愛育心理研究会

愛育心理研究会のブログです。 http://www.aiikushinri.com/

霜田静志

霜田静志 主な著作・翻訳

著作:
『叱らぬ教育の実践』『叱らぬ生活と教育』
『児童の精神分析』以上、黎明書房。
『ニイルの思想と教育』金子書房。
『自己分析を語る』(共著=國分康孝・米山正信・他)誠信書房。

翻訳:     
A.S.ニイル『ニイル著作集1~10』(一部共訳=堀真一郎)黎明書房。
同『人間育成の基礎』
同『自由のともしび』
『ニイルのおばかさん』(共訳=堀真一郎)、
K.ホルナイ『白己分析』(共訳=國分康孝)以上、誠信書房。
        
その他、教育・心理・美術関係図書多数。
※一部絶版のものもあります

霜田静志略歴

Shimoda
1890(明治23)年7月9日埼玉県に生まれ、東京美術師範学校を卒業し、教職、療養生活、再就職の後、1921(大正10)年、沢柳政太郎によって創立され、大正時代の新教育をリードした私立校の成城中学校へ就職し、美術教育の先駆的実践に取り組む。
その在職中にイギリスの教育家ニイルを知り、自由教育と精神分析の研究に専念する。戦後は長く多摩美術大学教授を務め、また井荻児童研究所においては、臨床と結びついた理論研究と啓豪活動に生涯を捧げた。その業績は美術教育、白由教育、臨床心理学、の三分野に分けられるが、とりわけ心理学研究は児童分析、カウンセリング、性格分析、通信分析、集団分析など多岐にわたり、また先駆的でユニークなものが多い。その長年の精力的研究人生に一貫していたテーマは「子どもの自由と解放」(『芸術と生活と教育と』1968)である。自由という言葉がタブーであった戦争中も、彼は「叱らぬ教育」という言葉で、自らの思想と技法を語り続けた。

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ