・梅田の「ソニースタイルストア」で開催、関西弁をしゃべるAIBOを紹介してくれたらしい。自律モード時に発する関西弁(総単語)の数は、200語以上。
 
活動停止状態になる前には「お腹空きすぎや。もうあかんわ〜」、嬉しい時には「嬉しいわ〜」、悲しい時には「がっかりや」、持ち上げた時には「落とさんといてや〜」と話すらしい。その他、「てれるな〜」「はじめまして、もうかりまっか?」「まいど〜」「よっしゃ、気合入れるわ」などなど。
 
子ども達が「お手!」「おすわり!」と話しかけると「なんや〜?」と応えてくれるという。
 
・・・
 
これはいい・・・なんともいえない良さを感じる・・・皆様は?


aihara3333 at 14:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然なるままに