こんにちは。藍色工房店長の坂東未来です。

大きな台風が日本列島を縦断していき、過ぎた後は秋の空といった風情ですね。

暦も10月に入り、いよいよ秋の到来といったところでしょうか…。

そんなこれからの季節にこそ取り組みたい「背中のニキビ対策」について

お話したいと思います。



<なぜこの季節に背中のニキビ対策なのか>

これからの季節は汗をあまりかかなくなりますから、背中のニキビが汗の分泌量の多い

夏よりも肌の清潔を保ちやすくなって、新たなニキビができにくくなり、取り組んだ対策の

結果が速く感じられるのがとてもうれしいところだと思います。


そして、肌の露出が少なくなるこの時季の間にある程度背中のニキビを減らしておくと

夏の薄着の季節には気兼ねなく背中をきれいに見せるおしゃれが楽しめるようになるし、

水着にも自信が持てるようになりますよね♪



「え?夏までかかる対策なの?」

と思われた方もいらっしゃると思います。

それくらい時間をかけるつもりで取り組んでいただくといいと思います。

なぜなら、特別な薬などを使って短期的に改善させるような方法ではないからです。

じっくり取り組んで、その後もその効果を実感し続けられる方法をお伝えするつもりです。

そうしたら、もう一生背中のニキビに悩まされることはないのですから☆



<背中のニキビ対策も基本は洗顔と同じです>

洗顔でいつも口を酸っぱくしてお伝えしている「肌そのものが健康でいようとする力」を

のびのびと発揮できるようにすることが大切だということは、背中のお肌にも同じ

ことが言えますよね。

まずは、トラブルのもととなる余分な負荷を肌に与えないことに心を配るように

することから始めてください。


背中の肌に直接負荷がかかるのは、以下のようなことが挙げられます。

●合成化学繊維の肌着を長時間着用する

●シャンプーやリンスのすすぎ残しが付着したままになっている

●合成化学成分を含む入浴剤を毎日使する

●液体のボディーソープを毎日使用する



また、肌の内側からはこのようなことも原因となることがあります。

●バランスの偏った食事が続いている

●清涼飲料水や味付けの濃いものを比較的多く摂取している

●便秘が続いている



上記のような条件の上に精神的ストレスや運動不足が加わると、背中のニキビは

ほぼ慢性化している可能性が高いのではないでしょうか。

(実際に私は10年近く背中の慢性的なニキビで悩んでいました。)



<ひとつずつ、横に置いていく作業>

こうした原因を暮らしの中から遠ざけていくことで、ほとんどの場合は

特別な薬などを使わなくてもニキビが消えてしまいます。

そうなんです。

もうそれだけなんです。


だから、上に挙げた原因となりうることを一つ一つ暮らしの中から遠ざけていけばいいのです。

具体的にどんなことをするか、書き出してみます。


●綿100%の肌着を着用する
 003


●合成界面活性剤を含まない石けんシャンプーと専用リンスに変えて、すすぎ残しの無いようにする
石けんシャンプーライフセット


●植物由来の成分や、重層、塩などの自然素材を原料とする入浴剤を使用する
入浴剤①


●合成界面活性剤を配合していない浴用石けんを使う
藍色工房 まとめ買いセット4

これらは、私自身が少しずつ時間をかけて取り組んできたことばかりです。

だから、藍色工房にラインナップしているアイテムは、すべて、私自身も頼りにしている

ものばかりです。



肌に負担がかからなくなるだけで、肌そのものがとても元気になれるというのはとても

深い根拠があります。

そのお話はまた次の機会に、ゆっくりお届けしたいと思います。



とにかく「何か塗らなくては」と思い込みがちな肌のトラブルの解決策。

まずはじっくり、使うアイテムを選びなおすところから始めてください。

背中のニキビは、早い人なら3カ月ほどたつころから10数年来のニキビの悩みが

軽くなっていくこともあるようです。