藍色工房(あいいろこうぼう) オフィシャルブログ

自社農園で藍を育て、藍の石鹸や藍染め雑貨を製造販売している四国の小さな工房からスタッフみんなでお届けします。
スキンケア、アロマテラピー、藍染め、薬草、四国の素敵&面白情報をぼちぼち更新いたします♪

<<店長 坂東未来(ばんどーみき)ラジオ出演>>
毎月第一土曜日 西日本放送ラジオ 1449kHz
『波乗りラジオ まんぷくタイプ』

~あいいろ日記コーナー~
藍農園・石けん工房の様子をおススメのクラシック音楽とともに
お届けしています♪

藍染め石鹸と和三盆石けんの切れ端から作っている、

「惑星石けん」でございます。

食器やふきんなど、台所用石けんとして販売しております。

惑星石けん2

こそっと製造の様子をご紹介しますね。


藍色と白色の石けんをそれぞれに分けておいたものを合体させます。

惑星石けん4



粘土をこねるように練り合わせていきます。

ねりねりねり・・・

惑星石けん5



だんだんと色が混じってきます。

惑星石けん6



ここで丸い形に成形!

地球の形となりました。

惑星石けん7



ひとつずつ微妙な模様なので、同じものはありませんよ

このようにラッピングしてお届けしていますので、

しばらくはインテリアとしても楽しめますね

惑星石けん1



計画的に製造しているわけではありませんので、

在庫切れの場合は少しお時間をいただくことがございます。

あらかじめご了承くださいませ。


■【台所用】惑星石けん
http://aiironet.com/SHOP/planet-01.html

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

オンラインショップ2017ウィンターギフト特集♪

きらり2017


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今日は、藍農園のある吉野川市山川町の小さな神社の例大祭でした。

秋の例大祭は10月19日。その日が日曜日であろうとなかろうと、

この日に行われることになっています。

なぜなのかは知りません。また今度、誰かに聞いてみます。


<雨の日の例大祭>

tanabo4

朝から秋雨が降っていました。

今年は祓いの雨に恵まれた例大祭ですね☆
tanabo1

いつもなら、山川町川田一帯を眺めることのできる椿の木の下の眺めも

雨に霞んで神秘的な様子でした。

tanabo7

拝殿の開け放った窓からの眺めにしばしうっとり。

神様の息吹を感じることのできる時間でした。

tanabo5

蜘蛛の巣が纏った雨粒に光を宿して、これもまた雨の日ならではの

美しさ。

こんな様子の中で、鄙びた神社の大切な一日が始まりました。



<自分たちの手で伝え続ける小さなお祭り>

この神社には敷地内に社務所も無いし、専属の神主さんもいらっしゃいません。

地元の氏子の皆さんが、定期的に手入れをしながら、細々と守られている

神社です。

ですので、お祭りの準備もすべて氏子の皆さんが行っています。

tanabo2

本殿前に掃除機をかけたり、

tanabo3

本殿の扉を開けたり。

tanabo8

神主さんはいつも同じ方にお願いして、おいでいただいています。

お祭りで使用する榊も、敷地内の榊を氏子さんが切ってきて使うのですが、

今日は雨に濡れているため、神主さんがご用意してくださったものを

使わせていただきました。


派手じゃなくても、思いを寄せて守り続ける人たちが決まって集う日と

されているだけで、心に沁みるお祭りとなります。

今年もまた、この場に身を置かせていただけることをありがたく思いながらの

ひとときでした。


<種穂神社の起源>

ところで、神社年譜を書きだして、拝殿内に張り出してくださっているのを

見ておりましたら、こんな始まり方になっていました。

tanabo6

正確な建立の年代は分からないけれど、少なくとも1721年に存在していた

記録は確認されているようです。

阿波忌部の始祖と伝えられている天日鷲命(あめのひわしのみこと)が

この場所に降り立ち、阿波忌部の活動を指揮した拠点とされている場所に

残されている神社です。

もし、正しい記録が残されていたとしたら、相当遠い昔からこの場所に

神社、もしくは神社の前身となるものが存在していたのではないかと

思います。

敷地の近くには、占いをしていた岩場が残されており、近くに古墳も

あるという話も聞いています

神社に残されていたオリジナルの年譜は、放火により消失しており、

それを確認できる人は誰もいません。

残念です。


いつか、地域周辺の資料からこの神社の起源がもう少し分かるようになったら

面白いのにな…と思っています。



==============================

テレビ「知っとこ!」「笑ってコラえて!」「魔女たちの22時」「グラン・ジュテ」で
紹介された元祖藍染めスキンケア洗顔石鹸と藍染め雑貨の藍色工房はこちらです☆
http://aiironet.com/


藍色工房公式Facebookページ
https://www.facebook.com/aiirokoubou


藍色工房公式Google+ページ「藍色工房+」
https://www.google.com/+Aiironet1b


Instagram
ユーザーネーム:indigo_studio ←アンダーバー必須です☆

Pinterest 藍色工房ページ
http://www.pinterest.com/mikibando/indigo-studio-%E8%97%8D%E8%89%B2%E5%B7%A5%E6%88%BF/


==============================



imbeindigo3
忌部文化フォーラム 「阿波藍でつながる未来」にパネリストとして

参加させていただきました。

場所は徳島県吉野川市の鴨島公民館です。

先月渋谷で行われたイベントの里帰りバージョンです。


imbeindigo4

他のパネリストの皆さんはちゃんと藍一色ですが、私は黒と赤で変人丸出し。

でも待宵さんの新作藍染めコサージュ付けて行きましたよ☆


忌部の歴史の中で藍という素材が果たしてきた役割について、林先生が

基調講演された後で登壇させていただき、それぞれに「藍のこれから」を

お話しさせていただきました。


楽観的なことばかり言ってはいられない状況ですが、行く先を明るく照らす

ヒントになり得ることができればと思い描き続けています。

とにかく……今までもこれからも我が道を行くのが藍色工房。

邁進いたします。


==============================

テレビ「知っとこ!」「笑ってコラえて!」「魔女たちの22時」「グラン・ジュテ」で
紹介された元祖藍染めスキンケア洗顔石鹸と藍染め雑貨の藍色工房はこちらです☆
http://aiironet.com/


藍色工房公式Facebookページ
https://www.facebook.com/aiirokoubou


藍色工房公式Google+ページ「藍色工房+」
https://www.google.com/+Aiironet1b


Instagram
ユーザーネーム:indigo_studio ←アンダーバー必須です☆

Pinterest 藍色工房ページ
http://www.pinterest.com/mikibando/indigo-studio-%E8%97%8D%E8%89%B2%E5%B7%A5%E6%88%BF/


==============================


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今夜は仲秋の名月です、と出張帰りの飛行機の機長さんがアナウンスしてくれました。


空の上からの眺めも良かったですが、地上から薄雲を介して眺めるのもまた風流。

いい季節になりましたね。(坂東)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

藍色工房の13年目の初日を、東京出張という慌ただしさの中で迎えました。


飛行機の機内誌の小さな写真に載っていたこの言葉。

昨年私たちの背中を押してくれた言葉でした。

Serendipity.

きっと今年のスローガンになるのでしょう。

稲妻のような閃きを大切に歩きます。(坂東)



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ