ニュートラル かしこく軽やかに生きる

北海道在住、2人の男の子(6歳と3歳)の母である いいづかあい の個人ブログへようこそ。ご縁に感謝します。

このブログについてと、私のことを少し紹介してます。

 

ニュートラル


ニュートラルは中庸(ちゅうよう)、真ん中、バランスのとれた状態のこと

かたより過ぎず、肩の力を抜いて、いつもいちばん心地よい選択を、意識しています。

恐怖を煽ったり、不安を与えて人を動かすような広告や演出があふれている現代。

さまざまな情報がすごい勢いで流れている、そんな中でもニュートラルな心持ちで、自分と家族にとっていちばん心地よい着地点をいつも探っていきたい。食べ物も、暮らしも、何を優先するか、何を選択するか、丁寧に重ねていきたい。

 

かしこく軽やかに生きる


どっしりずっしり構えるより、臨機応変にいつでも動けるよう軽やかに暮らしも心もあったほうがいい

環境のことも、経済のことも、なにがおこるかわからないけど、いつでも冷静に判断できるような知識を持っていたい。くわしいことを全部理解しようとするのはちょっと無理があるけど、それぞれの分野の信頼できる人を知っておくというのもすごく心強い。近い価値観の仲間と繋がって、かしこく生きていきたいよね~~

 

発信していくこと


どんどん流れてゆく情報の中で、引っかかった情報、響いたもの、心動かされた文章などシェアしていきます

メインはこんなかんじ↓

・ブログのこと(個人の活動として、世界観を表現する場として、仕事として、ブログの可能性や魅力について。)

・ナチュラル志向の暮らし

・自然派、こどもとの日々

・こころに響いた本

 

同じ方向を向いてる仲間とのつながりが一番の魅力と感じます。

 

ニュートラルを運営している いいづかあい について(長くなっちゃった


札幌うまれ、苫小牧&札幌育ち、→東京吉祥寺 →京都左京区 →札幌 いまここ →もうちょい田舎に移住計画中

3歳からジャズダンスを習っていて、ちょっと普通じゃない大人に囲まれて育ちました。

ダンススタジオに通いつつ、高校はデザイン科でものづくりを学びました

ダンスとものづくり という二つのキーワードを抱えながら、それをどうやって仕事につなげたらいいのかぜんぜんわからなくて高専の5年を卒業後はダンスを深めるために東京に行きました。

友人が住んでいた吉祥寺をうろうろしながら、井の頭公園の近くの個性的なカフェでバイトをしているうちにダンスがだんだんフェードアウトしていきました笑

癖の強いスタッフたちや面白い常連さんたち(大学教授やら会社経営者やらすてきなおじ様やお姉さまが多かった)と濃厚な日々を送りながら、個性的カフェの系列店である個性的焼き鳥屋で、のちに夫になる男と出会い、なんか東京つかれるよね、京都っていいよねみたいなかんじで盛り上がり、京都に引っ越しました(・・・軽いねでもほんとにそんなかんじ

多くの常連さんにやめときな、特に北海道人は京都は合わないよ、と止められましたが、ほんとうに常連さんたちの言う通りで京都はめっちゃアウェーで冷ややかでした笑 北海道人はシンプルなので京都人の奥行き感にやられてしまうというのもすごくよく実感しました。 でも少しづつ繋がりができて、特に大原や静原は毎週通うほど大好きな場所になりました。あと一条寺の恵文社(本と雑貨のお店)は最高。週3回くらい行ってました。そして個人のちいさなかわいいパン屋さん達がびっくりするぐらいおいしい。あと和菓子も・・・くわしくは別記事に書こう

[caption id="attachment_48" align="alignnone" width="654"]大原で畑したり 大原で畑したり[/caption]

[caption id="attachment_47" align="alignnone" width="654"]恵文社。週3回くらい入り浸っていた 恵文社。週3回くらい入り浸っていた[/caption]

夫になる人は手ぬぐいの染め工場で職人をしてました。ある日同僚の職人さんに、「なんで結婚せーへんの」って聞かれて、結婚することにしました (・・・ほんとうにそういうきっかけ

夫は職人、私は伊右衛門サロンっていうカフェでバイトしながら生きてました、そして長男を授かり、妊娠8か月くらいのときマクロビに出会い、産婦人科の入院食をいらないといって毎日夫が家から玄米おにぎりを届けてくれました(・・・いや~~うけるね

マクロビ、完全母乳、布おむつ、おむつなし育児、シュタイナー、みたいなとこらへんを模索しながら、暑すぎる夏も寒すぎる冬も過ぎてゆきました

[caption id="attachment_49" align="alignnone" width="654"]子育てというか私が育てられている 子育てというか私が育てられている[/caption]

そして、うまく説明できないけれど何かに呼ばれたのかなってかんじで札幌に戻りました。それが、3,11の震災の3日前・・・。どっちみち、札幌に戻ることになってたんだと思うけれど、なんとも言語化しにくいかんじです。まあ、子育ては札幌でしたい、みたいな動機です。長男がちょうど1歳のとき。

こどもとの日々を模索するなかで、家族参加型のユニークな幼稚園に出会いました。心から尊敬する園長とスタッフ、そして共に通うママたちパパたちとの繋がりの中、生活のベースができていってます(現在進行形

長男が3歳のとき次男を授かり、自宅で出産しました。この話も別記事で書こう。

そんなかんじで今は6歳と3歳になった息子たちと、野菜関係の仕事でちょっとへとへと気味の・・・夫と、日々生活しています。

今後は、都市を離れて田舎で広々生活することを目標に、少しずつ準備してます。

 

なぜブログを書いてるのか

さいきん思うのは、私がブログ発信に強い魅力を感じるのは「話す のかわりに書きたいから」これがいちばん強力にあるんだなあ、きっと。ということ。

女性って、おしゃべりで発散するような特徴あるでしょ、けっこうな割合で。でも私、ほんと、話すってこと苦手っていうかそんなに必要と感じないというか、下手なのか。無口の極みみたいな父親であんまり会話のない家庭に育ったというのもおおいに影響しているとおもうけど、、

話すの下手なんだけど、でも自分の価値観はこんなですよっていうのは旗をあげておきたいってことをすごく感じる。

ものすごい情報量の中から、何にひっかかるのかって人それぞれでそこがすごく面白いと感じます。

そしてやっぱりインターネットのおかげで、すごいニッチなことでもすぐ仲間と繋がれちゃうっていうのがすごい有難いと思うんです。例えば”おむつなし育児”とか、近所に声かけまくっても誰も知らないと思うんだけど、実はけっこう熱い集まりとかあるんですよね。専用おむつバンド作りましたー!おおーー!みたいな。おまるカバーはこうしてます!おおーー!!!みたいな。それとか”重曹とクエン酸で全部掃除する”とかの分野も、ひとりで本読んでやっててもただストイックなだけであんまり楽しくないけど、エッセンシャルオイル入れるといいよ!みたいなやりとりしながらやると、おおー!って楽しくなるのよね

それぞれ小さくつながって、ワクワクしながら生きていくのってすばらしいよね~~

つまり話すじゃなくて書くことで、価値観を共有できる仲間と繋がれるってことが嬉しくてやってる、ってことなんだとおもいます。

 

そんなかんじで・・・試行錯誤しながらですが発信していきます。

 

ぜひぜひ・・・同じ種族のかたは繋がってくださいね。^^

メッセージなどくださるととても喜びます

ツイッター

Instagram

FB(放置気味