小学一年生の息子は、6月の運動会以降ほとんど学校に行っていません。なぜ、そういう流れになったのか、息子とどういう話をしてるのか、周囲とのいざこざなどについて。息子は小学校ではなく自分にとって居心地の良いフリースクールを今はメインの居場所として選択しています。

不登校というより、学校に行かないという選択をしてる


よく「不登校」って社会問題として取り上げられるけれど、それってもはや死語でしょ。それぞれいろんな想いがある。学校に行きたい、でも行けない。学校に行きたくないけど、行く。学校に行く以外の選択肢がない。嫌いな先生、嫌いな友達がいる。などなど。「不登校」の3文字の中には、「学校に行くことがあたりまえで、学校に行かないなどありえません」っていう意味が込められているよね、(私は非登校のほうがいろんな想いを包んでくれてしっくりくると思うのだけどどうかな)学校だけじゃなくていろいろ選択肢はあるだろー

積極的に、学校に行かないことを選択している。そしてそういう人たちがどんどん増えていることを感じています。

一年生の年齢になったら、小学校に行くことが全て、ではないだろー


私が小学生だったころの感覚としては、小学校に行かないなんていう選択肢なんか想像もできなかった、よっぽどひどい風邪をひいた時にしか休むことは許されないって思ってた。ちょっと行きたくないなぁ~って思うことって誰でもあると思うけどほとんどの親はそんなちょっと休みたいっていう”甘え”なんか尊重しないのが一般的だった(現代もまだまだそうかもしれない、でもフリースクールなど他の選択肢が増えてきて、小学校が全てっていう価値観は少しずつ崩れている、よね?)

 

休みたいっていって休ませてそれが癖になって社会人になってもそんな人間になったらどうするの!っていう声が聞こえてくるようですが、いやいや。。。小学校からレールの上を淡々と流れて進むことが癖になっていざ社会に出たときにどう動いたらいいか自分で決めれなくなるほうがよっぽどおそろしいでしょう、、、と私はおもう。そして自分で決めて動いているならちょっとしたことで休んだりしない。

もう、いい学校出て大企業に入ってみたいな道はもう無いようなもの。学びたいことがあるなら深めればいい、有名難関校に通ってみたいならそうすればいい、大企業に入ってみたいならその為に努力すればいい、でもこどものほうがよっぽど感覚でわかっている、ただとりあえずいい学校に入ってそれが一体なにになるの・・・?ということを。意志は、どこへ ?

 

そして、何がなんでも学校に行け!というひとの心には”休みたい”って言う言葉の裏に何が隠れているのかを、想像してみるっていう余裕が無いのだろうな、とも思う。いろいろ大変だよね、でもこれからを生きる子どもの心の声を無視せず聞いてあげることは何より大切にすべきポイントなのではないかなあ。ただ眠たくて休みたいって時もあるかもしれないし、疲れてるかもしれない、体調が悪いかもしれない、人間関係がつらいのかもしれないし、学校のシステムに疑問を感じてるのかもしれない。

きっと「学校休みたい」って言葉にするってけっこう勇気がいること。それを親がどう受け止めるか?ばっさりあっさりそんなの駄目に決まってるじゃん、って言うのか、どうして休みたいと思ったの?と正面から向き合うのか。親子の信頼関係ってそういうところで積み重ねるものだよね。言っても聞いてもらえるわけないし・・・ってなってしまうのはこどもの心にとってすごく大きな不安になるのではないかなあ。私は母として、安心やさんでありたい。(なんでも許すわけではないよ、一応ことわっておこ

 

自分で決めて行動するということの大切さ、それを親が矯正しようとすることの愚かさ


こどもが、やってみたい!って思ったことを、やってみれる環境って、あたりを見回してもほんとうに、無い。そもそも、「危ないからやめなさい」「そんなことしてどうするの?」って親に止められちゃうし、都市は狭いしダイナミックな遊びなんかできないし、そりゃゲームにはまるよね、そして「ゲームばっかりして!!」って怒られるんだよ。あ~~。

私たちが参加している幼稚園は、やってみたいことをとことん尊重してくれる、ルールはほとんど無く時間割もなくそれぞれやりたいことをやる、という場所。家族参加の幼稚園なので親やおじいちゃんおばあちゃん、兄弟などなどいろんな人が集う長屋的な場所。こどもたちって、すごい。なんでも遊びにしてしまうし、絶妙な塩梅でいろんなコミュニケーションを取り合っている。そんな姿を見て親が学ぶわけだ。気づかされるわけだ。果てしなく奥深い幼稚園なのです。

私は小さいころ”先生の言うとおり期待通りに動くこと”が割と得意なほうでしたがここに来るとその特技は全く通用しない。。。だって自分で行動を起こすっていうことを今までしてこなかったから、何していいかわからない。とくに最初のうちは、午後にちょっとだけあるみんなで集まって歌う時間とか、絵を描く時間とか、決められてる時間だけはすごくホッしたの。決まりがないって、私にとってけっこうツライことなんだな・・・ってことに気づいたところからはじまったかんじです。自由に生きたいとか言っといて、ほんとに自由を手にしたらきっと何か狭いところに属したくなるにちがいない。

”自分で自分の行動を選択して動く力”これは国語よりも英語よりも算数よりも、人として生きる土台の部分でまじで身に着けたい力だと、気づいた。私よりはるかに高いこどものその力を、押さえつけるようなことはしないこと。尊重して寄り添うこと。それが今いちばん意識してること。それはただ我が道を行く、頑固を貫くってことじゃなくて、家族や友人や周りとの絶妙なコミュニケーションの中で自分がどう動くかを選んで行動するってこと。いろんな配慮や思いやりやそういうのを総動員してできること。これはねぇ・・・私とても弱いですよ。でも弱いってことに気づけてよかった。

ほんとにそういう絶妙な繊細なことは、世間にもまれて固まったオトナはもう不感症になっていて、こどもから学ぶほかない。こどもってすごい。やわらかいって、すごい。オトナはこどもの邪魔をしてはいけない。自分の感覚でこどもを押さえつけてはいけない。ほんとうに、そう思うわ

 

小学校以外に居心地のよい場所があること


息子は小学校以外にフリースクールという居心地のよい居場所を持っているから、小学校に行かないという選択もわりとすんなりできたし、私も受け入れることができた。フリースクールがなくて毎日家にいるとなると、こころ狭くなっちゃうよなって思うし、私も毎日おもしろい場所に連れ出してあげる力は、無いし。(経済的にも、時間的にも。)

もっと増えたらいいのに・・・もっと学校以外の居場所が、今のフリースクールよりもっと認められた形で存在すれば不登校に必要以上に悲観的になることもないし、こどもも学校だけじゃないんだって思えて気持ちが軽くなるのではないかな

 

 

リンク集
「見てる、知ってる、考えてる」中島 芭旺くん
僕は9月から小学校へは通学せず、自宅学習という方法で生活しています。 創造性を生かす教育システムを創りたい。 キーワードは 「オープンエンド」 「通信教育」 「好きな人から学ぶ」

 

 

脳科学の茂木健一郎さんのブログ
そして、あの、学校の社会性に適応できなくても、それは、敢えて言えば大したことではないと、ぼくは考えるのです。
もちろん、学校の大切な役割はあります。行けたら、行ったらいい。しかし、大切な役割はあっても、唯一の役割ではない。
学ぶ場所、社会性を身につけるやり方は、ひとそれぞれで、その自由を認めることで、ずいぶん多くの人がラクになると思うのですが。

 

 

京都で出会ったすてきなファミリーはるやさんのブログ

子育ては、


親だけでなんとかしようなんて思わなくていい。


子どもの成長につれて、


絶妙なタイミングで、


その子の人生に登場してくるいろいろな大人たちが、


飛び方を見せてくれるから。


もっともっと高みへ、誘ってくれるから。


引き上げてくれるから。




ツバメの巣立ちのように・・・・。



 

今後は今のフリースクールだけでなく、いろんな場所に出かけて行って繋がりをつくってみようと思います。

 

またね~







でもやっぱり、やっぱりね、私は”報酬を発生させる”ってところに向かって突き進むことにワクワクしないんだな。割り切ってやるっていうのが許せない。いや、ひょっとするといいかんじで報酬が発生しはじめたらめっちゃワクワクするんだろうか(笑

あと、例えば友人と話しててブログの話になったとき、どんなの作ってるの見せてーってなった時に、おすすめダイエットサプリはこちら!!みたいなステマくさいの見せるのやだな、とか思っちゃうんですよね。そう、自意識過剰なんだわ。周りがどう見てるか気にしすぎなのよ。広告代理店だよん。とか言っておけばいいのか。むむ

そして、広告屋(アフィリエイター)よりブロガーのほうがしがらみが少なくてフリーなかんじするよね。うん。そこがいちばんのポイントかも。

そういうかんじで、私は好きなことを発信してくブロガータイプで進むことに決めたんだ。ちいさいこどもと生活してるママや自然派な人たちと共感しあって生活を高めていくのだ。そのちいさなプラットフォームとしてのブログを育てる!!

 

好きな分野、例えばダンスとか、陶芸とか、イラストとか、野球とか。自然派な暮らしとか。ブログ運営術とか。それをブログで発信していこうとする時に、人並みよりちょっと深入りしてないと読んでても面白くないっていうか。うわーマニアックだなってくらい深入りして発信してる人の文章のほうが、読みたいと思いますよね

で、ただただオタクなだけで終わらないで、それを発信する為に仕事として深入りしているって言い訳?ができるわけで。なんていうか好きなことを普通以上にマニアックに追及することが仕事になるんだよ、っていう。正統派マニアック。ここがいちばんの素晴らしポイントだと思うブログの。考えてることとか知識とか集めた情報を発信することで経済がまわってく。

ひと昔前、インターネットが普及する前はテレビとか雑誌とかが作った流行が正解でその他の選択肢はありません、っていう雰囲気があったけど、今はインターネットがあるから個人とか小さい組織がそれぞれに細かい分野で発信したりやりとりできる。だからこんな分野にワクワクを感じる人集まれーって言ったら集まれるっていう。いやーいろいろあるけど、今の時代にうまれてよかったよ。ありがとうございます。

 

ホリエモンも発信せよと言ってる


好きなことか割り切って稼ぐのかっていうのとはちょっと外れるかもだけど、この伝説のスピーチは何回聞いても深く頷いてしまうね

https://youtu.be/8gbioo2okYM
世界中のすばらしい人達の情報に触れることができるということを頭のなかに入れておいて下さい。

そして、それだけじゃだめです

これからは、そうやって仕入れた情報を、自分の頭で考えてそして自分で発信して、頭の中を整理して自分で考える癖をつけていかないといけないです。

どうやるか。簡単です。インターネットでブログやSNSで発信し続ければいい。

そうすることにより、世界中の様々な情報を頭の中に入れて、そして自分なりの判断ができるようになると思います

 

 

ブログで経済をまわす、ブログを資産として育てるには?


今回ブログを改めて作り直す時に、ブログを資産としてコツコツ積み重ねていこう、という想いがあってけっこう慎重にコンセプトとか考えていて。すごく助けてくれたのがかん吉さんの「ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー要請講座」でした。

めちゃめちゃ良い本だよ!!って紹介している人がたくさんいて、ほんとうに、私もそう感じた。もやもやしてる部分をすっきり整理して言語化してくれていて、これに沿って組み立てたらかなりしっかりしたブログが作れる、すごく良質なガイドブック。

 

みんなが個人のちいさな活動としてブログを持って発信していったら、すごく豊かなやりとりができるだろうな~ってよく電車の中とかで妄想しています。あのお姉さんのメイク術発信してたら見るなぁーとか、あのおじさんの仕事術とかあったらおもしろそうだな、とかね。

人生が豊かになるブログ運営の魅力☆私は割り切って稼ぐことはできないけど、じわじわと資産ブログを運営していきますよ~~

またね~☆彡

なにかのきっかけでブログ始めよっかな!と思ってもなかなか継続できないっていう問題、ありますよね。

私も高校のときにはじめてHTMLサイトを作ってから(残っていないのが残念!!「ねり部」っていう、練り消しごむを使ったコマ撮りアニメーションを作る会のサイトを作ったんだ)15年くらい、常にサイトづくりやブログについてかんがえたり、立ち上げたり、いじったりしてきたけれど、ああ、続かずにいつも途中で放り投げて新しいものを求めてきたのだ・・・15年もひとつのブログを育てて蓄積していたら今頃は・・・・!!!!!

私自身がブログを継続させるために工夫したことについてまとめました。

どうすれば、継続できるのか。それは、ブログを始める時にまずブログの基礎部分をしっかりさせてブレない芯をつくること。

 

ブログの基礎ってなんだろう


新しいブログサービスが出現するとすぐ乗り換えてみたり、新しいワードプレステーマが発表されたら変えてみたり、、、そんな時代は終わりました。これからはじっくり腰を据えてこつこつ蓄積していく決意をして、ブログの基礎について考えました。

・切り口


そもそもブログをはじめるにあたって、どんな切り口で書いていくか?っていうようなコンセプト設定をがっちりしないと、ブレブレになっちゃって納得いかなくなるんです。

・特定のモノ、ジャンルに絞るのか


Apple製品だったり、好きな芸能人、カメラ、地域、本、などなど

・考え方とか生き方を語るのか


ミニマリスト、断捨離、育児、田舎暮らし、などなど

・キュレーションするか


最新のニュースを紹介したり、芸能ニュースをまとめたり、などなど

 

何を書いていくか?って考える時には、自分の棚卸しをすることが必要なんですよね。今までどんなことをしてきたか、何に情熱を持っているのか、したくない事はどんなことか、とか。

ただただ日記を書くんじゃなくて、棚卸しをして見えてきた自分の特性やキーワードと、日々の出来事を掛け合わせて書くことでオリジナルな記事になって面白味が出る。例えば、「ファミマで新発売のジバニャンまん」の話をする時に、コンビニ経営者の目線で語るのと、コンビニ商品大好き中学生の目線で語るのと、自然派でコンビニのものは与えたくないわっていうママの目線で語るのと、それぞれ全然違ってきますよね。たとえば「iphone」にしても、ブロガー目線なのか、孫とやりとりしたいおばあちゃん目線なのか、Appleマニア目線なのか、とか。そういう、自分はどんな目線で見てるんだろうか、ってところをしっかりさせるといい。そしてそれはどんな人と繋がりたいか?っていうことともリンクしている。

私は自然派ママ目線と、個人ブログ運営者目線、一般的価値観に疑問、のみっつがメイン目線かな。

・軽めの記事量産 or 濃厚な記事をしっかり書く


これは性格的にどうなのか、ってことですよね。いろんなことを、自分目線で短くたくさん書いていくのがやりやすいのか、しっかり調べて引用とか多用しつつ濃厚なボリューミーな記事を書いていくのが心地よいのか。

自分に合う運営方法を見つけていうのが大事。

私は軽く多めにいきます。濃厚にやってたら心が重たくなってくる人種なので。回転早めで。

・雑記か専門か


ジャンルを絞らずに(といってもある程度偏りは出るけど)いろんなことを書くのか、この範囲内で書くと限定するのか。

限定しようとして書くことがなくてフェードアウトしてしまった経験もあるし、軸がしっかりしていれば雑記でも芯が通るんだなと気づいたので、雑記でいきます。

・ブログセッティング


ブログセッティングは、どのブログサービスを使う?(アメブロとかlivedoorとかワードプレスとかね)ということと、どんな環境で更新していく?(パソコンなのかスマホなのかタブレットなのかとか)ということ、書いたらどのSNSでシェアするとかその方法とか、最初にしっかりセッティングすることで記事執筆に集中できるようにすることがすんごくすんごく重要だ。設定ばかりいじってて時間を割いていても記事が無ければ何もないと同じ。

ワードプレスで運営していくならどのテーマ(デザイン)を使うのか?というのも大きなポイント。

広告を貼る?アフィリエイトを入れる?ということも、その割合をどれくらいにするか?ということも。

・無料ブログ or 独自ドメイン有料ブログ(ワードプレスならどのテーマにするか)

・更新はパソコンかモブログ(モバイル)か

・SNSとどう連携するか

・収益化するか、それはどれくらいの割合で

私の最近の推移は、アメブロ&ワードプレス(ツールを使って連携してた)→ワードプレスだけ(テーマはStinger)→ワードプレス(テーマはXeory)→はてなPro →ワードプレス ってごにょごにょしてました。

今回選んだテーマは、アルバトロスというテーマで、信頼してるブロガーさんと親しいかたが制作したテーマとのことで、それならば!ってなんか、そう簡単に変えられないわよっていう状況に自分を小さく追い込みました。有料だし。

アルバトロスの嬉しい特徴は、GoogleAdsenseなどの広告を最適な場所に貼ることがすごくシンプルに出来ることと、SNSシェアボタンがしっかりしてること、スマホにもしっかり対応していて見やすいことの3つ。

私はこれから自分の活動として、仕事としてブログをもりもりやっていきたいと考えているので、ただ見た目にかっこいいとかそういうことにプラスして、広告との相性やセッティングのシンプルさも考えて選択しました。しばらくはGoogleAdsenseの広告メインでいくつもりで、ゆくゆくは記事広告や広告スペースの販売など出来るようなブログにしていこうと思っています。

まとめ


・ブログを継続させるためには、基礎部分をしっかり決めることが大切。→切り口、方向性、セッティング。

今までは、そういう基礎部分って臨機応変にいこう~みたいなゆるすぎる意識でいたので、すぐ続かなくなっちゃったんだけど。基礎部分をしっかりすることで、ブログネタも溢れるように出てきます。このことも書こう、あれも書こう、とか。何書いていいかわからないっていう状態はきっと、基礎部分がゆるいから起こる現象です

迷ってるヒマなどなくて、とにかくたくさん書くことで少しずつ見えてくることも、あるかもしれません。最低限の基礎工事を終えたら、どんどん書いて、ブログをこつこつ成長させていきましょう!

 

またね~

↑このページのトップヘ