2006年9月6日、秋篠宮文仁親王と紀子さまの間に悠仁親王が誕生しました。その悠仁親王が誕生した病院は『愛育病院』という病院でした。

調べてみたところ、神奈川県の大和市にも愛育病院はあるそうです。

「紀子様はわざわざ大和で出産したのか?」と調べたところ、悠仁親王が誕生した愛育病院は東京都港区。

「同じ名前だから系列なのかな?」と調べてみましたので、簡単に紹介したいと思います。

私の友人が出産した神奈川県大和市南林間の愛育病院は同じ名前なので系列病院かと思いきや、東京都港区は「社会福祉法人恩賜財団母子愛育会 総合母子保健センター 愛育病院」、大和は「医療法人愛育会 愛育病院」と、全く違いました。

他にも札幌市の「財団法人小児愛育協会附属 愛育病院」や鹿児島県の「医療法人愛育会 愛育病院」(大和と同じ名前ですが別)など全国に愛育病院があり、それぞれ別のようです(わかりづらい…)。

『愛育病院』という名前自体がブランド化してる感じもありますが、もし地元にあったとしても紀子さまが出産した愛育病院とは別物であるか確認した上で選ばれることをおすすめします。

さて、私の友人と紀子さまが出産された愛育病院は関係なかったのですが、「ここ(大和)にしてよかった!」と友人が大絶賛。

友人は出産経験は他にないので他と比べているわけではないのですが(笑)、相当産みやすい環境だったようです。

もし大和の愛育病院が近いのであれば、一度お話を聞いてみてはいかがでしょうか。また、本家(?)の愛育病院も実績のある安心できる病院かと思います。

私ももし出産するなら大和で産もうかな、と思っています(まだ作る予定はありませんが・・・)。